おすすめのテント場

唐松岳頂上山荘のテント場は若干不便だがロケーションは最高

更新日:

唐松岳

初心者でも登りやすく、早朝に出発すれば日帰りも可能な唐松岳。

アクセスもよく見晴らしも素晴らしい唐松岳は、できれば日帰りではなく泊まりで訪れたい。ここから見える夕暮れや日の出は障害物が少ないため、天気が良ければ息を呑むような絶景を楽しむことができる。

唐松岳頂上山荘のテント場

唐松岳

唐松岳のすぐそばに立つ唐松岳頂上山荘のテント場は、ご覧の通り勾配のある斜面にテントサイトが点々と存在している。

早めに到着して良い場所を確保しないとかなり下の方に設営しなければならなくなる。

唐松岳

広々とした平坦な敷地にあるテント場とは異なるため、山小屋から離れた場所にテントを設営した場合はトイレに行くタイミングを見誤らないように気をつけよう。

  • 急斜面に25張程度
  • 利用料金:1日1人1,000円
  • 水:有料
  • トイレ:唐松岳頂上山荘内のトイレを使用

テント場に設営したテントはオニドーム1

唐松岳

唐松岳のテント場に設営したテントは、現在メインで使っているアライテントのオニドーム1。

設営が簡単で、前室もまあまあ広く、室内も1人で使うには十分な広さ。

唐松岳

重量もそれほどでもなく、コンパクトに収納できるため、写真のような32リットルの小型のバックパックでも1泊2日のテント泊であれば十分対応可能だ。

テント場を利用してみた感想

唐松岳

僕は運よく山荘から近い場所にテントを張ることができたが、斜面の下の方にテントを張ることになると、トイレに行くたびに斜面を上り下りする必要があり、不便に感じるかもしれない。

遅い時間の到着になってしまうと、山荘からかなり遠い場所に設営しなければならなくなるため、コースタイムを考えて早めの行動を心掛けたい。

唐松岳

この写真は唐松岳頂上山荘から五竜岳の方へ少し歩いた場所から撮影した夕暮れ。

唐松岳

雲海に沈んでいく太陽はとても綺麗だった。

唐松岳

そして朝。

唐松岳頂上山荘の裏手にある丘を登るとご来光が見える。

唐松岳は日帰りも可能だけど絶景を楽しむなら断然テント泊!

テント場や山荘周辺で見える絶景は日帰りでは味わえない素晴らしいものがあるので、唐松岳に登るのであれば是非とも1泊したうえで、のんびりと絶景を楽しんでほしい。

登山初心者を山の虜にするにはもってこいの場所だと思う。

登山用のテントを持っていない方は、別途記事を書いているので参考にしてほしい。

参考:登山用テントの選び方とお勧めのテント

唐松岳頂上山荘までのアクセス

唐松岳登山はゴンドラやリフトを乗り継いだ後の八方池山荘からヤマタイムのコースタイムで3時間30分ほど。早朝に出発すれば日帰りも可能で、危険箇所もほとんどないことから登山初心者でも楽しめる北アルプス入門の山と言える。

ただ北アルプスの中でも奥地のほうに位置しているため、関東地方から登りに行く場合はスタート地点にたどり着くまでに時間がかかる。

唐松岳登山は白馬八方尾根スキー場のゴンドラリフト乗り場を起点とするのが一般的。

ゴンドラ料金を節約したい場合はもう少し山を登った先にある黒菱第三リフトの駐車場を利用する。

黒菱第三リフトの駐車場は駐車スペースに限りがあるため、比較的早めに到着しないと駐車が難しいかもしれない。

関連:八方駅からのゴンドラやリフトなどの運営時間や料金など

僕が登った際の山行記録

-おすすめのテント場

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.