北アルプス 登山

美しいモルゲンロートと涸沢タイムラプス 〜紅葉の涸沢にテント泊 その3〜

更新日:

紅葉の涸沢にテント泊

涸沢の朝。

早朝4時に目が覚めた僕は、ウトウトしながら今日の日程を考えていた。昨日の夕方に近くにテントを張っていた方に「最新のヤマテン(山の天気予報)だと明日と明後日は天気がかなり荒れるらしいよ」という情報を得ていた。

本当なら今日はテントをそのままに、奥穂高岳か北穂高岳に登る予定だった。テントから顔を出すと空には雲ひとつない状態。本当に雨なんて降るのだろうか? とりあえずこの天気ならモルゲンロートは間違いなく見れそうだ。しばらく考えて答えを出そうと思い、朝食の準備を進めた。

Untitled

セブンイレブンで買った金の麺。具は何も入れずに麺のみ。味は普通かな。  

涸沢のモルゲンロート

モルゲンロートとは朝日が山肌を照らす朝焼けのことで、モルゲンロート(Morgenrot)のモルゲン(Morgen)は「朝」を表し、ロート(rot)は「赤い」を意味するらしい。涸沢の朝といえばモルゲンロート。

Untitled

Untitled

朝食を終えて外に出てみると、外はうっすらと明るくなっていた。山の麓のほうから物凄い勢いでガスが上昇してきて涸沢周辺をいちどは飲み込みかけたが、何とかギリギリ持ちこたえている感じだった。

Untitled

徐々に朝日に照らされていく穂高の山々。紅葉で色付いている山肌が赤く染まっていく。

Untitled

涸沢小屋方面。モルゲンロートは紅葉した木々の色をより強調してくれる。

Untitled

涸沢ヒュッテのテラスでは美しいモルゲンロートを撮影するために大勢の人たちがカメラを構えていた。

初めて見たモルゲンロートはとても美しく、朝の寒を忘れてしまうほどだった。  

翌日・翌々日の天気を考慮して下山

Untitled

麓から吹き上げていたガスも徐々に消え、遠くまで見通せる見事な天気。

本当に今日は天気が悪化するのだろうか?テント場や涸沢ヒュッテからは、モルゲンロートを見終えた人たちが穂高に向けて出発していた。

Untitled

こんな雲ひとつない晴天が昼には崩れるというのか? ちょっと信じられなかったが、足の具合も良くなかったし、テント場での悪天候は以前の北岳で嫌という程味わったため、十分なほどに紅葉を楽しんだ今回は無理をせずに下山することに決めた。

Untitled

Untitled

天気は相変わらず快晴で、ピークを踏まないまま下山するのは勿体ないような気もしたが、これもまた登山。景色を楽しみながらゆっくり下山した。

今回の登山の前に、デジタルカメラを長年使ったCanonのEos Kiss X3からPanasonicのLUMIX GX7に機種変更した。撮影した写真の殆どがGX7によるもので、今回はゴリラポッドを持参して涸沢のテント場でタイムラプス撮影も行った。

予備のバッテリーを1個持って来ていたが、下山開始時にすべてのバッテリーが切れてしまい、帰りの撮影はiPhone5Sオンリーとなってしまった。

Untitled

横尾あたりまで下りれば、そこから先はほぼ平坦路。退屈な登山道をひたすら歩いて上高地バスターミナルを目指した。

徳沢を通り過ぎたあたりから、穂高方面はもくもくと雲に覆われていた。早朝は雲ひとつない快晴だった穂高周辺の天気は、少しずつ悪化しているようだった。山の天気は変わりやすいというが、山専門の天気予報は信用しておいて損はないなと思った。  

上高地バスターミナルから沢渡大橋駐車場へ

河童橋周辺まで来ると、あたりは観光客でいっぱいだった。この時間帯はカジュアルな服装の観光客と、若干小汚い登山客のコントラストが面白い。

ちょうどバスが出発するタイミングで上高地バスターミナルに到着した。バスに乗り込み、外の景色をぼーっと見ながら沢渡大橋駐車場まで移動した。  

おわりに

勢いで取った平日休みにビタッとハマった涸沢テント泊だった。

最高のタイミングで最高の天気に恵まれた涸沢の紅葉はとても美しかった。 この紅葉を見るために週末に登山客が殺到するのも無理はないと思った。穂高の山のピークを踏めなかったのは心残りだが、こんな素晴らしい景色を見た上に山の頂を堪能するなんて欲張ってはいけない。奥穂高岳や北穂高岳はまた別の機会に挑戦したいと思う。

山をやる以上、涸沢の紅葉は毎年自分のスケジュールと相談し、突撃する準備はしておく必要がありそうだ。2014年の涸沢紅葉登山は大成功。 2015年の涸沢紅葉登山は果たして!?  

おまけ

今回の旅でタイムラプス撮影した写真と、iPhoneで撮影したタイムラプスと動画を繋ぎ合わせたものをYoutubeにアップロードした。 尺を伸ばすために無理矢理入れ込んだ動画もあるが、涸沢の美しい紅葉と動きのある雲が良い感じになっているので是非見て欲しい。

-北アルプス 登山
-

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.