カンボジア

世界遺産のアンコールワット遺跡群を見に雨季のカンボジアまで

更新日:

9月22日から3泊5日でアンコールワットの遺跡群を見るためにカンボジアに旅行してきた。

人生初の海外旅行を一人旅で。

カンボジアはご存知の通り、治安が良くなってからまだそれほど年月が経っていない。

外務省の海外安全ホームページ上では、今回の旅先であるカンボジアのシェムリアップ周辺は、「十分注意してください。」(継続)と書かれている。

カンボジア王国はそれほど遠くない過去に色々な事があって、有名な観光地ではあるけれど、とても貧しい国で現地人の生活環境や衛生状況はあまり良くない。ちょっと前まではそこらじゅうに地雷が埋まっていたようだし、今もなお市外や遠方の観光地化されてない場所には地雷が残っていると言われている。

まあ平和な日本と違って、外国はどこだって少なからずそういう側面はあるだろう。

そんなことよりも僕が心配だったのは飛行機の乗り継ぎや、シェムリアップ空港に到着後の現地での入国用のビザ申請(事前に取るのを忘れてしまったため)、はたまた言葉の問題(日本語以外全く話せない)だった。 僕がとったチケットはベトナム航空という海外の航空会社だったから、成田を出発する飛行機に乗り込んだ段階で日本の言語から隔離されてしまうと思っていた。でもそんなことはなくて、日本人のCAもいたし、隣の座席には僕と同じ一人旅の日本人女性が座った。

考えてみれば日本から出発する飛行機なのだから搭乗するのは殆ど日本人なのだ。ハノイからの乗り換え便もきっと同じだろう。そう思ったら当初の心配は吹き飛んだ。

機内での心配も杞憂に終わり、隣の女性と色々お喋りしながら機内食をむしゃむしゃ食べた。洋食が食べたかったけれど、品切れなのか何なのか和食しかなかった。

ほどなくしてハノイに到着し、僕の隣に座っていた女性はひとつ早い便でシェムリアップに飛び立った。

「どこかの遺跡でまた会えるといいですね」なんてお互い話していたが、彼女とは結局それきりだった。残念。 飛行機の出発時間が近づいても一向に搭乗開始の様子が伺えない。どうやら飛行機が遅延しているようだった。結局バスで飛行機まで移動して、20分くらい遅れてハノイを飛び立った。

ハノイからシェムリアップはあっという間だから、機内食を食べつつ、入出国のカードと税関用のカードを地球の歩き方に書かれている見本を見ながらボールペンで記入した。

20分遅れのフライトだったけど到着時間は予定通り夜7時前だった。空港に入ってすぐ左にあるカウンターでカンボジアのビザを申請した。6、7人位がずらっと並んだカウンターで僕のパスポートと顔写真、ビザの申請用紙が流れ作業で左から右へ流れて行く。

こんなに人が必要なのだろうかと思える光景だった。

ビザの申請や入国の手続き、荷物の検査などが終わって、スーツケースをピックアップして空港を出た。事前に手配してあった宿泊先からのお迎えが僕の名前の書かれたプレートを持って既に待ち構えていた。

お迎えのトゥクトゥクに乗り込んで宿泊先のリラックス&リゾート・アンコール G.H.まで送り届けてもらった。宿にチェックインして明日以降の予定をホテルのスタッフさんとお話しして、ハンモックカフェで晩ご飯を頂いた。この宿はゲストハウスだからホテルのような綺麗さは無いけれど、1泊2食付きで9ドルと非常に安い。1日の殆どを遺跡巡りに費やすわけだから、宿は最低限の装備が整ってさえいればいい。

次の日からの遺跡巡りにワクワクしながら眠りについた。

 

アンコール・トム、バイヨン寺院とその周辺 へ続く

-カンボジア

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.