北アルプス 登山

シルバーウィークの連休で涸沢と北穂高岳に行ってきたよ

更新日:

涸沢

シルバーウィーク!

7月末から8月にかけて歩いた裏銀座縦走から1ヶ月以上が経過し、完全に体の鈍っていた僕は、あまり攻めた登山はせずに、まったり楽しく歩ける場所を探していた。2泊3日くらいでどこかいい場所はないかと考えた結果、昨年紅葉の時期に歩いた涸沢に行くことにした。

昨年は天候の関係でピークを踏まずに紅葉だけ楽しんで下山したが、今年は滞在期間中は天気が良さそうだから、奥穂高岳か北穂高岳の頂上まで登る予定。 秋の涸沢といえば紅葉だが、シルバーウィークの段階では紅葉には少し早く、涸沢ヒュッテのホームページで確認した段階では3割から4割程度とのことだった。

金曜日の夜に自宅を出発し、沢渡大橋駐車場で車中泊。9月下旬にさしかかった上高地周辺は結構寒かったが、数人で車の中で寝ていたこともあってか車内の気温はそれほど下がらず快適だった。

涸沢への行き方はこちら

上高地バスターミナルを出発

涸沢・北穂高岳

朝の5時過ぎ発の上高地バスターミナル行きのバスに乗り上高地へ。

朝の5時半。こんな時間に上高地入りするのは登山者だけである。 それにしてもシルバーウィークだけあってなかなかの混み具合。上高地バスターミナルを起点にした目的地は涸沢、槍ヶ岳、蝶が岳といったところだろうか。

準備運動を済ませ出発。 上高地バスターミナルから明神、徳沢、横尾とそれぞれ1時間ずつくらいの間隔で休憩ポイントがあるため、序盤は非常に歩きやすく時間の計算もしやすい。道もほぼ平坦だし。スタートから3時間ほど歩くと横尾という場所に到着する。

ここは涸沢へ向かう道と槍ヶ岳へ向かう道が分岐していて、それぞれここから先からようやく登山道らしい登山道になるということで、みんなしっかり休憩をとっていた。 僕たちも横尾でしばし休憩をとり、トイレなどを済ませて出発した。

横尾の紅葉状況

Untitled

昨年の10月に撮影した横尾大橋。周囲は完全に紅葉していて、奥に見える山もしっかり色づいている。

涸沢・北穂高岳

そして今年9月19日の横尾大橋。紅葉はまだまだといった感じ。

横尾大橋を越えるとようやく登山道らしい道になってくる。昨年はこの少し先でニホンザルの家族が突然登山道に現れ驚かされたが、今年は周囲を見渡してみても野生動物の姿は見えなかった。

本谷橋で休憩

涸沢・北穂高岳

横尾から1時間くらい歩くと本谷橋という吊り橋にたどり着く。

この先から斜度が少しきつくなるため、ここも休憩ポイントのひとつになっている。ここでしっかり休んでおいて涸沢までラストスパートというのが一般的な歩き方になっている。 昨年ここに来た時にはすでに周囲は結構紅葉していたが、今回は少し早めに来ていることもあり、木々はまだ色づいていなかった。しばし休憩したのちに涸沢に向けて出発した。

涸沢・北穂高岳

天気予報は晴れのはずだったのだが、涸沢に近づけば近づくほど雲行きが怪しくなっていく・・・。   

涸沢に到着

12:30 涸沢に到着。

涸沢はスタート地点の上高地バスターミナルから結構な時間を要するが、厳しい登りもそれほどないため、初心者でも割と簡単に来ることができる場所だと思う。乳幼児を背負って登ってきたご夫婦もいれば、小学校低学年の子供たちを連れて登ってきているご家族など、なかなか幅広い年齢層の方々が涸沢にやってきていた。

涸沢・北穂高岳

シルバーウィークで混雑が予想されたため、早めの到着を目指して頑張ってきたが、テント場はすでに結構な数のテントが張られていた。

テント場の受付は13時にならないと開かないため、先に場所を確保し、テントを設営した後に小屋の列に並んだ。写真中央左くらいに見える行列がテント場受付を待つ人々。料金は1日1人1,000円。2日滞在するため2,000円を支払った。 この料金には涸沢ヒュッテの水場とトイレの利用料が含まれているため、小屋まで行けば水とトイレは自由に利用できる。

涸沢ヒュッテのパノラマ食堂でビール

涸沢・北穂高岳

テント場の受付を済ませたあとはコレ。このために登ってきたと言っても過言ではない。 涸沢ヒュッテのテラス席がタイミングよく空いたため、しばらくテラスで飲みながら目の前に広がる景色を楽しんだ。

涸沢・北穂高岳

初日の涸沢周辺は雲の動きが活発で、テント場周辺もガスったり晴れたりと非常に忙しそうな空模様だった。

テラスからテント場に戻り、早めの晩御飯を食べ、明日の予定を検討した。翌朝は早めに出発してまずは北穂高岳に登り、北穂高小屋に到着した段階で奥穂高岳を目指すかそのまま下山するか決めることにした。

