北アルプス 登山

山の日に登った北アルプスの唐松岳 1日目

更新日:

唐松岳

2016年8月11日の「山の日」とその翌日を使って北アルプスの唐松岳に登ってきた。

山の日の前日の夜に仕事を終えてから出発するつもりだったが、仕事の疲れがいまいち抜けず、帰宅後に支度をしてすぐに長時間ドライブという気分にどうしてもなれなかった。仕方なく早寝早起きの早朝出発に切り替え、11日のかなり早い時間に出発。

自宅の横浜から登山口の八方駅までは4〜5時間くらいだから遅くても8時前くらいには到着できるかなと考えていた。ところが中央自動車道あたりから猛烈な睡魔に襲われ、運転どころではなくなってきたため、双葉サービスエリアに入り仮眠することに・・・。ちょっとだけと思って仮眠したつもりが気がつけば2時間もの時間が経過していた。

目が覚めて時計を見たときに「もうこのまま帰るか・・・」という考えが頭に浮かんだが、とりあえず行くだけ行ってみようと考え、双葉サービスエリアを出発した。仮眠をとったおかげで頭も眠気もスッキリしていて、目的地まで快適に運転することができた。

サービスエリアで仮眠をとったことで2時間ほど時間をロスしてしまったため、八方駅の無料駐車場(第3駐車場)に到着したのは9時30分過ぎくらいだった。これまで登山をやってきて、こんなに遅い到着は初めてかもしれない。

ゴンドラとリフトを乗り継いで八方池山荘へ

唐松岳

第3駐車場からゴンドラ乗り場までの無料シャトルバスがちょうど出発寸前だったため乗車。駐車場から徒歩でゴンドラ乗り場まで行くと10分くらいかかるため、シャトルバスを利用したが実際のところ歩いてもそれほど変わらない時間だった。

ゴンドラ乗り場では片道よりも往復でチケットを購入した方がお得だが、翌日に五竜岳まで足をのばす可能性も考慮して、片道切符の購入となった。ゴンドラ乗り場は登山の装備をした登山者意外に、普段着の観光客も多かった。僕の見た感じだと半々くらいかな。

唐松岳

ゴンドラリフト「アダム」でいっきに標高を稼ぎ、その後もふたつのリフトを乗り継いでスタート地点まで移動する。

唐松岳

夏場はこのような感じだが、雪の降る冬の季節はスキー場。リフトの高さは夏用に調節してあるのか地面スレスレな感じ。

唐松岳

八方池山荘に到着したところでようやく登山スタート。といっても八方池までは観光客も多く、登山道は混雑していた。他の歩行者の邪魔にならないように、タイミングを見計らって広めのスペースで追い抜いて先を急いだ。

八方池と白馬三山

唐松岳

八方池山荘に到着したあたりから、進行方向右手にはそびえ立つ白馬三山が目に入る。左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳。

唐松岳

ほどなくして八方池に到着。この日は天気は良かったが空が薄雲がかっていて白馬三山ははっきり見えるものの、絵面的には少々物足りない。ここでのんびり休憩しても良かったが、スタート時間が大幅に遅れてしまっているため先を急いだ。

唐松岳

唐松岳

唐松岳

気持ちの良い登山道をグイグイと歩き、扇雪渓で小休止。すでに雪渓と呼んでいいのだろうかという状態にまで雪は溶けていた。

唐松岳

ここで僕が今回背負ってきたザックを紹介。このザックはOMMのClassic32という容量が32リットルのザックで、夏場のソロテント泊であれば必要な装備が十分に収容できてしまう。

もし過去の自分にアドバイスできるならこのザックを最初に買わせるだろう。

唐松岳頂上山荘に到着!

