その他 登山

膝痛に苦しんだ12月初旬の丹沢登山 〜塔ノ岳・丹沢山・鍋割山〜

更新日:

丹沢

丹沢に行ってきた

12月7日。週末に同僚たちとスノーボードに行こうと計画していたのだが、オープンしているゲレンデはあるものの雪の状況があまり思わしくないため延期になってしまった。

予定がすっぽり空いてしまったため山にでも登ろうかと考え、近場の丹沢はどうかとインターネットで情報収集することに。どうやら僕の家から車で1時間くらいで行けるわりと近い場所にあるということが分かり、日帰りで登ってみることにした。 早朝5時過ぎに家を出発し、海老名のサービスエリアで吉野家の焼き魚定食を食べ、大倉の駐車場まで車を走らせた。

Untitled

無料の駐車場は朝の8:30からの営業なので、すぐそばにある1日800円の有料駐車場に車を停めた。6時半くらいに到着した段階で結構車が停まっていた。

遠い場所から来る人の場合は深夜0時を過ぎてから入庫して車内で仮眠するなんて方法が使えるかも。 車を停め、靴を履き替えて登山口に向かって出発した。  

今回のコース

今回は大倉から塔ノ岳を目指し、余裕があれば丹沢山まで足を伸ばし、帰りに鍋割山で鍋焼きうどんを食べるというプラン。

地図のコースマップの時間に多少の余裕を持たせて計算しても1日あれば十分に回れるコースだし、今回は楽勝だろうと考えていた自分の認識の甘さを結構早い段階で今回は思い知らされることになった。 まだまだ登山初心者。準備も計画も自分自身の体もぜんぜんダメだった。  

大倉から塔ノ岳

Untitled

しばし舗装路を歩いて登山口に。

Untitled

ちょうど陽が昇ってきたばかりの時間帯で、木々の間を陽の光が差し込んできてとても綺麗だった。

Untitled

しばらく歩くと大倉尾根に入る。ここから先はダラダラとした登りがひたすら続く・・・。

「バカ尾根」などと呼ばれている意味が何となく分かった。

Untitled

Untitled

尾根の右側は景色が開けていて、右後方の先のほうには海が見える。写真では捉えきれなかったが・・・。

手前に広がる市街地は朝日に照らされていて、家の屋根がキラキラと反射して光っていて海や川の水面のようだった。写真では捉えきれなかったが・・・。

Untitled

その後も段差や階段をひたすら登り・・・。

Untitled

9:20 塔ノ岳到着。

Untitled

山頂は結構寒い。雪は降っていなかったが、木々に白い霜が付いていた。

Untitled

コーヒー関連一式を持ってこなかったことを激しく後悔した。

9:25 ここで休憩すると体が冷えきってしまいそうなので、休まずに丹沢山に向かうことにした。  

塔ノ岳から丹沢山

何度か来ている場所であれば、ここで引き返すところだが、初めて丹沢に来て丹沢という名の付いた山に登らないのはどうなんだろう。そんな気がして今回は塔ノ岳の先にある丹沢山にも登ることにした。

丹沢山に行くにはせっかく登ってきた塔ノ岳を少し下って、そこからまた登らなければならない。せっかく苦労して登ってきたのに!

Untitled

塔ノ岳から丹沢山に向けての下り坂は陽が当たりづらい場所のようで、そこらじゅう霜だらけだった。

Untitled

ちょっとドキドキする場所を通ったり、

Untitled

見晴らしの良いところで辛うじて富士山を眺めたりしつつ淡々と歩き、

Untitled

10:18 丹沢山登頂!塔ノ岳からおおよそ1時間弱。

Untitled

みやま山荘

Untitled

山小屋と休憩場所以外これといったものはなし。晴れていれば景色は良さそうだけどこの日は雲が多くて見晴らしはイマイチだった。山頂の土の部分は結構ぬかるんでいた。

Facebookで教えて頂いたのだが、みやま山荘は食事が結構美味しいとのことなので、いつか丹沢を縦走するときはこの山小屋を利用してみようと思う。新緑の時期にここでビールを飲んだら格別なんじゃないかな。 10:30 少し休憩して塔ノ岳に戻ることに。 丹沢山も登ったしあとは昼飯の鍋焼きうどんを食べるのみ!目指すは鍋割山。

Untitled

ようやく陽がのぼってきた感じ。少しは暖かくなるかな? 残念ながら来る途中辛うじて見えていた富士山は大量の雲によって見えなくなってしまった。残念。

Untitled

地面はできることなら凍ったままでいてほしかった。ゲイターを持ってこなかったんでズボンの裾が泥だらけになってしまった。

どうやらこの辺は地形の関係だったり、草木の影になったりで、ぬかるんでいる場所が結構多いようだ。

Untitled

11:08 あそこが塔ノ岳か・・・。広角レンズで撮影したからだろうか、塔ノ岳の山頂が遥か彼方にあるように見える。

Untitled

11:28 塔ノ岳到着。丹沢山に向かう前よりもだいぶ人が増えていた。

でも寒いしガスってまわりは殆ど何も見えない。今来た人たち残念でした。 人が大勢いて座る場所もあんまりないし寒いので、ザックに入っている水を空のペットボトルに移してすぐに出発した。 僕がホッと一息つくのはここではなく鍋割山の山頂だ。鍋焼きうどんが僕を待っている。  

