北アルプス 登山

北アルプスの立山に登るために長野県側から室堂まで移動

更新日:

扇沢駅から室堂まで移動

2017年8月27~28日で北アルプスの立山に登ってきた。

今年の夏は天気の良い週末が少なく、思うような登山ができなかった。そんな8月最後の週末に入れておいた休みが快晴になりそうだということで、北アルプスの立山に登ることに決めた。

土曜日の夜に自宅を出発し、扇沢駅そばの無料駐車場に到着したのが日付が変わる少し前。土日で立山に登る人たちが先に車を停めていることもあって、すでに駐車場は満車寸前。なんとかスペースを見つけ車を滑り込ませた。

扇沢駅までのアクセス

無料駐車場は扇沢駅に到着する直前の左側にあり、そこから先にある駐車場はすべて有料。

扇沢駅駐車場

画像:立山黒部アルペンルートより引用

  • 第1、第2駐車場 12時間 1,000円(以降12時間毎に1,000円加算)
  • 第3、第4駐車場 24時間 1,000円(以降24時間毎に1,000円加算)

扇沢駅から室堂までの移動方法

立山黒部アルペンルート

画像:立山黒部アルペンルートより引用

翌朝、車内出発の準備をして扇沢駅へ移動。長野県側から立山に入る場合は、扇沢駅から関電トロリーバス、黒部ケーブルカー、立山ロープウェイ、立山トロリーバスと4つの乗り物を乗り換えながら登山スタート地点の室堂を目指す。

車中泊までして扇沢駅まで来ているので、できるだけ早く室堂に行きたいところだが、残念ながら扇沢駅の始発は7時30分と遅い。限られた日だけもう少し早い便もあるようだが、それ以外は7時30分が始発で、乗り換えをスムーズにしていっても室堂に到着するのは9時前後となってしまう。

夜行バスなどを利用すれば室堂に朝の7時くらいに到着できるが、帰りのバスの時刻が昼の12時頃ととても早いため、今回は時間に融通のきくマイカーでの立山登山となった。

参考

 

登山のスタート地点の室堂まで

DSC_7889

長野県側から入る場合は4つの乗り物を乗り継いで、登山のスタート地点である室堂まで移動することになる。基本的に室堂まで乗り継ぎで長時間待たなくてもいいように時間設定さがされているため、降りたら次の乗り場へを繰り返していれば室堂まですんなり移動できる。

DSC_7891

ただし扇沢駅から室堂までの往復運賃が9,050円となかなかのお値段・・・。

関電トンネルトロリーバスで扇沢駅から黒部ダムまで移動

扇沢駅からは関電トンネルトロリーバスという電気のバスに乗って黒部ダムまで移動する。始発の7:30発のバスに乗るために改札口で待っていると、駅員さんらしき人がカートを引いてやってきて、並んでいる人たちの前で弁当の販売を始めた。この方のトークが非常に面白く、退屈な待ち時間が笑いの絶えない楽しい時間に変わった。

あとで調べてみたところ、どうやらこの方はナニコレ珍百景にも選ばれている扇沢駅の名物駅員さんのようだった。

DSC_7900

トロリーバスは出発してすぐにトンネルに入り黒部ダムへ向かう。

バスが走る関電トンネルは映画「黒部の太陽」の舞台にもなった場所で、車中のテレビで当時のエピソードなどが放映されていた。

黒部ケーブルカーで黒部湖から黒部平まで移動

黒部ダムに到着すると降車した乗客たちは、次の黒部ケーブルカーの出発場所である黒部湖駅まで足早に歩いていく。

DSC_7907

DSC_7913

ここでは黒部ダムの放水が行われており、ダムを一望できる展望台まで行ってじっくりダムを見たかったが、ケーブルカーの乗り継ぎ時間に間に合わなくなるため、迫力満点の放水をじっくり撮影することはできなかった。

立山ロープウェイで黒部平から大観峰まで移動

DSC_7926

DSC_7925

黒部平に到着すると立山ロープウェイまで若干時間があるため、建物屋上の展望台に移動して北アルプスの山々を眺めてきた。この日は天気が良く、遠くの山々がばっちり見えてあと少しで始まる登山への気持ちが高まった。

DSC_7934

しかし、展望台で景色を見ていたせいでロープウェイの列に並ぶのが遅れてしまい、良い場所に乗車することができなかった。この辺りから景色がどんどん綺麗になっていくため、ロープウェイは早めに列に並んで四隅の椅子を狙っていったほうが良さそうだ。

立山トンネルトロリーバスで大観峰から室堂へ

DSC_7940

ここまで来るとあと一息。

立山トンネルトロリーバスは、立山の真下を通るトンネルを走るバスで、一番最初に乗った関電トンネルトロリーバスよりも乗車時間はすごく短い。したがって乗車時の座席はそれほど気にする必要はない。

ほどなくして室堂に到着し、トイレと準備運動を済ませ、ようやく立山三山への登山がスタートした。

いざ立山三山へ!

DSC_7950

つづく。

-北アルプス 登山
-

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.