国内旅行

築地で食べる朝ごはん

更新日:

せっかく仕事が休みなのに家でゴロゴロして1日が終了。 みたいなケースが最近続いていた。そろそろこの勿体無い時間の使い方を改めようと思い、今後は休みの日は「まあいつでも行けるから」と言ってなかなか行かない場所に積極的に出向くことに決めた。

朝の築地市場へ

起床時間は朝の5時。朝の6時過ぎの電車に乗って向かった先は、築地市場。横須賀線で新橋まで移動して、そこから徒歩で築地市場に向かった。新橋駅前からバスが出ているのだが、時間が合わなかったため、歩いて向かうことにした。 新橋から15分くらいかな。

Untitled

到着は朝の7時頃。

築地市場の正面入口が見えてくると、見慣れない乗り物(ターレット・トラック)に乗った男たちが荷物を載せて走り回っていた。 えーと、どこから入ればいいのかな?なんて考えてしまうくらいよく分からない。観光で来ているらしき人たちの後に続いて場内に入った。

Untitled

一応観光スポットであるはずなのだが、そんな気配は微塵もなく、市場内は忙しそうに大勢の男たちが動き回っていた。とにかくターレット・トラックがそこらじゅう走り回っていて結構危ない。

Untitled

Untitled

朝ごはんの店選びしかリサーチしてこなかったため、見所も分からぬまま、市場内を歩いた。本業の方々がせわしなく動き回っているなか恐る恐るウロウロと。

Untitled

市場内では色んな魚貝類が売られていて、仕入れに来た業者らしき人や、一般客、外国人などで賑わっていた。

Untitled

市場内を軽く見て回った後に、朝食を食べることにした。

Untitled

「かとう」で刺身定食を食べる

築地に来たら寿司!ということになっているらしく、人気の寿司屋の前は朝から一般客が並んでいた。僕はネットで調べた結果、「かとう」という定食屋で刺身定食を食べることに決めていた。

Untitled

店内はすべてカウンターのコンパクトな造りで、僕が入った時は空席が2席くらいだった。誰かが退店しても入れ替わりに別の人が入ってくるといった感じで、なかなかの回転率だなと思った。

Untitled

Untitled

しばらく待つと目当ての刺身定食が運ばれてきた。1,350円はまあまあの値段だけど、結構ボリュームがあって、刺身もとても美味しくて、満足のいく朝食になった。

店に入った瞬間、店員さんに「ノースピークイングリッシュ!」と言われた外国人夫婦が「ニホンゴスコシハナセマース」と返答していてちょっと面白かった。 今回は事前準備ゼロで突撃したため、市場内をそそくさと移動しただけで終わってしまった。食事も美味しく、早起きして行く甲斐のある場所だけに、次回は事前の下調べをしっかりやってから行きたいと思った。

-国内旅行

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.