登山道具の選び方

ストーブ(バーナー)とクッカーの選び方とオススメ商品

更新日:

山で食べるごはんはとても美味しい。

出発前にコンビニなどで買ってきたパン屋おにぎり、家で作ってきた弁当などを食べるのも悪くはないが、その場で調理して食べる食事はたまらなく美味しく感じるはずだ。

登山の際にどのような食事を摂るかはその人のスタイルにもよりけりであるため、こうでなくてはならないという答えはないが、とりあえず一般的な道具は買っておいて、あとは使いながら必要なものを買い足していけばいいんじゃないかと思う。

ストーブ(バーナー)とは?

Untitled

ストーブとは登山やアウトドアで使うための火器の総称である。一般的なストーブは、ガス缶と呼ばれる可燃ガスが入った缶に着火装置を取り付けて、ガスを燃焼させて使用する。

燃料はおもにガス、ガソリン、燃焼用アルコール、固形燃料と多種多様で、しっかり調理したい人からお湯だけ沸かせればOKという人までニーズに応じた様々な製品が用意されている。

「食事は手持ちの火を使わないもので十分。足りなければ山小屋で買い足すか、小屋の中で注文して食べます。」という方はそもそも購入する必要がない道具でもある。

でもあった方が楽しいよ。

ストーブ(バーナー)の種類

登山で使用するバーナーの種類は前述した燃料の種類によってそれぞれ使用する道具が異なる。

ガスストーブ

利用者がもっとも多いのがガスストーブ(ガスバーナー)だ。

まだ山用の火器類を持っていないのであれば、最初はこれを買っておけばまず間違いはないだろう。

ガスを燃焼させるための着火装置部分はメーカーから多くの商品が販売されている。また、ガス缶に直接取り付けて使用する一般的なガスストーブから、ストーブと容器がセットになった燃焼効率の高い製品などもある。

雲取山

ガソリンストーブ

ガソリンストーブは低温化でも安定した火力を維持できるという利点があり、愛用者も多いものの、取り扱いがシビアで引火のしやすさなどで危険であるという見方もあり、初心者にはあまり向いていない。

したがって、初心者が初めて買う火器としてはあまりオススメできない。

アルコールストーブ・固形燃料

ウルトラライトなハイカーが愛用していることが多いのがアルコールストーブや固形燃料を使った火器類である。ガスバーナーほどの火力はないものの、道具も燃料も軽量ですむため重宝している人は多い。

参考:ガスバーナーの軽量化に!エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ

 

固形燃料は各種火器類のバックアップ的な意味合いを持っている。もしもの時の燃焼用燃料と考える人もいれば、これをメインにお湯を沸かしたり調理したりしている人もいる。

ストーブと一緒に買っておきたいもの

ガスストーブなどは、点火するスイッチが付いているが、これが常に正常に機能してくれるとは限らない。もしもの時に備えてマッチやライターは必ず持っていくようにしよう。

できれば着火する先端部分が長めのライターがあると火傷の危険性がなく、使いやすいので便利だ。

クッカー(コッヘル)の選び方

登山で調理するための鍋をクッカー(コッヘル)と言う。

クッカーは様々な形状のものが販売されていて、素材もアルミとチタンなどがあり、何を買えばよいのか分からないという方も多いと思う。

クッカーの形状について

クッカーは山でどのような調理をするかによって形や大きさが変わってくるが、コンパクトで汎用性のあるものが望ましい。

僕がオススメしたいのは、ユニフレームの山クッカー角型。

このクッカーは2つの鍋とフライパンがセットになった商品で、大きいほうの鍋はラーメンを作るのに最適な大きさになっている。袋入りのラーメンは麺が四角くなっていて、縦長のクッカーだと麺を半分に割って入れなければならないが、このクッカーはその必要がない。

Untitled

袋麺のラーメンがちょうど入るサイズになっている。

また、フライパンも付属しているので焼き物も調理することができる。

アルミとチタンの違い

クッカーの素材は主にアルミとチタンに分類される。アルミのクッカーは熱伝導率が高く一般的な調理に向いている。山で米を炊きたいと考えている方は、アルミ製のクッカーを選んだほうがいいだろう。

一方、チタンは軽くて丈夫だが熱伝導率が悪いため、クッカーの中にしっかり熱を伝えたい調理には向いていない。お湯を沸かしたり、簡単な調理をするくらいの調理しかしないのであれば、軽くて丈夫なチタン製クッカーがオススメ。

最後に

登山に持っていく道具類の中には、日常で使っているものを流用して使うことができる。ただ、調理器具はそれがなかなか難しい。

鍋やフライパン、カセットコンロを持っていくわけいにはいかないため、山で調理をしようと思ったら、登山用の道具を検討しよう。

-登山道具の選び方

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.