カンボジア

どんよりアンコール・ワットで雨に打たれる

更新日:

観光初日のラストはアンコール・ワット。

僕が今回カンボジアに旅する事に決めたのはこのアンコール・ワットが見たかったから。こんな凄い建物が12世紀初頭に建てられ、今なお現存しているなんて素敵すぎる!

午前中にパラパラ降っていた雨が、アンコール・ワットに到着したころにはかなり強い降りになっていた。空もどんよりしていて少々残念な雰囲気。 雨に打たれながら長い参道を歩き、少しずつ中心部へ近づいて行く。

現在西塔門テラスは絶賛修復中でグリーンのビニールシートがびっしりと張り巡らされており、写真を撮るには少々残念な状態。でも、これからもアンコール・ワットがアンコール・ワットであるために必要な修復なのだろうから仕方が無い。

ヴィシュヌ神。

残念な天気だけど遺跡は多少濡れていたほうが雰囲気があっていいと思う。デバターも雨に濡れることで、色の明暗や彫刻の凹凸が強調されて非常に美しい。

午後のアンコール・ワットはとても混雑していた。

アンコール・トムもそうだったけど、壁のレリーフは色々な時代背景や物語が見ることができるので楽しい。事前に予習しておくか、ガイドの説明が無いと面白みは半減すると思う。アンコール・ワットのレリーフは他の遺跡とは質も量も圧倒していた。

森本右近太夫の墨筆。寛永9年(1632年)の 正月に書かれたものらしい。

そんな大昔にアンコール・ワットに日本人が来ていたなんて凄い。漢字で書かれた文字らしきものは分かったけれど、書かれている文字の意味は分からなかった。

少々急な階段を上って第三回廊へ。理由はよく分からなかったけれど、ここからは傘と帽子はダメだよとガイドに言われた。

第三回廊はデバターを至近距離で堪能する事が出来る。数も結構あって色々と眺めていたら時間があっという間に過ぎてしまった。  

   

天気が良ければ水面にアンコールワットの建物が綺麗に写り込むのだが、あいにくの雨。ガイドの熱心な説明に聞き入りすぎて、念願の場所だったのに写真をあまり撮影できなかった。次は乾季に来て青空の下の遺跡群を撮りまくろうとアンコール・ワットを背に誓ったのであった。

観光初日の遺跡巡りはこれで終わり。このまま宿に戻って晩ご飯を食べようと思っていたのだが・・・。

 

クメールの伝統アプサラダンスを見ながら晩御飯へ続く

-カンボジア

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.