八ヶ岳 登山

八ヶ岳のツクモグサを探して赤岳から硫黄岳を日帰りで歩いてきました。

投稿日:

5月27日。

八ヶ岳に咲く高山植物のツクモグサが見頃を迎えたという情報をヤマレコで確認した僕は、土曜日の夜に自宅を出発し車を走らせて麓の赤岳山荘の駐車場を目指した。中央道から諏訪南インターまでは順調なドライブだったが、美濃戸から赤岳山荘までの悪路は相変わらず酷く、神経をすり減らしながら先へ進んだ。

ツクモグサは北海道と北アルプスの白馬岳と八ヶ岳の横岳周辺のみでしか生息していないレア度の高い高山植物で、絶滅危惧種に指定されている。どのような植物なのかは記事の先に掲載している写真を見てもらうとして、とにかくこのツクモグサというレアな高山植物のために遠路はるばる八ヶ岳の麓までやってきたのだ。

何とか無事に赤岳山荘駐車場にたどり着いた僕は翌日の早朝出発のために車内眠りについた。到着した時点ではそれほど気にならなかった寒さも、眠っている間に車内は冷え込み途中で目が覚めてしまった。車に積んであった毛布を体全体にかけて再度眠りについた。

DSCF2562

翌朝4時過ぎに目が覚め、諸々の準備を整えて5時前に赤岳山荘駐車場を出発した。今回は八ヶ岳の南沢コースから沢沿いを歩き、行者小屋で小休止した後に、文三郎道を歩いて赤岳に登り、そこからツクモグサの咲く横岳周辺を散策。その後は横岳山頂から硫黄岳山頂へ移動し、赤岳鉱泉方面へ下山していくというプラン。

苔むした南沢コースを歩き行者小屋へ

DSCF2571

南沢コースはスタートしてしばらく鬱蒼とした樹林帯の中を歩き、途中から沢を並行しながら高度を上げていく。この辺りは朝を迎えても標高の高い山が太陽を遮っているためか薄暗い。しばらくはこの苔むした鬱蒼とした静かな登山道を歩く。

DSCF2567

薄暗い樹林帯の足元にはホテイランが小さく遠慮がちに咲いていた。

DSCF2604

DSCF2612

その後、登山度は沢の脇を並行して続き、さらに登っていくと白河原に出る。ここからは水のない枯れた沢を登る。少し歩いたところで先行する登山者が脇道に入っていくところを目にした僕はその後をついていった。

DSCF2613

DSCF2617

白河原から右の脇道に入ると苔むした雰囲気のある樹林帯が広がっていた。白河原あたりから出てきた太陽が樹林帯の中にも陽を落としていた。

DSCF2622

潤いのある濃い緑、そしてそこに差し込む光、森の中に静かに広がっていく朝の雰囲気がたまらない。

樹林帯を抜けると再び白河原の登山道に合流し、少し歩くと行者小屋が見えてきた。行者小屋は6月に入ってからの営業開始ということで、テント場・トイレ・水場の利用のみが可能な状態だった。テント場には荷物を置いて山へ向かった無人と思われるテントや、下山のために撤収中の登山者など、それぞれの朝をすごしていた。

DSCF2625

僕はここでトイレを済ませ、赤岳山頂へ向けて文三郎道へ向かった。

文三郎道を登って赤岳山頂へ

DSCF2629

行者小屋を出てすぐのところにはまだ雪が残っていたが、アイゼンが必要な量ではなかった。

DSCF2630

DSCF2635

木々に囲まれた道をじわじわ登っていくと景色が徐々に開けてくる。文三郎道はひたすら階段を登っていく急登で、1段ごとの段差はそれほどないが斜度はなかなかのもの。

DSCF2640

DSCF2638

登っては休んでを繰り返しながらじわりじわりと高度を上げていく。なかなか足が進まず途中で後続に追い抜かれてしまったが焦る必要はない。まだまだ時間はたっぷりある。

DSCF2649

赤岳と阿弥陀岳の分岐から赤岳方面へ進む。

DSCF2651

この日は南アルプスはよく見えたが、富士山は残念ながら見えなかった。

DSCF2655

ザレた道をしばらく歩き、ゴツゴツした岩場を登ったところに赤岳山頂がある。

DSCF2659

赤岳山頂はそれほど広くはなく、平坦な場所がないため休憩するには不向きであるため、登頂の余韻を味わったところで赤岳頂上山荘へ移動した。

DSCF2674

赤岳頂上山荘でラーメンでも食べようかなと思って小屋に入ってスタッフの方に声をかけてみると、「いま掃除中なので食事はまだしばらく出せません」と言われてしまい食事は断念。小屋の外でフルグラサンダーをポリポリ食べ、いよいよツクモグサの群生する横岳周辺へ向かう。

