上海

日本と違う上海のいろいろ

更新日:

Untitled

世界は広い。

日本ではこうだから海外もきっとこうだという風にはならない。こういう文化の違いを垣間見ることができるのも海外旅行の魅力のひとつだと思う。上海一人旅の旅行記は前回で終了したが、今回は僕が上海に訪れて感じた日本と違うところを簡単にまとめてみたいと思う。

交通マナー

上海に来て最初に驚いたのが現地の人たちの交通マナーだった。

信号が青になったので横断歩道を歩き始めたら、信号が赤になっているはずの右側の道路からバイクがクラクションを鳴らしながら突っ込んできた。なんとも豪快に信号無視をするものだなあと思ったら、どうやら特別な光景ではないようだった。

バイクと自転車に関しては、車が走っていなければ平気で信号を無視しているようだ。

よく見てみると歩行者も殆ど信号無視をしている。車道が複数車線あって、車の通りの多い道路では、青信号を待って横断しているが、そうでない道路では信号が赤でも意に介していない様子だった。もちろんヘルメットは被っていない。

さすがに車は信号無視はしていなかったが、右折や左折の際に歩行者に気を遣わない横暴な運転に思えた。歩いているこっちが気をつけないと、車が勢い良く突っ込んでくるため注意が必要だなと思った。  

無音で走る電動バイク

上海市内は日本の原付バイクのようなスクーターが非常にたくさん走っている。

日本の原付バイクのようにガソリンで動いているのではなく、電気で動いているタイプが多い印象を受けた。通常の原付バイクであればマフラーからの排気音で、近づいてくるのが分かる。ただ上海では電気駆動で無音に近い状態で走行するスクーターが多い。このスクーターで前述した交通マナーであるため、なかなかタチが悪い。

この電動バイクは通常のスクータータイプのものもあれば、ペダルのついた自転車タイプなど種類は様々。交通ルールが豪快な上海だが、バイクに関しては日本よりもエコが進んでいた。  

地下鉄の乗降車

日本で電車に乗る場合は、電車の停車位置に並んで電車が到着するのを待し、電車が到着すると乗車する人たちはドアの両サイドに移動して、降りる人を待ってから乗車する。

上海にはそれがない。

降りる人など待たずにドアの真正面から突っ込んでくる。うかうかしていると乗車できないし、降車できない。空いている車両ならまだ良いが、ラッシュ時の場合は自分のことだけを考えていないと乗降車できないなと感じた。  

町の中心部から離れると・・・

上海浦東空港からリニアモーターカーで移動した時、上海駅から蘇州駅まで移動した時、どちらも中心部を少し離れると景色が一変した。

ボロボロの戸建が密集する集落、何も無いだだっ広い土地に歯抜けのように立ち並ぶマンション群など、日本の田舎の風景とは少々違う何とも言えない風景が広がっていた。また、上海駅から蘇州駅の間に乱立していたマンションが謎だった。周囲は開拓されていない広大な土地が十二分にあるというのに、戸建ではなくマンションが立っていた。それもたくさん。

どれも板チョコを垂直に立てたような平べったくて20〜30階はありそうなマンション。地震が起きたらドミノ倒しのようにパタパタと倒れてしまいそうな印象を受けた。上海市内から離れた辺鄙なところに乱立するマンションは、僕の目にはちょっと異様に映った。 

人民公園のアナログな出会い系

上海市内の地下鉄の駅である人民広場のすぐそばにある人民公園の中では、結婚相手を探す人のプロフィールが書かれた紙がそこらじゅうに貼ってあった。ずいぶんとアナログな出会い系だなあと思ったが、これが結構賑わっている。

写真の無い文字のプロフィールのみっていうのもなんか昔ながらで面白い。

ネットで調べてみたらどうやら毎週末に人民公園で行われている「恋愛角」という名称の結婚相手を探すイベントのようなものらしい。上海市内は携帯電話もスマートフォンも十分に普及しているはずなのに、このような催しが今なお残っていて、さらに需要があるところが面白いなあと思った。

 

そんなわけで、数日の滞在期間で、言葉も喋れずあまり現地の人たちとのコミュニケーションがとれなかった僕だが、それでも日本とは全く違った上海の文化を垣間みることができた。現地の言葉が話せて、現地の人たちと会話ができればもっと色々な事を知ることが出来たのだと思うと、語学学習の必要性を強く感じるのだが、帰国後しばらくすると熱が冷めてしまう。

次の旅に出る時までに少しはマシな英語力になれれば良いのだが・・・。

-上海

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.