国内旅行

青春18きっぷで京都一人旅 初日

更新日:

Untitled

そうだ 京都、行こう。

特に予定も無い金曜日からの3連休。前日の夜、何をしようか考えながらテレビをつけたらケンミンショーで京都を特集していた。番組で特に印象深かったのは、京都の人たちはとにかくパンが大好きで、しょっちゅうパンを食べているとのことだった。

なかでも京都内に複数の店舗をかまえる志津屋のカルネというパンが美味しいらしく、番組のゲストである京都出身芸能人の方々が口を揃えて絶賛していた。

そこまで言われると食べてみたい。 僕の財布の中には先日購入した青春18きっぷが入っており、翌日からは3連休。僕は番組終了後にジョルダンの18きっぷ経路検索で京都までの各駅停車のルートを調べ、京都駅の近くに格安で宿泊できる宿を探し出し予約した。 こうして夜の9時過ぎに僕の京都行きが決まった。

人生3回目の京都

京都に行くのは今回で3回目。はじめての京都は中学校の修学旅行で、2回目は仕事の関係で数時間ほどの滞在だった。というわけで、まともに観光したのが20年前であるため、実際に見聞きした京都の記憶はもう殆ど残っていない。僕が持っている京都に関する情報は、全てテレビや雑誌などによって得たものということになる。 回数で言えば3回目になるのだが、実際は初めての京都旅行と言ってもいい。  

青春18きっぷを使って京都まで

朝の5時に家を出発し、最寄り駅から各駅停車で京都に向かう。

僕の住んでいる場所についてここには詳しく記さないが、横浜市内とだけ書いておく。横浜市内から東海道線に乗り、小田原・熱海・浜松・豊橋・大垣・米原と各駅停車を乗り継いで京都まで約8時間ほどの電車の旅。

熱海から浜松に向かう途中で、先行する電車が鹿と衝突してしまったらしく、その関係でしばらく足止めを食らい、乗り継ぎをひとつ遅らせることになってしまったが、14時前には京都駅に到着することができた。 さてどこに行こう・・・ 旅の行程はたっぷりある移動時間で、と考えていたのだが電車での移動時間の殆どを睡眠で費やしてしまい、ほぼノープラン状態で京都駅に到着した。  

京都駅から徒歩で清水寺へ

市バスに乗れば220円ですんなり移動できたのに、何を血迷ったのか徒歩で清水寺まで歩くことに・・・。荷物の一部をコインロッカーに入れて、京都駅から清水寺まで徒歩で移動した。昼過ぎの炎天下のもと、汗だくになりながら・・・。

旅先では交通機関を徹底的に調べておく必要があるということをようやく学んだ。

Untitled

金曜日の真っ昼間。京都駅から存分に紫外線を浴びながら清水寺に到着。

Untitled

清水寺といえばこの角度から。

Untitled

空はもっと青々としていたはずなのだが、これはたぶん僕のカメラの腕前の問題なのだろう。

Untitled

地主神社は縁結びゾーン。若い女性たちやカップルがキャッキャウフフフしている非常に居心地の悪い神社だった。

Untitled

みすず学苑を思い出した。怒濤のご利益地主神社、怒濤のご利益地主神社・・・。

Untitled

次の目的地は特に決まっていなかったが、とりあえず八坂神社方面へ向かうことにした。

Untitled

Untitled

売物件の看板のせいで雰囲気が台無し。

Untitled

途中、圓徳院で休憩。外国人のお兄さんが庭掃除したりして働いていた。

Untitled

八坂神社に到着。全国の八坂神社の親分格らしい。確かに規模がでかかった。・・・が歩き疲れて大した感動はなかった。

Untitled

時刻は夕方。僕たちは祇園方面へ向かった。羨ましいぜ!

志津屋発見!

歩き疲れた僕はどこかで休憩したかった。腹も減っていたし。八坂神社を出てすぐの場所に志津屋を発見した。今回僕が京都に来るキッカケを作ったパン屋さんだ。

京都まで来てパン屋に入るのか?と一瞬迷ったが、とにかく疲れていたし外はまだ暑かったため、とりあえず店内に入った。すぐさま目的のパンを探すが既に売り切れてしまったようだ。陳列されているパンも種類が少なく、これといったパンが無い。

ただ非常に疲れていたため、とりあえずドリンクだけでも頼んで休憩しよう・・・そう思っていたのに、がっつり食べてしまった。

Untitled

ご覧の通り、食器がスプーンしか無かったため、京都ではサラダをスプーンで食べるのか?とあせったが、どう考えてもそれは違うだろうという考えに至り、店員にフォークありませんか?と声をかけると申し訳無さそうに持って来てくれた。  

舞子さんはどこに?

休憩後は舞子さんとの出会いを求めて、白川周辺から鴨川周辺をうろうろと歩いてみたが、それらしい人に遭遇することはなかった。

Untitled

鴨川周辺の飲食店はこのように川沿いに立地しており、非常に風情があってよろしい感じであったが、一人で店に入る勇気を絞り出すことができず、ホテルに戻ることにした。  

京都駅前の日本館にチェックイン

日本館は京都駅から徒歩3〜5分の好立地でありながら、1泊5,000円(食事無し)というなかなかのお値段の宿を、前日に予約できるのは一人旅向けの宿だからかもしれない。

残念ながら近くにコンビニが無いため、駅前でビールと軽食を購入しチェックインした。

Untitled

写真は到着後すぐに撮影したもの。夜に撮影すると不気味さが増すかなと思い、事前に撮影しておいた。値段相応の宿といった感じではあるが、思っていたよりも良かった。

Untitled

部屋はこんな感じ。トイレや風呂は共用。テレビは液晶で綺麗だし、貴重品を入れる金庫もある。残念だったのは冷蔵庫が無いことだった。風呂は夜11時までで、朝はシャワー室(7時から)のみ。

宿の従業員の方々は無愛想だが、留守中の部屋の整理もしっかりなされていて、やることはしっかりやってくださる感じ。

ビールを飲みながらオリンピックを見ていたら、電気を付けたまま寝落ちしていた。   午前中は座り続け、午後は歩き続け、初日からくたくたになってしまった。  

 

青春18きっぷで京都一人旅

-国内旅行

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.