カンボジア

アンコール・ワットの大回りコースでプリア・カン、タ・ソム、東メボン、プレ・ループへ

更新日:

Untitled

アンコール・ワットの周辺にある各種遺跡を回る大回りコースをチョイスした。

この日は宿のロビーにいたら偶然同じコースを予定している人と遭遇。せっかくなので一緒に行きましょうという話になり彼の手配していたトゥクトゥクをシェアさせていただくことに。

プリア・カン

プリア・カンは「聖なる剣」という意味があるらしく、ジャヤヴァルマン七世がチャンバ軍との戦いに勝ったことを記念して建てられたのだとか。ちなみにこの遺跡は仏教を学ぶための場でもあったらしい。

雨の影響で中央の通路は泥で非常に滑りやすくなっていた。

東塔門の左側の壁には巨大なガルーダのレリーフが。

珍しい二階建てのこの建物は図書館だったという説があるようだ。

この建物はガイドブックに載っていなかった。

なんか凄い木があったので撮ってもらった。手前の折れた木の幹は死んでいるようだけど、その上に乗っかるようにして生えている木は今も元気に育っているようだった。  

タ・ソム

タ・ソムは僧院だったようで、僧たちの住まいの痕跡が見られるのだとか。

タ・ソムの壁に彫られたデバターは耳たぶや髪の毛を持っていたり表情もポーズも豊かで面白い。

バイヨンで見た四面塔がここにもあった。

タ・ソムに行ったら撮ろうと思っていたリエップという木に覆い尽くされている東塔門をすっかり忘れてしまった。

タ・ソムから東メボンに移動する途中で、シェムリアップ川から水が溢れて道路が冠水している場面に遭遇した。ちなみに写真の車はちょうど橋を渡ろうとしているところである。川と道路の境目がまったく分からなくなってしまっている。僕が撮影した周囲には進む事を躊躇している車やバイクが数台あった。これは先に進めないな・・・と思っていたら、僕たちのトゥクトゥクのドライバーはおもむろにゴムホースを取り出すとバイクのマフラーに差し込んだ。水がマフラーに入らないようにするための対策のようだった。

そして水浸しの道を僕たちの載ったトゥクトゥクは水しぶきを上げながら突っ切った。ドライバーの思い切りの良さに僕たちは笑ってしまった。  

東メボン

東メボンは東バライという貯水池の中心部に位置した遺跡。東バライは東西約7キロ、南北約1.8キロの大きな貯水池だったらしい。

正直なところ、数日かけて遺跡巡りをしていると、どこに行っても石やレンガで違いが分からなくなってくる。    

プレ・ループ

プレ・ループは「神の姿」という言葉に由来しているのだとか。東メボンと似た遺跡だけど、こちらは規模が大きい。

遺跡からの眺めもなかなか良い。

中央にある石槽で死者を荼毘に付し、火葬の儀式が行われていたらしい。この角度で分かると思うが、この遺跡の階段は結構急で登るのが大変だった。

本当はこの後に東洋のモナリザと呼び声の高いレリーフを持つバンテアイ・スレイに行きたかったのだが、観光最終日で時間が微妙だった事と、雨による冠水なども懸念されていたため、今回はパスすることにした。

プノン・バケンでの夕日は次回に持ち越しへ続く

-カンボジア

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.