上海

LCCの春秋航空で行く上海一人旅 旅の準備

更新日:

上海への旅が近づいてきた。

旅の計画は立てていないし、荷物の準備もまだ・・・。

そろそろ真剣に旅の計画を立てないとグダグダになりかねない。文章に起こす事で新たな気付きや発見があるかもしれない。 ちょっと書いてみよう。

春秋航空について

今回僕が利用する春秋航空は、茨城・高松・佐賀と上海をそれぞれ往復しているLCC(格安航空会社)だ。

片道5,000円(燃料サーチャージ含まず)という安さが売りの航空会社で、全部込みで2万円前後で上海を往復できる。茨城空港へは東京駅からシャトルバスが出ており、 空港利用社は片道500円で利用する事ができる。

春秋航空の飛行機が茨城空港を出発するのが13時20分。 だいたい2時間くらい前までにチェックインしておいたほうが無難であるため、 それに合わせて東京駅発のシャトルバスを予約した。

宿について

宿は可能であれば日本語が通じるホテルが良かったのだが、なかなか手頃な値段の宿が見つからなかったため、価格と立地重視で選んだ。僕は日本語以外はまったく駄目だけど、中国語の本を持って行けば何とかなるだろうと思っている。

宿の場所は上海市内の外灘と南京東路の近く。地下鉄の駅にも近いため、観光の起点とするにはなかなか良い場所だと思う。

帰りの時間が残念

今回の上海一人旅は往路も復路も春秋航空を利用することにしたため、時間的制約が少し発生している。どういうことかというと、茨城空港からの出発時間は13時20分であるため、1日目の到着は夕方くらいになってしまう。

便の本数が多ければもっと早い時間に出発して初日から観光したいところだが、残念ながら春秋航空の飛行機はこれよりも前にも後にも飛んでいない。そして復路。なんと上海を出発するのが朝の8時50分!これは残念すぎる。

恐らく茨城空港から上海へ向けてフライトする時間が13時20分になっているため、それに間に合うように上海を出発する必要があるのだろう。そんなわけで、復路も春秋航空を利用する場合は、 早朝にチェックアウトしなければならないのに、ホテルに宿泊しなければならない。

これはちょっともったいない。

上海一人旅のプラン

そんなわけで、今回の上海一人旅の予定は以下のようになるはずだ。

1日目

  • 13:20 茨城空港発
  • 16:05 上海浦東第1ターミナル着
  • その後リニアモーターカーで市内に移動しホテルにチェックイン
  • 上海環球金融中心の世界一の展望台で夜景を堪能
  • どこかで飯
  • 外灘を散歩して夜景を楽しむ

2日目

  • 上海駅から高速鉄道で蘇州へ
  • 蘇州の世界遺産である庭を見まくる

3日目

  • 上海市内観光 or 水郷観光

ここが未だに悩んでいて決めかねているポイント。

蘇州の山塘街を見て満足してしまえば水郷は別の機会にするのだが、 ミッションインポッシブル3のロケ地になった西塘がどうしても気になって踏ん切りがつかない。

上海の市内観光が初日にどれくらいできるかで3日目の予定が大きく変わりそうな気がする。

帰りの飛行機が4日目の早朝じゃなかったら、 半日使って市内観光でちょうど旅の計画が収まったんだけどなー。

さてどうしよう。

-上海

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.