上海

LCCの春秋航空で行く上海一人旅 早朝の飛行機で日本へ

更新日:

早朝リニアで空港へ

Untitled

LCCの春秋航空で行く上海一人旅 豫園で食べる絶品小籠包 の続き。

上海4日目といっても、帰りの春秋航空の便はとても早い。 したがって4日目は観光することはできず、移動するだけの1日となる。

地下鉄の始発に乗るために朝の5時過ぎにホテルをチェックアウトし、南京東路駅まで歩いた。早朝の南京東路は静まり返っていて昨夜の賑わいが嘘のようだった。春秋航空の帰りの便は朝の8:40と非常に早いため、途中まで地下鉄で移動して、リニアモーターカーで空港まで移動する。早朝のリニアモーターカーは最大速度が300km/hで最高速度ではない。どうやら昼間の時間帯しか最高速度で走ってくれないらしい。とは言っても地下鉄よりも断然速く、あっという間に空港に到着した。  

大混雑のチェックインカウンター

春秋航空の国際線チェックインカンターの窓口は少ないため、非常に混雑する。

日曜日の早朝だっていうのに、長い列ができていた。 地下鉄もリニアモーターカーも始発で来たが、それでもこんな感じ。

Untitled

左の04と03が茨城空港行き、右のふたつは高知行きだったと思う。

どちらも日本に帰国するための人たちで混雑していた。中国人と思われる乗客の荷物が重量オーバーになっていた。一旦列から離れて、連れのバッグなどに超過した荷物を詰め込んだりしていた。15kgの制限は確かに辛いものがある。

フライトが遅れた

Untitled

時間通りに空港バスで飛行機まで移動した。

すべての乗客が座席に座り、時間通りに出発すると思いきや、飛行機が一向に動き出さない。どうやら飛行場が混雑しているのが原因だったようだ。結局3,40分くらい遅れて上海を飛び立った。

Untitled

帰りのフライトは気になる揺れもなく、快適な空の旅だった。  

帰りのバスの予約を忘れる

茨城空港から東京駅までのシャトルバスの予約を忘れていた僕は、バスの僅かな空席に期待するしかなかった。

急ぎ足で空港の外に出ると、バス乗り場には既に列ができていた。行列は予約している人の列と、そうでない人の列が2列になっていて、予約無しの列は並んでいる人はまだ少ない。これだったら予約なしでもバスに乗れるかもしれない。そう思っていたら、バスを予約している人が続々と列に並び、バスの座席がすべて埋まってしまうのではないかと思われる人数になってきた。

これは駄目かもしれない・・・。

諦めかけたそのとき、東京行きのバスが2台やって来た。どうやら日曜日の茨城空港から東京駅までのバスは毎回2台で運行しているらしく、ギリギリではあるけれど、大勢の予約なしご一行も無事に乗車することができた。

出発してから2時間くらいで無事に東京駅に到着し、JR東海道線に乗って自宅まで帰った。過ぎてしまえばあっという間。ああしておけば、こうすれば、といった準備不足による失敗や後悔はあったけれど、それらを差し引いても楽しい旅だった。

 

おまけ:日本と違う上海のいろいろ

-上海

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.