南アルプス 登山

北岳登山の晴れと雨 〜1泊2日のソロテント泊〜

更新日:

北岳 南アルプスの北岳に登ってきた。

北岳は富士山に次ぐ国内第2位の標高を誇る南アルプスの主峰。もともとは北岳、間ノ岳、農鳥岳の3つの山は白峰山と呼ばれていたようで、その後3つの峰に名前を付ける際に、一番北にあるから北岳と名付けたのだとか・・・。北にあるから北岳ってもうちょっと気の利いた名前なかったのかな?北にあるとか言っておきながら南アルプスだったりするわけで・・・。

芦安駐車場で車中泊

仕事を終えた金曜日の夜に家を出発し、山梨県の芦安駐車場へ。金曜日の夜に芦安の第2駐車場に車を停め、翌朝まで仮眠をとった。

今回登る北岳や、同じ南アルプスの仙丈ヶ岳や甲斐駒ケ岳もそうなのだが、マイカー規制により登山口の近くまで車で行くことができない。この辺りの山に登るには、芦安か奈良田の無料駐車場に車を停めて、早朝出発のバスか乗合タクシーを利用する必要がある。

朝の4時に起床し準備を始め、第2駐車場に発着している乗合いタクシーに乗車し5時過ぎに出発。北岳登山口の広河原まで移動した。

Untitled

1時間くらい車に揺られ到着するとすでに広河原インフォメーションセンターは混み合っていた。北岳はここから登山口までは徒歩で移動となるが、仙丈ヶ岳や甲斐駒ケ岳の場合はさらに乗り換えて移動する必要があるそうだ。

序盤の樹林帯

Untitled

広河原インフォメーションセンターの左を歩いていくと吊り橋があり、そのすぐ先に登山口がある。

登山届を提出し6:10スタート。

Untitled

しばらくの間は樹林帯を歩く。これまで幾つかの山に登って来たけれど、序盤からなかなか歩きづらい登山道だなあと思った。

Untitled

ただ淡々と登るのは辛すぎるため、時折休憩を兼ねてカメラで適当に写真を撮る。

途中長靴を履いたオジサン(僕もオジサンだが)が僕をひょいと追い抜いてどんどん登っていった。やはり慣れた人の身のこなしは違うなあと感心してしまった。 2時間ほど歩き、白根御池小屋に到着。ここで小休止。

Untitled

今日の目的地である北岳山頂が見える。まだまだ先は長い。

Untitled

白根御池小屋では南アルプス天然水が蛇口から出てくる。しかも無料。

普段コンビニでお金を払って購入している飲料が蛇口から出てくるというのは何とも不思議な気分だ。ただ、すでにザックのハイドレーションには昨夜コンビニで購入した南アルプス天然水が入っているため、ここは贅沢に蛇口から出る天然水で顔を洗ってうがいをした。

急登の草すべり

ここからが正念場。噂通りの急登。

Untitled

写真の中央辺りをひたすらジグザグに登っていく。足下は砂利や石があって、登山道のすべてが草に覆われているわけではない。

Untitled

Untitled

この辺りの登りは結構辛かったが、ふと視線を足下に向けると様々な植物が生息していてなんとも微笑ましい。登りが急という点を覗けばなかなか素敵なコースなのではないだろうか。

森林限界

Untitled

ようやく森林限界を抜け見晴らしの良い稜線へ。

山に登るからには目指すのは山頂なのだが、開けた景色を楽しみながらのんびり歩くのも山歩きの醍醐味のひとつだと思う。

この辺まで来ると山の色合いが若干秋めいていることに気付く。

Untitled

北岳に向かって右を向けば仙丈ヶ岳や甲斐駒ケ岳がばっちり見える。

Untitled

左を向けば標高第1位。やはり富士山の存在感はすごい。山に登っていて富士山が見えると嬉しくなるのは何でなんだろう。そして、富士山自体にはあまり登りたいと思わないのは何故なんだろう。 富士山は昨年初めて登ってからというものの、また登りたいとはあまり思わない山。

僕のなかでは富士山は登る山ではなく見る山なのかもしれない。

北岳肩ノ小屋

Untitled

10:52北岳肩ノ小屋に到着。

6時過ぎに出発したんで休憩込みで5時間弱ってところだろうか。もっとのんびり歩いて来ても良かったかもしれない。 現在色々と工事中らしく、あちこちに資材が置かれていた。

Untitled

僕はここで決断に迫られていた。

当初の予定では北岳肩ノ小屋を通過して、そのまま北岳山頂を目指し、その先の北岳山荘にテント泊する予定だった。そして翌日はテント場から空身で間ノ岳をピストンし、撤収して来た道を戻るというプラン。 肩ノ小屋に到着した時点で時刻は11時少し前。時間的余裕は十分にあったが、ここまでの間にだいぶ体力を消耗していたし、翌日の下山のことを考えるとちょっと北岳山荘まで移動するのは厳しいと判断し、ここでテント泊することに決めた。

Untitled

Untitled

テント場にはまだ誰もテントを張っていなかった。見晴らしの良さそうな平らな場所を選びサクッとテントを設営し、山頂アタックに向けて簡単な荷造り。

Untitled

テント場からの見晴らしは素晴らしいのだが、到着してテントを設営している間に雲がもくもくと増えていって富士山が徐々に隠れていってしまった。ちょっと嫌な予感が頭をよぎる。 ガスガスの山頂だけは勘弁なんで、急いで仕度をして北岳山頂を目指した。

山頂アタック

荷物を極限にまで減らして山頂へ。荷物を減らしすぎて、ちょっと涼しくなって来たなと思った時に着るものがなくて少し焦った。

Untitled

Untitled

背負って来た荷物をほぼテントに置いてきたおかげでサクサク登れる。

Untitled

山頂が見えてきた。

Untitled

視線を右に向けると北岳山荘とそこから間ノ岳へ伸びる稜線が目に入る。

あそこまで行きたかったし、あの先を歩きたかった。 次来るときは3日休みを取って白峰三山を縦走だ!そう思いながら頂上を目指した。

Untitled

Untitled

登頂!

