登山道具の選び方

ふるさと納税でモンベル製品を安く買う方法

投稿日:

テント

登山用品は高額なものが多い。

さらに日帰り登山から次のステップへと考えている人にとっては、テントを買ったりシュラフを買ったりと新たに揃えなければならない装備が多く、非常にお金がかかってしまう。

新たに登山用品の購入を検討している方に向けて、お得な情報を掲載しておきたいと思う。

ふるさと納税で登山用品をお得にゲット

登山用品

テレビや雑誌などで何度も取り上げられているため、知らない人のほうが少ないと思われるふるさと納税だが、実際に利用したことのある人はどのくらいいるのだろうか?僕の職場ではまだ利用した経験のある人が少なく、市民権を得ているとはまだ言えない状況のような気がしている。

今回このような記事を書いているのは、ふるさと納税を利用して登山道具を安く購入することができる方法を紹介するためである。

一般的なサラリーマンであれば、通常に買うよりも1〜3万円くらい安く登山道具を買うことができる。

 

ふるさと納税とは?

ふるさと納税をざっくり言うと「住民税の先払い」である。

この先払いを自分が気になった市区町村に納付して、そのお礼にその土地の特産物やサービスなどを受け取ることができる。

寄付した額は確定申告で寄附金控除扱いとなり、源泉税が少し還付され、さらに翌年の市県民税(住民税)を先払いしたような形で処理される。

ふるさと納税とは、好きな自治体・応援したい自治体へ行う寄附です。
多くの自治体で、寄附のお礼として魅力的な返礼品や特典が用意されており、全国の返礼品をお取り寄せ感覚で楽しめることが、ふるさと納税の大きな魅力です。
しかも、その寄附金は2,000円を超える部分について一定の限度額まで全額が控除されます。つまり、毎年払っている税金をそのまま寄附として活用することで、実質2,000円でお好きな返礼品がもらえることで注目が集まっています。

ふるなびより引用

このように実質2千円で全国のさまざまな返礼品をゲットすることができるのが、ふるさと納税の最大のメリットであはるのだが、誰でも好きなだけ寄付することができるわけではなく、実質2千円負担に抑えられる寄付金額の上限値というものがあるので注意が必要だ。

 

自分が幾らまでふるさと納税を利用できるかを確かめる

例えば独身で年収500万円の場合は寄付金額の目安は6万円くらいとされている。

扶養親族が増えれば増えるほど、年収に応じた寄付できる金額は少なくなる。

独身または共働き世帯の例

寄附者の給与所得 控除上限額 寄附金額の目安
300万円 25,000円 27,000円
350万円 32,000円 34,000円
400万円 39,000円 41,000円
450万円 50,000円 52,000円
500万円 58,000円 60,000円
550万円 66,000円 68,000円
600万円 74,000円 76,000円
650万円 94,000円 96,000円
700万円 105,000円 107,000円
800万円 127,000円 129,000円
900万円 148,000円 150,000円
1,000万円 170,000円 172,000円
1,500万円 357,000円 359,000円
2,000万円 508,000円 510,000円

※控除上限額はあくまで目安であり、年収・寄付金額・家族構成・その他控除等によって自己負担額や税の控除額が変動するため、あくまでも目安となります

したがって、あまりにガッついて上限ギリギリまで寄付しようとすると失敗する可能性があるため、ある程度余裕を持った寄付金額にしておいたほうが良いだろう。

 

登山が趣味の人は長野県の小谷村に寄付をしよう

長野県小谷村

今回紹介するのは、ふるさと納税の返礼品に「モンベルクラブ・ポイント引換券」をラインナップしている長野県の小谷村

小谷村では他にもいくつかお礼の品が用意されているが、僕がおすすめしたいのは1万円以上の寄付でもらえるモンベルポイントバウチャーだ。

小谷村はアウトドアブランドのモンベルとフレンドビレッジ提携をしていて、1〜50万円までの寄付をすることができ、それぞれ寄付した額の半分のポイントを得ることができる。

寄付金の上限額を守れば実質2千円の負担で上記モンベルポイントを得ることができ、登山用品の買い物に役立てることができる。

寄付金の支払い方法

ふるなびを利用して小谷村に寄付する場合だと、Yahoo!公金支払いを利用したクレジットカード払いと郵便振替と銀行振込の3種類となっている。

それなりの金額での支払いになるため、実際の支払いを後回しにすることができるクレジットカード決済がいいような気がする。ポイントも付くしね。

確定申告が不要になるワンストップ特例制度について

会社の年末調整などで確定申告の必要がなく、ふるさと納税の納付先が5自治体までの方は「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を申し込むことで、ふるさと納税の確定申告をしなくても済むようになる。

ふるさと納税申し込み時にワンストップ特例制度の利用にチェックを入れて申し込み、寄付をした自治体から送られてきた書類を返送することで寄付した先の自治体が寄付者が住んでいる自治体へ寄付の通達をしてくれるという便利な制度なので、必ず利用するようにしよう。

僕はこれを先送りして締切日を過ぎてしまい、平日にわざわざ税務署まで行って確定申告することになってしまった。

2016年に小谷村に寄付をした際の返礼品

ふるさと納税モンベル

これは2016年に僕が小谷村に寄付した際の返礼品を撮影した写真だ。

寄付したあとしばらくするとこのように封書でお礼の品が指定した住所に郵送されてくる。

ふるさと納税モンベル

中にはこのようなポイント数が印字された引換券が同封されており、店頭で使ったりオンラインショップのポイントに加算したりすることができる。

僕は6万円の寄付をしたため3万ポイントの引換券が小谷村から送られてきた。

モンベルクラブに加入していない人は無料での会員登録ができ、すでに会員の方であれば1年間の有効期限の延長が同時に付与される。

僕はすでにモンベルクラブに加入しており、オンラインショップの利用が多いため、モンベルのふるさと納税ポイント引き換え手続きのページから引換券裏面に記載されているIDとPINを入力し手続きを済ませた。

登録後30分ほどでオンライン上にポイントが認識され、モンベルのオンラインストアでの買い物時に利用することができるようになる。

モンベル

そしてこれが今回ゲットしたポイントで購入した商品。

前から欲しかったEXライトウインドパーカと、2017年の春に発売予定のヘリノックスのチェアゼロを注文した。

実質2千円の負担でこれらが手に入ることになる。

 

登山用品の購入予定のある方は利用した方がいい

これから本格的に登山を始めたい、日帰りだけじゃなくてテント泊をしてみたい、などなど登山にハマりだすと必要な道具がどんどん増えてきて出費がばかにならない。

登山を始めて間もない段階では全てを一流ブランドで揃えることは金銭的な面で非常に難しく、予算に合わせてお金の使いどころを工夫する必要がある。

そういう意味でもモンベルは比較的安価な製品が多く、質もそれなりに安定しているため、最初に買う登山道具に選ぶブランドとして申し分ない。

そんなモンベルで利用できるポイントを、ふるさと納税で手に入れることができるのだから、使わない手はないだろう。

これまでふるさと納税は何だか面倒な気がして敬遠していた人も、もし登山を趣味にしていて何かと入り用が多いようであれば、ぜひ小谷村に寄付をしてモンベルポイントをゲットしてみてほしい。

 

-登山道具の選び方

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.