登山用品レビュー

登山で履いているトレランシューズ(トレイルランニングシューズ)のススメ

更新日:

トレランシューズ

登山には登山靴というのが一般的な考え方だが、ここ数年で普及してきたウルトラライトやファストパッキングなどの荷物の重量を減らした登山スタイルにトレイルランニングシューズ(以下トレランシューズ)がよく用いられるようになった。

僕は「なんだかカッコよさそうだ」というミーハー的なところから入り、その使い勝手が気に入って、トレランシューズで山に登ることが増えた。通常の登山靴よりも薄手で守ってくれる感がないため、怪我のリスクは高まるが、その代わりに軽さと軽快さ、動きやすさを得ることができる。

万人にお勧めできるアイテムではないし、登山初心者の最初の一足にはなり得ないが、多少山を歩いてきた人で次の一足を探している方にはぜひ試してもらいたい。

トレランシューズとは

トレランシューズとはトレイルランニングシューズの略称で、山や登山道を走る競技「トレイルラン」のために開発されたシューズである。

もともとは競技用のシューズだったが、最近は荷物を軽くして山を歩くウルトラライトやファストパッキングの人たちに注目され使用されることが増えてきている。

P1110448

一見普通のスニーカーにも見えるが、それは表側だけでソール部分は山の様々な路面をしっかりグリップできるようになっている。

トレランシューズの良いところ

  • 軽い
  • すぐ乾く
  • カッコイイ

軽い

一般的な登山靴とトレランシューズの違いは何といっても軽さにつきる。

足元が軽いと次の1歩が素早く出せるし、バランスを崩した際のリカバリーも通常の登山靴よりもしやすいと思う。荷物を最大限に軽量化すれば、平坦路に限っては駆け足くらいで走ってコースタイムを大幅に短縮することができるかもしれない。

すぐ乾く

ゴアテックスの完全防水のトレランシューズは蒸れるが、一般的なシューズはソール以外は通常のスニーカーとそれほど違いはなく、足の甲の部分はメッシュ構造になっていることが多く、多少濡れてもすぐに乾く。

カッコイイ

トレランシューズはデザインがカッコイイ。

派手なものから地味なものまで、登山靴にはないカッコよさがある。山を長時間歩くための靴をデザイン性で選ぶのはどうかという声もあるかもしれないが、僕はトレランシューズに関しては完全にデザイン重視。

もちろん、はき心地が悪かったりフィット感の良くない靴は最終的には選ばない。

トレランシューズのイマイチなところ

トレランシューズのソール(足の裏)はトレイルを走ったり歩いたりするために普通のスニーカーとはまったく違った作りになっているが、足の甲側は普通のスニーカーとなんら変わらない。

つまり足の裏は頑丈だが、足の表側は危険だということ。

上から石が落ちてきたり、何かにぶつけたりすると怪我をしてしまう可能性が高い。また、足首がホールドされていないため捻挫の危険性も一般的な登山靴よりも高い。

トレランシューズ

あとは耐久性。写真を見て頂くとわかるとおり、つま先部分の接着がとれてソールが剥がれそうになってしまっている。これは僕の歩き方や取り扱いにも問題があるのだが、しっかりした登山靴の頑丈さ・堅牢性はトレランシューズにはない。

ガンガン山に登る人は数回利用しただけで結構なダメージを負うのではないだろうか。

トレランシューズはこんな人にオススメ

  • 日帰り登山が多い
  • 山小屋泊が多い
  • 山を軽快に歩きたい

日帰り登山が多い

普段から泊の山登りはせずに、日帰りの登山が多いという方は、荷物もそれほど重たくはないはず。そのスタイルを今後もあまり変えるつもりはないというのであれば、足元はガチガチの登山靴でなくてもいいかもしれない。

例えば、高尾山や陣馬山、丹沢あたりを登るのであれば、トレランシューズの方が軽快に歩けるような気がする。怪我のリスクを理解したうえで、安全に歩けることが前提ではあるが。

山小屋泊が多い

テント泊装備となると、ザックの重量がそれなりに重たくなるため10kg以上の荷物を背負って歩く場合はトレランシューズはやめておいた方がいいだろう。逆に山小屋泊などで荷物が軽い場合はトレランシューズも選択肢の一つとして考えることができる。

山を軽快に歩きたい

荷物も軽く、さらに足元も軽くなれば歩くのがさらに楽しくなるはずだ。山を颯爽と軽快に歩きたければ重厚な登山靴から、軽量なトレランシューズに履き替えてみよう。

普段からジョギングをしている人であれば、山の緩やかな斜面であれば普通に走ることができるだろう。

僕のトレランシューズ

P1110447

八ヶ岳の硫黄岳・横岳・赤岳・阿弥陀岳を周遊した際にアルトラのローンピークで歩いて、荷物がさほど重たくなければトレランシューズの方が歩きやすいということが分かった。

その後、厚底のHOKAのチャレンジャーATRを購入して乾徳山(日帰り)、裏銀座縦走(4泊5日)、涸沢・北穂高岳(2泊3日)などを歩いた。チャレンジャーATRはトレイルランシューズの中でも比較的厚底の部類に入るシューズで、地面の凹凸や衝撃をうまく吸収してくれることもあって、どんなトレイルでも安心して歩くことができた。

というわけで、これまでと違った山歩きを体験したいと思ったら、ザックの中の荷物を少し軽くして足元をトレイルランシューズに替えてみることをオススメする。

トレイルランシューズブランド

普通のジョギング用スニーカーと違い、トレイルラン用のシューズは足裏のブロックパターンが登山使用になっている。

以下の挙げる商品はあくまでも参考程度であるため、実際に店舗で試し履きしたうえで購入を決めてほしい。あくまでも「こういうブランドがあるよ」という参考程度に考えておいてもらい、気になるブランドがあったらまずはネットなどで調べてみよう。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

HOKA(ホカ)

ALTRA(アルトラ)

LA SPORTIVA(スポルティバ)

Montrail(モントレイル )

SALOMON(サロモン)

inov-8(イノヴェイト)

-登山用品レビュー

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.