唐松岳

唐松岳

小休止したあとは、ひたすら歩いて歩いてあっという間に唐松岳頂上山荘に到着した。八方池山荘から約2時間半くらいかな。山荘までは特に難所と言える場所もなく、登山初心者でも十分に歩けるルートだったと思う。

唐松岳

唐松岳頂上山荘から少し歩けば山頂だが、テント場が山荘から結構離れているため、まずは場所の確保が先決だと考えてテント場の受付を済ませた。

唐松岳

唐松岳頂上山荘ではテント泊でもトイレは山荘の中のトイレを使うことになるため、あまりに山荘から離れてしまうとトイレや売店を利用する際に大変な思いをすることになる。

幸い山荘に近い場所にテントを張るスペースを確保することができた。写真左下のテントが4つ張ってある箇所の右下に少しだけ見えるオレンジ色が僕のテント。

唐松岳

テントを張るためにザックの中身を取り出す。

唐松岳

今回もライペンのオニドーム1を持ってきた。広い室内と前室に全体の重量もそれなりに軽いため非常に気に入っている。

唐松岳

室内はこんな感じ。シュラフの下にはザックの背面に収納されている折りたたみのパッドを敷いている。それだけだと硬すぎるため、今回はシュラフの下ではなくシュラフの中に入れるタイプのエアマットを持ってきた。

オニドーム1は一人用のテントだが、睡眠スペースを奥にすれば入り口の手前側に広いスペースを確保することができる。前室も広く、靴やトレッキングポールを置いた状態でも十分な調理スペースを確保することができる。

唐松岳の山頂へ

唐松岳

テントを張ったあとは唐松岳山頂に向けて出発。

唐松岳

唐松岳

山頂までは登り20分、下り15分というお手軽ルート。あっという間に山頂に到着した。

唐松岳

山頂からはお隣の五竜岳や、いつか登りたい憧れの劒岳がよく見えた。

おもむろにスマホを取り出しポケモンGOを起動してみたら唐松岳山頂がポケストップになっていたw

しかしポケモンは1匹もいなかった。

唐松岳

白馬方面もバッチリ見える。いずれここから不帰ノ嶮を経て白馬へ抜ける縦走路を歩いてみたい。

唐松岳

唐松岳山頂付近からテント場を見てみると、山荘からいかに隔離されているかが分かると思う。僕は幸い山荘の近くにテントを張ることができたから良かったが、写真の最下部にいる人たちは、必要に駆られたときに無事にトイレにたどり着けるのだろうか?

山荘前とテント場でまどろみタイム

唐松岳

山頂での景色をしばし楽しんだあとは山荘に戻り、ビールとお菓子を購入。

しばらく休憩したのちテント場に戻った。

この日は天気が良く強い日差しから逃れられる場所はテントの中のみ。しかし、テントの中は蒸し風呂状態。しばらくの間はテントの外で太陽にジリジリと焼かれていた僕だったが、だんだん皮膚が痛くなってきたためテントに逃げ込んだ。

雲海に沈む唐松岳の日の入り

唐松岳

夕方になって徐々に陽が傾いてきた。

テント場の位置的に日の入りを見ることはできないため、ふたたび唐松岳に登るかどうか迷ったが、どうやら五竜岳へ向かう登山道を少し歩いたところで日の入りが見れそうだということがわかり、そちらへ移動してみることにした。

このくらいの時間になると、日中の暑さはどこへやらといった感じでとても寒い。

ダウンジャケットと手袋をテントに置いてきてしまったことを後悔した。

唐松岳

撮影ポイントまで移動してみると、眼下には見事な雲海が広がっていた。

唐松岳

 

風はやや強めで完全ではない防寒の状態で体は冷え切ってしまったが、こんな景色を見れるのであれば安いものである。

唐松岳

そしていよいよ日没。

唐松岳

写真だけ見れば海とも見間違えてしまうような見事な雲海のなかに太陽は沈んでいった。

やっぱり夜は寒い^^;

日没後はテントに戻り就寝。

当初の予定では、翌朝早朝にテントを撤収して隣山の五竜岳へ登るプチ縦走プランを予定していたが、初日のサービスエリアの仮眠など、色々と想定外の事態が重なっていたため、翌日の行程は翌朝に考えることにした。

テントに戻りシュラフに入った時はそれほど気にならなかった気温は、夜がふけていくとともに徐々に下がり、日付が変わるくらいの時間に寒さで目が覚めてしまった。結局、寒さ対策用に持ってきたエスケープヴィヴィをシュラフの上に被せ、ダウンジャケットを着込んで、ようやく眠れる体制に・・・。

その後はぐっすり眠れると思いきや、1時間おきくらいに目が覚めてしまい、ぐっすり快眠というわけにはいかなかった。

目が覚めるたびに時計をチェックし夜明けを待った。

-北アルプス 登山
-

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.