昨年登った富士山に次ぐ標高第2位の北岳の頂きに立つことができた。この看板の向こう側はまだ雲も少なく見晴らしが良かったのだが、反対側の富士山はすでに雲に覆われてその姿は見えなくなっていた。

もしかしたらこれから徐々に天候が悪化してくるのかもしれない。天気予報も夜から明日の午前中にかけて雨が降るという予報だったし、長居は禁物かもしれない。 しばらく休憩してテント場に戻った。  

恐怖のテント泊

Untitled

肩ノ小屋で缶ビール2本とポテトチップスを購入し、テント場でのんびり休憩。

まだ時刻は13時を過ぎたばかりである。

山頂に向かう途中で見た北岳山荘とその先の風景を思い出しながら、もうちょっと頑張って先に向かうべきではなかったかと自問していたが、徐々に変化していく天候を目の当たりにしてこれで良かったのだと納得した。 しばらく休憩しているとあたりはガスで覆われ、テント場からの展望はほぼ無くなってしまった。

その後、テントで横になってゴロゴロ寝たり起きたりを繰り返し、夕方にアルファ米にカレーをかけて食べた。少し冷えてきたため寝袋に入って横になるとテントのフライシートにポツポツと雨が・・・。 頃合いだなと思い寝ることにした。

燕岳に登ったときのように、夜には雲が晴れて綺麗な星空が見ることができるかもしれないと少し期待していたのだが、雨はどんどん強く降るようになり、それに伴い風も徐々に強くなっていった。標高3,000mの悪天候下でのテント泊・・・僕は恐怖の未体験ゾーンへ突入した。

フライシートには雨が叩き付けられ、強く吹き付ける風はテントを大きく揺らす。僕はテントが吹っ飛ぶんじゃないかという恐怖で殆ど眠ることが出来なかった。

ふと気付くとテントの前室の反対側のフライシートがバタバタと音を立てている。どうやらペグが抜けてしまったようだ。朝までだいぶ時間があるし、放っておくわけにもいかないと思い、レインウエアを着込んでテントの外に・・・。新調したゴアテックスのレインウエアをまさかこのようなかたちで使う事になるなんて思いもよらなかった。

抜けたペグを元通りにし、簡単に抜けないように重りの石を多めに置いた。他のペグもチェックし同様に石を多めに置き、風に対する対策を施した。 再び寝袋に入り、何度も腕時計で時刻を確認しながら長い夜を過ごした。  

下山

天気予報では雨は降っても午前中までということだったから、運が良ければ朝には晴れるかもしれないと思っていたが朝になっても雨は止まなかった。

6時を過ぎると徐々に雨足が弱まってきたため、テントを急いで撤収し、6:20下山開始。

上下レインウエアを着ていたため、下山時の写真は殆ど無い。徐々に回復していく山の天気に複雑な感情を抱きつつ、疲れた体に鞭を打ち、ひたすら歩く。 ここ最近は下山時の足の踏み込み方に注意をしている。足が地面に着地する際の衝撃が膝に影響しないように、なるべくつま先から足を着けるように意識している。おかげで膝へのダメージの蓄積はかなり回避され、一時期は必ず発生していた膝の痛みが軽い違和感程度で済んでいる。

白根御池小屋までは下山のコースタイムより少し早めに歩いてこれたが、そこから先の樹林帯は足の疲れがピークに達し、踏ん張りが効かなくなってしまい一気にスピードダウン。

歩き方を改良したせいで、太ももやふくらはぎの筋肉への負担が増え、ゴール少し前でその疲労が一気に噴出した。ただこの手の疲労は体を休めれば回復するし、痛めた筋肉は更に強くなって次の山登りに役立ってくれるはずだ。

Untitled

ゴール

広河原に着いたのが10:30くらい。

乗り合いタクシーが10:20発だったんでそれに間に合わせたかったのだが間に合わなかった。次が11:50発だから1時間の足止めかと思いきや、ちょうど人数が揃ったからと臨時の乗り合いタクシーに乗ることができた。芦安駐車場までの1時間は殆ど寝ていた。

駐車場の目の前にある白峰会館の温泉で汗と汚れを落としてサクッと帰宅。中央道、圏央道、東名どこも渋滞せずスムーズに車を走らせることができた。

思いもよらない天気の変化に翻弄された1泊2日の旅ではあったけれど、北岳山頂までは天気にも恵まれ、気持ちのよい登山ができたと思う。 今回目的半ばに終わった北岳登山は、いつか白峰三山縦走でリベンジしたい。

そのためにはダイエットと日々のジョギングなどが必須かもしれない。より楽しい登山ができるようにもっと頑張らないとなー。

 

追記:2017.07.15~17で3年超しのリベンジを果たしました!

-南アルプス 登山
-

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.