国内旅行

秋の熊野古道 小辺路を歩く 前泊編

更新日:

高野山 夏休みがだいぶ遅れてしまった。夏休みというよりも秋休みだ。

最近山登りに興味がある僕は、今年の夏休みは立山に登りたいと思っていたのだが、夏休みがずれ込んでしまったことにより、素人でも登れる時期を過ぎてしまった。

11月に入るとそれなりの山は雪が降って登山が難しくなってしまう。かといってせっかくの連休を日帰りでも登れる山に登って消化するのも勿体ない。どこか面白そうなところはないだろうか?そう思って書店の山雑誌を色々と物色していた。

熊野古道

ある雑誌に熊野古道を縦走するという記事を見つけた。

熊野古道と言えば世界遺産であるということは知ってはいただが「ただの道」というイメージしかなかった。この雑誌の記事は中辺路(なかへち)というルートをテントや民宿を利用して縦走するというもので、なかなか面白そうなルートだった。

自宅に帰り、熊野古道について調べてみると、どうやら熊野古道には幾つかルートがあるらしい。色々と調べているうちに、小辺路(こへち)が距離も短く峠越えもあり、2〜3泊くらいでゴールできるということが分かった。

小辺路(wikipedia) 小辺路は弘法大師によって開かれた密教の聖地である高野山と、熊野三山の一角である熊野本宮大社とを結ぶ道である。熊野古道の中では、起点から熊野本宮大社までを最短距離(約70キロメートル)で結び、奥高野から果無山脈にかけての紀伊山地西部の東西方向に走向する地質構造を縦断してゆく。そのため、大峯奥駈道を除けば最も厳しいルートである。

大峯奥駈道を除けば最も厳しいルート・・・。 距離は最短ではあるが、峠を幾つか超えなければならず、なかなか歩き応えのあるルートのようだ。実際に歩いた方のブログなどを拝見したところ、高野山に前泊して翌朝スタートすれば2泊で何とかゴールできそうだということが分かった。  

旅の計画

そこで僕は次のように旅のプランを「ざっくり」立てた。

  • 前泊:横浜から高野山へ→高野山観光・宿坊宿泊
  • 初日:高野山をスタートし伯母子峠の避難小屋で宿泊
  • 2日目:伯母子峠の避難小屋をスタートし十津川温泉で宿泊
  • 3日目:十津川温泉をスタートし熊野本宮大社でゴール

インターネットで調べたところ、2泊3日で小辺路を歩く一般的なルートのようだ。テント泊の可能性が常にあるため、テントとそれらに関する用具をAmazonから早急に調達し、旅立ちに備えた。  

横浜から高野山駅まで

自宅の横浜を出発し、新横浜から新幹線で新大阪まで、その後大阪市内を各種鉄道を乗り継ぎ、極楽橋駅からは南海高野山ケーブルで高野山駅まで。

Untitled

高野山駅からは今回宿泊する金剛三昧院の近くまでバスで移動。 外国人観光客もちらほら。こんな山奥まで観光しにくるなんて。  

金剛三昧院の宿坊

Untitled

Untitled

小辺路のスタート地点のすぐそばの金剛三昧院の宿坊にチェックインし、荷物を置いて高野山周辺を散策することに。  

高野山の奥の院を散策

Untitled

Untitled

Untitled

高野山といえば日本仏教の聖地と言われている奥の院。平日だというのに観光客が結構いた。11月2日からの3連休ではもっと混み合うのだろうか。

奥の院の参道に入った瞬間に何となく空気が変わったような印象を受けた。参道には様々な人物の墓碑や供養塔があって、有名な武将などの名前も多く目にすることができる。中には「しろありやすらかにねむれ」という「しろあり対策協会」による供養塔などもあり、うーむ・・・と思える墓碑や供養塔もちらほら。  

高野山金剛峯寺

Untitled

とりあえず奥の院だけはと思って参拝してきたが、まだ夕食まで少し時間があったため、金剛峰寺周辺を散策してきた。

Untitled

壇上伽羅の根本大塔。デカイ・・・。

高野山の紅葉

Untitled

Untitled

Untitled

高野山周辺の木々はどこも色付いて綺麗だった。 17時30分からの夕食(早い)のため金剛三味院に戻った。  

宿坊で食べる精進料理

Untitled

こちらが精進料理。

魚や肉を一切使わない料理であるため、若干物足りなさはあったものの、どれも美味しかった。ビールは事前に頼んでおくと別料金で持って来てくれるし、廊下にも自動販売機で購入することができた。お酒は大丈夫なんだw

おひつに入った沢山のご飯を、おかずと共にすべて平らげ、ビールを飲み、デザートのメロンを食べた。 精進料理は魚や肉を使わない質素なものだが、毎日この量を食べていたら間違いなく太るだろう。普段食する以上の大量の夕飯を食べ、一息ついた段階で僕は思った。

夜10時までの風呂の時間は寝落ちして逃してしまい、数日間風呂に入れない自体に陥ることに・・・。 翌朝の出発に備え、きちんと布団に入り直し、電気を消して寝ることに。  

-国内旅行

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.