北アルプス 登山

嵐の夜を超えて穂高岳山荘から涸沢を経て上高地へ

投稿日:

嵐の夜を超えて穂高岳山荘から涸沢を経て上高地へ

前回「重太郎新道を歩いて前穂高岳と奥穂高岳に登り、穂高岳山荘にソロテント泊してきた」の続き

ほとんど眠れないまま寝ては起きてを繰り返しながら、午前3時くらいからテント内の片づけを始め、テントを撤収して日の出の時間よりも少し前に穂高岳山荘の前に移動した。

穂高岳山荘から見た朝の風景

DSC_0974

そろそろ太陽が顔を出す時間ではあったが、ご覧の通り日の出の方角には雲が出ており、ご来光は残念ながら見ることはできなかった。

DSC_1006

日の出前の時間からヘッドライトを点けて奥穂高岳方面へ登っていく登山者が多数いた。

僕も前日のリベンジのために登りたいなという気持ちはあるにはあったが、翌日は仕事だしこの日は早めに下山しようと考えていたため、晴れた奥穂高岳山頂は次の機会にしておくことにした。

上高地へ向けて下山開始

DSC_1020

5:30 日の出が見れないことが分かった段階で、穂高岳山荘を出発することにした。

この日はザイテングラートを下り、涸沢を経由して上高地へ下山する。ザイテングラートは滑落や落石などの事故が多発している場所で、死者が出る大きな事故も過去に発生しているため、それほど危ない箇所は無さそうだったが慎重に歩いた。

この感覚は前日に重太郎新道を歩いてきたからかもしれない。

ただ油断は禁物。

まだ登ってくる人は少なかったが、下山する登山者はそれなりにいるため、落石などで周囲に迷惑をかけないように注意しながら先へ進んだ。

ザイテングラートで見た朝日

DSC_1026

ザイテングラートを少し下ってきたところで雲の切れ間から太陽が見えた。

DSC_1030

背後には月が。

DSC_1036

危険個所はあっという間に通り過ぎ、パノラマ分岐から涸沢小屋方面へ向かう。

DSC_1040

途中ですれ違った老夫婦。

片手にポールを持って着の身着のままといった感じだが・・・。

DSC_1041

涸沢小屋の手前では綿毛のチングルマが群生していた。

DSC_1042

紅葉前のナナカマド。

涸沢小屋のテラスで朝食

DSC_1044

6:51 涸沢小屋に到着。

DSC_1045

自動販売機でコーラを買って、無印良品のバナナバウムで朝ご飯。

DSC_1046

しばらく休憩したのちに涸沢小屋を出発。

上高地までほぼノンストップで下山

DSC_1049

がんがん歩いて下山して・・・。

DSC_1062

横尾をスルーして徳沢でソフトクリームを食べて、あとは一気に上高地まで。

終盤は足に蓄積した疲労で歩くのが結構大変だったが、ケガやトラブルなどもなく無事にゴールすることができた。

最後に

登山を始めてからいつか歩きたいなと思いながら、なかなか実現させることができなかった重太郎新道から前穂高岳と奥穂高岳に登るコースを今回実現させることができた。

ただ、奥穂高岳山頂がガスってしまって展望がなかったため、次は2泊3日くらいの日程で、北穂高岳まで足を伸ばして涸沢でもう1泊くらいのプランで、じっくり穂高の山を楽しみたいと思う。

コースタイム:9月10日

穂高岳山荘 5:30 → ザイテングラート 6:10 → パノラマ分岐 6:31 → 涸沢小屋 6:51-7:12 → 涸沢

 7:20 → Sガレ 7:43 → 本谷橋 8:18 → 横尾 9:05 → 徳澤園 9:50 → 明神館 10:38 → 上高地バスターミナル 11:21

-北アルプス 登山
-, ,

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.