ツクモグサ群生ゾーンに突入!そして横岳山頂へ

DSCF2689

赤岳頂上山荘から赤岳展望荘までザレた斜面を下り、そこから今度は横岳に向けて登り返す。横岳山頂に向かう途中の岩壁あたりがツクモグサの群生地だ。

DSCF2704

しばらく歩いたところでしゃがみこんで写真を撮影している人が目に入った。すると写真撮影している方のそばで立っていた男性から「ツクモグサ見ていってあげてください」と声をかけられた。どうやらツクモグサ群生地に到着したようだ。

DSCF2696

しゃがみこんでいる方に近づいてみると、ツクモグサがあちこちに生えていることが確認できた。足元にあるツクモグサは綺麗に咲いていた。

DSCF2726

DSCF2720

ツクモグサは日本では北海道、北アルプスの白馬岳周辺、そして八ヶ岳の横岳周辺の3ヵ所にしか生息していないらしく、希少性の高い高山植物であることから絶滅危惧種にも指定されている。そんなこともあって、この横岳ではツクモグサの群生地に登山者が入り込まないようにロープを張って保護している。

DSCF2716

ツクモグサは人目を避けるように岩壁よりに群生しており、なかなか距離を詰めて撮影することが難しかった。カメラのズームレンズの倍率がもっとあればなあと思う場面が多かった。

DSCF2739

撮影しながら先へ進むと、横岳山頂に辿り着いた。

DSCF2736

山頂からは歩いてきた赤岳方面、これから歩く硫黄岳方面がよく見えた。そして眼下には朝に休憩した行者小屋、これから向かう赤岳鉱泉などもよく見える。

DSCF2741

横岳山頂からは硫黄岳山荘へ向けて下っていく。ここまでずっと行動食しか食べていない僕は、そろそろ食事らしい食事を摂りたいと考えていた。「もう時間も時間だし、硫黄岳山荘に行けば何らかの食事を注文して食べることができるはず」そう思って空腹感を感じながら先を急いだ。

硫黄岳山荘で絶品のカレーライスを食す

DSCF2746

硫黄岳山荘に到着するなり小屋の中に入り、食事の注文ができるかを確認し、カレーライスとコーラを注文した。冷蔵庫から出した冷えたコーラを飲みながらカレーライスが出来上がるのを待った。

DSCF2744

硫黄岳山荘のカレーライス。

スプーンの通りの良いサラリとしたカレーではなく、ねっとりどろりとした密度の高そうなルーだった。味はスパイスが効いていてピリリと辛め。同じテーブルで食べていたご夫婦の奥さんは「あー辛い、もういいわ」といって少しだけ残していた。

そこまで辛くはないだろうと思ったが、確かに普段から甘口や中辛などを食べている方には辛く感じるかもしれない。ただこのカレーは僕好みの味で、腹ペコだったことも影響してかあっという間に平らげてしまった。

その後、空いた食器を下げてもらう時に「このカレーすごく美味しかったんですけどオリジナルですか?」と聞いたところ「そうですよ。でも調理する人の気まぐれの味付けなので毎日同じカレーじゃないんです。」と教えてくれた。

食後は同席していたご夫婦と今日の朝からの行程やこの後のことなどをお話した。僕より先に休憩していたご夫婦は「それではお先に。でも途中で追い抜かれちゃうかもね。」といって硫黄岳山荘を出て行った。

食後は小屋の中ですこしまどろんで、出発前にトイレを借りることにした。

硫黄岳山荘のトイレは数年前に時計回りで硫黄岳・横岳・赤岳と歩いた際に利用して、とても綺麗な印象を持っていた。そんな硫黄岳山荘のトイレだから安心して利用できると思って中に入ったところ、洋式トイレが水洗になっていてしかもウォシュレット付に進化していた。

これまで色々な山小屋でトイレを使ってきたけど水洗でウォシュレット付というのは初めてだった。しかも手入れが行き届いていてすごく綺麗。トイレットペーパーは他の山小屋と同様に処分の関係で足元のダンボール箱に捨てる仕組みにはなっているものの、ここまで綺麗で使いやすいトイレは初めてだと思い感動してしまった。

カレーライスの後にこんな話を書くのはどうかと思ったが、硫黄岳山荘を語る時にはカレーライスとトイレは外せないという事実は小屋を利用した人であれば理解してもらえるはずである。

DSCF2747

硫黄岳山荘でカレーライスとコーラを胃に流し込み、体力ゲージが大幅に回復した僕は最期のピークである硫黄岳山頂を目指して出発した。とは言ってもそこまで気張る必要はなく、硫黄岳山荘からなだらかな登りを少し歩けばあっという間に山頂に到着する。

