登山道具の選び方

膝痛対策にもなる?トレッキングポール(登山用ストック)の選び方とおすすめ

更新日:

僕は登山を始めてからずっと膝痛に泣かされていて、毎回下山時は膝痛が発症しないかとドキドキしながら歩いている。そんな僕よりもずっと体重の重い運動不足の同僚が、足への衝撃など気にもせずにドカドカと下山していくのをみるたびに何ともいえない気持ちになってしまうが、人を羨んでも自分がどうこうなるわけではないため、なんらかの対策を講じなければならない。

そんな僕が山登りの際にはほぼ毎回持っていくのがトレッキングポール。山を快適に登り下りするために、または登山における膝痛対策にトレッキングポールは心強い味方になってくれる。

そんなわけで、この記事ではトレッキングポールがなぜオススメなのかについて書いてみたいと思う。

トレッキングポールとは?

形状

トレッキングポールにはスキーのストックのような感じで両手に持って使うものもあれば、杖のように1本だけで使うものもあり、使い方や形状や材質など多種多様な製品が販売されている。

前者は持ち手の部分がスキーのストックと同じようなグリップになっているI字型で、グリップに取り付けてあるストラップに手を通して使用する。後者は持ち手の部分がT字型になっていて、杖のように使用する。

I字型 T字型 
 I字型  T字型

I字型のトレッキングポールのほうが一般的で、T字型のユーザーは高齢者に多いように見受けられる。

登り下りどちらにも効果的に使えて汎用性が高いのはI字型のトレッキングポールではないかと僕は考えている。どちらのタイプが自分に合っているかは実際に手に持ってしっくりくる方を選ぶか、登山洋品店の店員さんに相談してみるのも良いだろう。

最近はZ字型という、I字型のポールが折りたためるタイプのトレッキングポールも人気を集めている。1本のポールが3分割されて折りたためるようになっているため、使用しない場合にコンパクトに収納することができる。僕は最近このZ字型のトレッキングポールを愛用している。

トレッキングポールの素材

素材はアルミ製とチタン製があり、アルミ製は比較的頑丈で乱暴に扱ってもちょっとやそっとでは壊れない。もっとも主流な素材であり種類も豊富である。

一方のチタン製は非常に軽いのが特長だが耐久性がアルミ製ほどではないのと、値段が高いのがネック。

トレッキングポールの使い方

I字型のトレッキングポールは、グリップの上部に取り付けられているストラップの輪っかを下から手を通してストラップと一緒にグリップを握って使用する。スキーをやったことのある方であれば、ストックを持つ際の要領と同じなのですぐに理解できるだろう。また、トレッキングポールは歩く場所によって適切な長さがあり、適宜調節する必要がある。

ただ、いちいち平地だから登りだから下りだからと、しょっちゅう長さを変える必要はない。行きと帰りで長さを変えるくらいの認識でいいと思う。

平地での使い方

グリップを握った状態でポールを立てた際に肘が直角に曲がるくらいの長さがベスト。

歩くリズムに合わせて交互に地面に突いて使用する。

登りでの使い方

登りでは平地の時よりも長さは少し短めにして使用する。

段差などを乗り越える際に、踏み込んだ足と一緒に両手に持ったポールを突いて「よいしょ」と体を持ち上げることで段差を登ったり急な坂を歩く際に、足だけでなく腕や上半身の力を使って登ることができる。

下りでの使い方

下りでは平地の時よりもポールを長く調節して使用する。

小さな段差から大きな段差まで、ポールを先行させて、その後に足を下ろすようにして使うと足への衝撃を和らげることができる。

トレッキングポールは下山時の膝痛対策になる?

山での膝痛は下山時に発症することが多いと思う。

トレッキングポールを下山時に上手に使うことで足への衝撃を和らげることができ、膝痛を回避する可能性を高めることができる。

僕はトレッキングポールの使用に加えて、足を着地させる際につま先から衝撃を吸収するように着地させることを心がけている。この歩き方は太ももの筋肉の疲労蓄積が半端ないが、効果もそれなりに高いため、太ももの筋肉が耐えられるうちは頑張ってつま先着地で下山するようにしている。

僕がどのくらい膝痛に悩まされているかは以下の記事を読めば理解いただけると思う。

ここ最近は登山歴を重ねてきたこともあり、膝痛が発症する前に下山できているので酷い目にはあっていないが、それでも「あっそろそろ違和感が出てきたぞ・・・」という場面は未だに結構ある。

僕のオススメするトレッキングポール

僕がオススメは折りたためるZ型タイプのトレッキングポール。

ブラックダイヤモンドのディスタンスFLは僕が愛用しているトレッキングポールで、夏山に登る際はこれを常用している。

軽いしコンパクトに折りたたむことができて、ザックのサイドポケットに収納しやすい。また、クルクル回して緩めて長さを調節するトレッキングポールと違って、フリックロック方式という簡単に締めたり緩めたりできる仕組みになっているのもお気に入りポイントのひとつ。

※このポールは雪山用のスノーバスケットの取り付けはできないため無積雪期用となります

定番ブランドのトレッキングポール

最初に購入するトレッキングポールは頑丈でしっかりしたものを選んだ方がオススメ。

あまり高価なものではなく、手頃なものを選んでおいて、ある程度登山に慣れてきたところで、自分のスタイルに合った形状・素材のものを選んだ方がいいだろう。

-登山道具の選び方

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.