膝痛発生

恒例の膝痛は丹沢山から塔ノ岳に戻る途中で発生した。最初は左膝に違和感が出てきて、鍋割山に向かう途中から違和感が痛みに変わり、さらに右足にも痛みが・・・。

これまでの登山では左足オンリーだった膝痛が右足にまで発生するとは思いもしなかった。

普通に歩くことは出来るのだが、階段のような膝を深く曲げる必要のある段差を降りる際には毎回痛みが走る。前回の雲取山登山からサポートタイツを導入はしているけれど、膝痛に関してはあまり機能していないのかもしれない。僕の歩き方や脚力がダメすぎてサポートタイツがサポートしきれていないだけなのかもしれないが。 インターネットで色々と調べていると、歩き方を変えることで改善している人も結構いるようなので、膝痛の克服のために今後も色々と検証して行きたいと思う。  

鍋割山で鍋焼きうどん

膝痛に耐えながら何とか鍋割山に到着した。

ここは鍋焼きうどんが名物で、この日も山頂の鍋割山荘には大勢の登山客が集まっていた。 外では小屋で注文した鍋焼きうどんをハフハフ言いながら美味しそうに食べている!この寒空のなか鍋焼きうどんは格別のはず。早く食べたい!そう思いながら鍋割山荘に入ると小屋の中は大賑わいだった。

Untitled

小屋の中は鍋焼きうどんを座敷で食べる人たち、鍋焼きうどんの出来上がりを待つ人たちでごった返していた。

奥の厨房では鍋焼きうどんを作る鍋割山荘のご主人が白髪を振り乱しながら忙しそうに調理していた。鍋焼きうどんを食べたい人たち、作る人、注文を受けるひと、食べ終わりの食器を片付ける人・・・。どうやら僕が到着したお昼時の鍋割山にいる殆どの人たちは、鍋焼きうどんのことしか考えていないようだった。もちろん僕を含めて。

鍋焼きうどんを食べるためには小屋の中の用紙に名前と数を記載して、順番が来るまで小屋の中で待たなければならない。混雑時の食事処などで書く順番待ちの用紙のようなものだ。 代金は名前を呼ばれて鍋焼きうどんを受取る際に支払う。

僕が用紙に名前を書こうとした時点で、沢山の名前が書かれており、順番が来るまでかなり時間がかかりそうだった。

暇だったので自分の名前が呼ばれるまでの間、小屋の中の人間観察をしていたのだが、どうやら塔ノ岳や丹沢山の山頂付近よりも平均年齢が低いような気がする。山ガールや山ボーイが非常に多い。 少し標高が下がると登山客のカジュアル率が増すのだろうか。

ふと厨房の方に目を向けると、設置してある箸やレンゲの供給が追いつかなくなって、小屋の店員が「その箸そっちに置いて」とか「レンゲそこ」とか客にお願いしていたw でもみんな鍋焼きうどんのことしか考えていないから超協力的。

Untitled

30〜40分は待っただろうか、ようやく僕の名前が呼ばれ、熱々の鍋焼きうどんと引き換えに代金の1,000円を支払った。

念願の鍋焼きうどん。小屋の中はお客さんで一杯で座ることができなかったため、外のベンチで食べることに。外は凄く寒かったけど、鍋焼きうどんは熱々でとても美味しかった。 最初は汁まで全部飲み干せるかな?と思っていたけど要らぬ心配だった。

食後は痛む足をストレッチして大倉に向けて出発した。  

携帯とカメラの電池が切れる

鍋割山荘に到着した段階でカメラとiPhoneのバッテリーが危機的状況に陥っていた。原因はiPhoneのGPS使い過ぎと、カメラのWifi機能のついたSDカードではないかと思う。

これまで日帰り登山であればiPhoneのバッテリーは十分持ったし、カメラも1日でバッテリーが切れるなんてことはなかった。このへんは次回に向けての反省点としたい。 カメラの替えのバッテリーは持ってきていなかったし、iPhoneも充電できなかったため、鍋割山荘から下山までの間の写真は一切撮影できなかった。 終盤の沢なんかはとても綺麗で記録に残しておきたかったんだけど・・・。  

下山

鍋割山荘から大倉の手前の林道に出るまでの下りは階段ばかりで、両膝に問題を抱えている僕にとっては地獄地帯だった。

手すりにつかまらないと歩けない高齢者のごとく、のろのろと段差を下っていた僕は次々と後続に抜かれていった。林道に出てようやく膝にかかる負担が軽減され、多少痛みは感じるものの、ほぼ普通に歩行することができるようになった。ここから少し早歩きで、いちど抜かれた人たちを抜き返し、なんとか日が暮れる前に大倉まで無事に戻ることができた。

初めての丹沢。恒例の膝痛が出たり、携帯とカメラのバッテリーが切れたりと、今後の反省点は色々あるけれど、近場にこんな楽しい場所があるなんて嬉しい発見である。 丹沢にはまだまだ色んな山やルートがあるため、今後も色々と研究して歩いてみたいと思う。 まずは膝痛克服かな。

-その他 登山
-, ,

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.