登山道具の選び方

登山用シュラフ(寝袋)の選び方とオススメ商品

更新日:

image

山でテント泊をするには、山岳用テントの他にも必要な登山道具がある。

今回はテントの中で使うシュラフ(寝袋)の選び方について。

シュラフにはどのような種類があって、どういう製品を選べばいいのかを僕なりに書いてみたいと思う。

シュラフ(寝袋)の選び方とオススメ

シュラフは素材で2種類、形状で2種類あって、それぞれ良い点とイマイチな点がある。

素材で比較

シュラフの中綿には化学繊維を使用したものと、ダウン(羽毛)を使用したものがあって、ダウンを使ったシュラフがオススメ。

化学繊維は濡れに強く、安価で手に入れやすいが、重量と大きさがネックになる。山を快適に歩きたいなら、軽量でコンパクトでなおかつ暖かいダウンを選ぶのが無難だ。登山用品店の品揃えもダウン製のものが圧倒的に多い。

形状 化学繊維 ダウン(羽毛)
良い点
  • 安い
  • 濡れに強い
  • コンパクト
  • 軽い
  • 暖かい
悪い点
  • かさばる
  • 重い
  • 濡れに弱い
  • 高い

形状で比較

シュラフには封筒型とマミー型があって、登山用のシュラフは基本的にマミー型を選択するのが無難である。

普段使っている布団のように扱える封筒型は、どちらかというと持ち運びの必要がないキャンプなどで使われることが多い。

マミー型は体を覆うような窮屈な形状であるため、慣れるまで寝づらいかもしれないが、保温力はマミー型の方が高い。登山のテント泊でのシュラフは、さまざまな環境下で使用することを想定して、しっかり体を暖めてくれるものを選ばなければならない。

形状 封筒型 マミー型
良い点
  • 安い
  • 寝やすい
  • コンパクト
  • 軽い
  • 暖かい
悪い点
  • かさばる
  • 重い
  • 寒い
  • 窮屈

シュラフの最低使用温度と快適使用温度について

シュラフにはメーカーが公表している最低使用温度と快適使用温度というものがある。

これは、寒さを感じずに快適に眠るために必ず確認しておかなければならない重要なチェックポイントである。

夏から秋くらいの北アルプスでテント泊をしたいと考えているのであれば、ある程度の快適使用温度が必要だし、奥多摩あたりで夏山しか登らないというのであれば薄手のシュラフで十分だったりする。

ダウンのフィルパワー(FP)とは

フィルパワー(FP)というのは、数値が高いほどダウンの空気含有量が多くなり、断熱効果が高く保温性に優れているという良質なダウンの量を表す指標のことを言う。

一般的には550FP以上で高品質として認識され、700~900FPあたりが最も優れた品質であると言われている。

したがって、同じ形状・重さのダウンでもフィルパワーが高いほうが暖かく快適に感じることができる。つまり、フィルパワーの高さは暖かさに比例して重量に反比例する。

そして残念なことにフィルパワーが高くなると値段も高くなる。

シュラフカバーは必要?

中綿がダウンのシュラフの場合、もっとも気をつけなければならないのが「濡れ」と言われている。ダウンのシュラフは濡れてしまうと、保温力が著しく低下してしまうため、テント内が結露しやすい場合はシュラフカバーなどを使用して濡れ対策を施す必要がある。

ただ、最近ではシュラフの表面が撥水加工されているものも多く、またテント自体が結露しづらい作りになっているものが多いため、それほど心配する必要はない。

シュラフカバーを濡れ対策ではなくシュラフの上に被せることで保温力を向上させるという使い方もある。

・・・というわけでシュラフカバーはあってもいいがそれほど出番がないものと考えてもらっていいと思う。

僕はシュラフカバーは持っていなくて、超軽量のシュラフを持っていくときに寒さ対策用にエスケイプヴィヴィを持っていくようにしている。「夏場だったらこれ単体でもイケる!」というレビューも見たことがあるが、それはちょっと試したくはないかな・・・。

オススメのシュラフ(寝袋)

シュラフ(寝袋)シュラフの形状と素材はそれぞれ良い点と悪い点があるが、登山用に購入するシュラフは、形状はマミー型で中綿の素材はダウンを選ぶようにしよう。

そしてシュラフの最低使用温度だが、夏から秋くらいまで北アルプスでも使えるものを選んでおいた方が汎用性が高くていいんじゃないかと思う。

僕のオススメはモンベルのスパイラルダウンハガー#2というモデル。

最低使用温度が-10度となっているが、快適睡眠温度域は-4度からということで、秋の北アルプスくらいまでならギリギリ使用できるシュラフになっている。

これひとつあれば、夏から秋くらいまではどこでも快適に眠れるはずだ。

テントを買わなくても山に宿泊することができる

テントとシュラフとスリーピングマットはまとめて購入してもいいが、お金に余裕がない場合はテントは後回しにしてもいいと僕は考えている。なぜなら、シュラフとスリーピングマットがあれば山の避難小屋に宿泊することができるからである。

例えば奥多摩の雲取山の山頂そばには立派な避難小屋があるし、同じ山域の鷹巣山にも同じような避難小屋があり、どちらも無料で宿泊することができる。

Untitled

写真は雲取山の避難小屋。

ただ、避難小屋には立派なログハウスのような造りのものもあれば、窓もない中が真っ暗な掘っ立て小屋のようなものもあるため、地図上に避難小屋があるからといって安易に利用するのは避けた方がいいだろう。

Untitled

こちらは熊野古道の小辺路のルート上にある伯母子岳の避難小屋。僕が利用した唯一の避難小屋がこちら。窓がなく日が落ちていなくても中に入ると真っ暗・・・。

こういう避難小屋も多いので実際に利用する場合はネットでどういう小屋なのかを確認しておこう。

-登山道具の選び方

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.