就寝

昼過ぎに到着した涸沢だったが、あれこれと色々やっていたらあっという間に時間が過ぎてしまい、日が暮れたところで各自テントに入り寝ることに。

涸沢・北穂高岳

夜に何度かトイレで目が覚めたためカメラ持参で夜の撮影。光の軌跡のようなものは宿泊者のヘッドライト。スローシャッターで撮影するとこういう写真に仕上がる。

涸沢・北穂高岳

混雑したテント場はあまり好きではないが、こういう光景は綺麗で好きだ。

涸沢・北穂高岳

日中は雲が出たり消えたりで忙しそうな空だったが、夜は空一面に星が広がっていた。

昨年よりかは星空撮影はマシになったが、それでもまだまだ物足りないレベルである。場面場面の上手な写真の撮り方を時々本やネットでチェックしたりはするのだが、こういう時にもっとしっかり予習しておくべきだよなあ・・・。

起床

涸沢・北穂高岳

4:00少し前に起床し、朝食を食べ、出発の準備を整えた。

2日目は北穂高岳に登り、その時点の時刻や体調を考えて先を考える計画。あわよくば涸沢岳を経て奥穂高岳のピークを踏むつもり。この日は雲が多くモルゲンロートを見ることができなかった。

涸沢から北穂高岳へ

涸沢・北穂高岳

5:00時少し過ぎにテント場を出発。

日帰りのピストンもしくは周遊登山であるため、不要な荷物はすべてテント内に置いてきた。重たいザックを背負って涸沢まで歩いた昨日とは違い、非常に快適で歩きやすい。 どんどん小さくなっていくテント場。

涸沢・北穂高岳

クサリ場をよじ登ったり、ハシゴを登ったり、北穂高岳への登山道はどうやら「よじ登る系」らしい。つづら折りのような場所をジグザグと登るよりこっちのほうが断然楽しく高度もどんどん稼げるが、帰りはちょっと怖そうだなと思った。

涸沢・北穂高岳

それにしてもすごい数のテントだ。

涸沢・北穂高岳

小休止しつつ先行者やペンキを頼りにぐんぐん登っていく。

このあたりで僕の導火線に火がついた。北穂高小屋まではまだ結構距離があるし、かといって身を隠すような場所はない。これは心を無にして歩く速度を加速していくしかない。同行者に「ちょっと訳あって先を急ぐので小屋で待ち合わせね」と告げ、僕は先を急いだ。

涸沢・北穂高岳

北穂高岳近くのテント場。

雲ノ平のテント場は山小屋か歩いて20分くらいかかるという話だが、ここもなかなか大変そうな場所なんじゃないだろうか。北穂高小屋までの距離は結構ありそうだし、悪天時はかなり過酷な状況になるのではないだろうか。・・・なんて感心している場合ではなかった。

トイレが僕を待っている。

北穂高岳登頂

涸沢・北穂高岳

7:50 テント場から少し歩いてようやく山頂。

なんという絶景だろう。登頂した喜びをじっくり味わいたかったが、僕の優先順位は登頂よりもトイレ。急いで北穂高小屋のトイレに向かった。なんとか無事に小屋のトイレにたどり着いたとき、僕を迎えてくれたのは無慈悲な看板に書かれた3文字。

清・掃・中!

北穂高小屋の絶景テラス

涸沢・北穂高岳

なんとか清掃中のトイレを使わせてもらい、ミッションをクリアした僕は、北穂高小屋のテラスで休憩しながら仲間を待つことに。

涸沢・北穂高岳

北穂高小屋のテラスは絶景だというのはネットや書籍などでよく目にしていたが、実際にこの場所に立ってみると、その素晴らしさを瞬時に理解することができた。

涸沢・北穂高岳

この日は雲の影響で黒部五郎岳方面はよく見えなかったが、少し前に歩いた裏銀座周辺や、大キレットから槍ヶ岳へ続く稜線、その他の北アルプスをはじめ、浅間山や富士山など様々な山が一望できた!ここで生ビールを飲んだら最高なんだろうなあと思ったが、涸沢のテント場まで戻らなければならないため、ぐっとこらえた。まだ朝だし。

涸沢・北穂高岳

これから行くかどうか迷っている涸沢岳と奥穂高岳。手前に人が数名立っている場所が涸沢岳。

涸沢・北穂高岳

テラスはあっとう間に満席に。この日は特製の「おはぎ」が販売されていて、みんなそれを頼んで食べていたが、僕はあまり好みではないため購入したアミノバイタルを飲みながら後続の仲間を待った。想定していたよりも遅れて仲間が到着したため、奥穂高岳は諦めてテラスでのんびりすごしたのちに下山することに。