DSCF2754

のっぺりとした山頂は写真で見れば何となく「ここが山頂だな」というのが分かるが、実際にこの場に立つと山の頂上らしき場所がイマイチ認識しづらい。硫黄岳周辺に大きなケルンが何個も設置されているのは、なだらかな山頂で目印らしい目印がなく、ガスで遠くまで見渡すことができなくなった時に道迷いを防ぐためだと言われている。

DSCF2751

硫黄岳の爆裂火口。

硫黄岳は赤岳方面から見ると丸みを帯びたなだらかな山に見えるが、その反対側は火山の噴火によって山の一部が吹き飛んでしまっている。えぐれるように吹き飛んだ火口は断崖絶壁になっており非常に危険だ。足元には「これ以上先は危険です」と言わんばかりにロープが張り巡らされているが、ガスや暴風雨などで視界が遮られた時にここに足を踏み入れてしまったらと思うと・・・。

赤岳鉱泉へ向けて下山

DSCF2758

硫黄岳山荘でたっぷり休憩した僕は、硫黄岳山頂では休憩せずに赤岳鉱泉へ向けて下山することにした。

DSCF2760

硫黄岳山頂で昼寝中のハイカー。

DSCF2762

赤岳鉱泉へ向けて歩き出してすぐのところで、登山者がすれ違いざまに僕の右後方を指さして「×××」と聞き取れない言葉で話しかけてきた。「はい?」と聞き返すと「カモシカがいますよ」と教えてくれた。

振り返ってみるとカモシカがこちらをじっと見つめていた。

この辺りにカモシカがいるのは他の登山者のブログなどで知ってはいたものの、まさかここで出会えるとは思ってもいなかった。カメラを向けてしばらく撮影している間もカモシカは大人しくじっとこちらに視線を向けてくれた。

しばらくすると飽きてしまったのか、岩の向こう側にひょいと体を移動させて見えなくなってしまった。

DSCF2768

その後、硫黄岳山荘でお会いした夫婦の方を途中で追い越し、樹林帯の中を黙々と下っていく。

DSCF2769

そして赤岳鉱泉へ到着。

この時点で14:30くらい。このまま下山しても何ら問題のない時間ではあったが、翌日も仕事を休んでいたためテントで泊っていくという選択肢もある。(そのためにテント泊装備でここまできたので)

小屋の中に入って本日の晩御飯について書かれた黒板を見ると「ステーキ」と書かれていた。そう、赤岳鉱泉では晩御飯にステーキを食べることができるのだ。今回の登山では、もし赤岳鉱泉の晩御飯がステーキだったらテント泊していこうと決めていた。つまり「ここをキャンプ地とする」となるはずだったのだが・・・。

テントを張る場所があるかを確認するために小屋を出て周囲を見渡したところ、大学生の登山部らしき集団が結構な大人数でワイワイやっているのが目に入ってきた。僕は数年前にここにテント泊した際に、夜遅くまでテント内でガヤガヤ騒ぐ集団に悩まされなかなか寝付けなかった思い出があった。

今回目についた集団もその時と同じような雰囲気で、すでに楽しそうにワイワイガヤガヤとやっている。彼らがその時の集団のような常識はずれな人間であるとは限らないが、もしそうだったらテントでここに泊まるのはどうかな・・・という思いが強くなってきた。

小屋でペプシコーラを買って小屋の外で飲みながらしばらく考えた結果、ステーキは諦めてこのまま下山することに決めた。

テント泊とステーキは諦めて赤岳山荘へ向けて下山

DSCF2771

赤岳鉱泉から登山口の赤岳山荘までの北沢コースは比較的なだらかな下りになっていて、1日中行動して疲れ切っている足には割と優しいルートになっている。

DSCF2773

しばらく沢沿いを歩き、林道に入ってからは何の変化もない道をただただ黙々と歩く。できることなら走って時間を短縮したいところだが、もうそういう体力は残されていなかった。

変化のない退屈な林道をひたすら歩き、ようやく車を停めてある赤岳山荘の駐車場に到着した。

時刻は15時30分を過ぎていた。

その後は中央道の結構ハード目な渋滞に巻き込まれ、途中で仮眠をしたり休憩したりを繰り返しながらジワジワと自宅に向けて車を進めた。僕は中央道の赤く光る車のテールランプを見ながら「この渋滞を抜けるための運転と、赤岳鉱泉のテント場で若者たちの騒ぎに耐えるのと果たしてどちらが楽だっただろう?」と自問していた。

中央道から圏央道に入り、東名高速を経て横浜の自宅に到着したのは22時過ぎくらいだった。

赤岳鉱泉でステーキを食べておけば良かったかな?

-八ヶ岳 登山

Copyright© 1192ch , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.