登山道具の選び方

登山用スリーピングマットの選び方とオススメ商品

更新日:

雲取山

山でテント泊をするには、山岳用テントをはじめとしたさまざまな登山用品を用意しなければならない。

今回はテントの中でシュラフ(寝袋)の下に敷いて使うスリーピングマットの選び方について。

スリーピングマットにはどのような種類があって、どういう製品を選べばいいのかを僕なりに書いてみたいと思う。

スリーピングマットの選び方とオススメ

スリーピングマットを使う理由

登山用のスリーピングマットは、テントの中でシュラフ(寝袋)の下に敷いて使用する。

なぜスリーピングマットを敷くかというと、地面の小石やでこぼこを軽減させたり、地面からの冷えを遮断するためである。

山の夜は夏でも結構冷えるため、テントの中で何も敷かずに眠ろうとすると、地面の冷たさが背中に伝わってきて体が冷え切ってしまう。また、テント場は小石や小さなでこぼこが結構あるため、そのまま眠ろうとすると冷たいだけでなく、そういった石やでこぼこが体に当たって痛い思いをする。

こういった体へのダメージを軽減させ、快適な睡眠を得るためにテント内ではスリーピングマットを使用する。

スリーピングマットの種類

スリーピングマットにはさまざまな種類が販売されているが、ざっくり分類すると3種類になる。

エア注入式

名前の通り、空気を注入して膨らませて使うスリーピングマットがエア注入式。

3つのスリーピングマットの中でもっとも軽量でコンパクトに持ち運ぶことができる。また、空気を大量に入れて使用することもあって、マットの厚みがありクッション性が高く寝心地が良いのが特徴。

ただ、空気を入れて使用することもあり難点は穴が開いて空気が抜けてしまうことだ。テント場では地面に小さな小石が転がっていたりするため、何かのキッカケでマットに穴が開いてパンクしてしまう可能性がつきまとう。

便利で寝心地が良い反面、パンクしたら使い道のないペラペラの敷物に成り下がってしまうので取り扱いには注意が必要。

自動膨張式

内部にクッション性の素材を入れて、バルブを開放すると空気が入って自動的に拡張するタイプのマット。エア注入式とクローズドセルの中間的な位置付けのスリーピングマットと言える。

クローズドセル

100円均一で売っているいわゆる「銀マット」から、登山用に開発された蛇腹式に折りたたむマットなど、断熱材と弾力性のある発泡素材を組み合わせたものが主流になっている。

マット自体はそれほど重くなく、壊れるというトラブルとは無縁ではあるが、パッキングのさいにかさばるのが難点。ザックに外付けする人が多いが、取り付ける際には注意が必要。

狭い登山道や切り立った崖や岩場を歩く際に、ザックと自分の体の幅以上にはみ出るように取り付けてしまうと、思いもよらぬ場所で引っかかって滑落の原因になってしまうケースもあるようなので注意してほしい。

形状 メリット デメリット
エア注入式
  • 軽い
  • コンパクト
  • クッション性が良い
  • パンクのリスク
  • 保温性が低い
  • 準備と片付けが面倒
自動膨張式    
クローズドセル
  • 頑丈
  • 保温性が高い
  • かさばる

スリーピングマットの長さは?

テント泊の際のスリーピングマットは敷き布団のような位置付けになるが、自分の身長をカバーする長さのマットを持ち運ぶ必要はない。

例えば、枕は別途用意するため首から上の長さは不要で、尻から下はザックや持ってきた衣類などを敷けば代わりになる。そうやって何かを代用していくとスリーピングマットの長さはそれほど必要なくなる。

ただ、この短いスリーピングマットで軽量化する方法は寒い時期にはあまり向いていない。

オススメのスリーピングマット

僕は数種類のスリーピングマットを所有しているが、一番使用率が高いのはエア注入式のモンベルのスリーピングマット(上の赤いやつ)である。夏山登山はほぼこのマットしか使っていない。よって僕のオススメは上で紹介したエア注入式の120cmのモンベル(mont-bell) マット U.L.コンフォートシステムエアパッド120ということになる。

雲取山

写真の下部に写っている赤いのがモンベルのエア注入式のスリーピングマット。とてもコンパクトだということがわかると思う。この中には別途購入したモンベルのエア注入式の枕が一緒に入っている。

地面の小石などでパンクしてしまう心配を解消するために、モンベルのエアマットの下に敷く別のマットをいつも用意している。荷物を増やしてまで使う必要があるのかと言われるかもしれないが、下に敷くマットはザックの背面部に収納できる小型のものや、ペラペラのザックに筒状にしたマット(山と道U.L.Pad15s+)を入れたりと邪魔にならない方法で運搬している。

シュラフ(寝袋)の中に入れて使うスリーピングマット

最後にちょっと変わったマットを紹介したいと思う。

通常スリーピングマットはシュラフの下に敷いて使用するが、クライミットのイナーシャオゾンというエアーマットはシュラフの中に入れて使用する。一風変わったスリーピングマットだが、使い心地はなかなか良かった。

気になる方は、以前に使用したレビューを下のリンクから確認してみてほしい。

-登山道具の選び方

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.