涸沢小屋で昼休み

涸沢・北穂高岳

下山途中のナナカマド。このナナカマドは良い感じに紅葉していたが、他はまだまだといった感じだった。涸沢を赤く染めるにはもう少しかかりそうだった。

涸沢・北穂高岳

北穂高岳からの下山は想像していた通り、登りよりも下りのほうが怖かった。この手の登山道はもっと経験を積んで慣れておかないとなあと思った。

涸沢・北穂高岳

13:00 涸沢小屋到着。 腹ペコだった僕たちは涸沢小屋で食事をすることに。涸沢小屋で食事をするのは初めて。足を踏み入れるのも。

涸沢・北穂高岳

涸沢ヒュッテの混雑と比較するとこちらは少し落ち着いた感じ。テラスの席もすんなり座れたし、売店もそれほど行列していなかった。

涸沢・北穂高岳

涸沢ヒュッテのテラスも良かったが、こちらのテラスもなかなか。

涸沢・北穂高岳

とりあえず生。

涸沢・北穂高岳

・・・とカレー。

涸沢・北穂高岳

昨日の空模様とは打って変わってこの天気。ビールもカレーもあっという間に僕の胃袋へ消えた。

どんどんテントが増える涸沢のテント場

涸沢・北穂高岳

涸沢小屋で休憩したのちにテント場に戻ると、おびただしい数のテントが・・・。

昨日到着した時は「ちゃんと張れる場所ってなかなか無いなー」なんて思いながら探していたのに。

涸沢・北穂高岳

これがシルバーウィークの涸沢のテント場なのか・・・。

この日はテント場の受付もずっと行列ができていて、涸沢ヒュッテのパノラマ売店も想像を絶する混雑になっていたため、とてもビールなどを買い足せる状況ではなかった。自動販売機も利用者が多すぎて釣り銭がなくなり千円札が使えなくなっていた。

少し飲み足りない気もしたが、こんな状況だったため、昨日同様に早めに就寝し、明日はゆっくり朝日を堪能しようということになった。

就寝

涸沢・北穂高岳

2日目終了。 夜にトイレに行ったが、この日も星空全開で素晴らしかった。

涸沢のモルゲンロート

涸沢・北穂高岳

最終日は下山するのみ。 昨日と同じように4時に起床し、下山の準備を整えつつ日が昇るのを待った。

穂高岳山荘に向かう人たちはすでにザイテングラートに取り付いていて、ヘッドライトの明かりがちらほらと確認することができた。

涸沢・北穂高岳

日が昇る方角の雲が少しずつ赤く染まっていく。 ちょっと雲が多すぎて涸沢カールが赤く染まるのか心配になってきたが・・・。

涸沢・北穂高岳

もうダメかなと思っていたら、山肌が徐々に赤みを帯びてきた。

涸沢・北穂高岳

昨年に続き今年も無事にモルゲンロートを見ることができた! 1年ぶりの最高の朝。やっぱり涸沢はこうでないとね。

涸沢・北穂高岳

無事にモルゲンロートも見れたし、あとは下山するのみ。

涸沢ヒュッテのトイレの行列

出発前にトイレを済まそうと涸沢ヒュッテに向かうと長蛇の列が・・・。まあ小屋泊とテント泊でこれだけの人が訪れているのだから仕方がないよね。

パノラマ売店に向かって左の列が洋式トイレの列で、右が和式の列になっていた。右側は男性ばかりが並んでおり、左は男女混合。右側の男性だらけの列は「大」確定であるため列の進みに時間がかかりそう。左は男女混合で、女性は「大」ではない場合もあり、こちらのほうが列の進みが早そう。そう考えた僕は左の列に並んだ。

予想通りトイレ待ちの時間は洋式の列の方が短い印象を受けた。行列の先には従業員の方が立っていてトイレの交通整理を行っていた。世の中にはこんな役割もあるんだということをこの日知った。

涸沢・北穂高岳

すっかり明るくなった涸沢。

やや不完全燃焼な登山ではあったものの、ピークはひとつ踏めたし、美味しいビールと素晴らしい景色を楽しむことができたから良しとしなければ。 今回登れなかった奥穂高岳は来年かな。

涸沢・北穂高岳

もう1日滞在しても良かったが、今回はソロではなく同行者がいるため、当初の予定通り下山することに。

下山

涸沢・北穂高岳

きた道をサクサクと戻り、徳沢で定番のソフトクリームを食べ、さらに歩いて小梨平キャンプ場のトイレで用を足し、バスターミナルへ向かった。

涸沢・北穂高岳

13:00 河童橋到着。

昨年もそうだったが、徳沢くらいから徐々に登山者ではない人たちが目につくようになり、河童橋周辺に着く頃には一般観光客と登山者という異世界の人間が同じ場所を歩いているというちょっと不思議な光景を見ることができる。

バスターミナルも臨時便が出るくらい凄まじい人・人・人で長蛇の列が数本出来上がっていた。おそらくこの列はずっと続くだろうと考えた僕たちは、さっさと並んでバスに乗って駐車場に戻ることにした。僕たちが並んだ沢渡大橋行のバスの列も相当な人数だったが、バスの本数が増えていることもあり、それほど待たずに順番がまわってきた。

バスに乗った僕は短い時間ではあったが爆睡してしまい、気が付いたら終点の沢渡大橋に到着していた。   帰りは予想どおり超絶渋滞。登山よりも帰りの運転のほうが疲れたような気がする。

涸沢への行き方はこちら

-北アルプス 登山
-,

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.