上海

約2万円で上海を往復できる春秋航空レポ

更新日:

LCCの春秋航空で上海へ

春秋航空はLCC(ローコストキャリア)の航空会社で、日本に乗り入れしている便を利用すれば格安で上海を往復することができる。先日連休を使って春秋航空を利用してきたので、どのような航空会社であったかレポートしてみたいと思う。

Untitled

早めに予約すれば約2万円で上海を往復できる

どの航空会社もそうだが、ギリギリにチケットを取ろうとすると値が張る。

これは春秋航空も同じで、旅の予定を事前に立てておいて、インターネットのオンライン予約でチケットを入手する必要がある。春秋航空のサイトで新規入会の手続きを行って、登録後にチケットの予約を行う。春秋航空は上海の航空会社だが、ウェブサイトは日本語に対応しているため、登録から予約まで言葉の問題で困ることはまずないと思う。

茨城空港から上海まで(往路)

東京駅の八重洲南口からシャトルバスで茨城空港へ

東京駅の八重洲南口バスターミナルと茨城空港をシャトルバスが行き来している。空港利用者は片道500円で利用することが出来る。

Untitled

事前予約が無くてもバスが空いていれば乗車可能だが、曜日や時間帯によっては非常に混雑するため、あらかじめ予約していた方が無難だと思う。

八重洲南口バスターミナルの5番のりばに行き、出発時間少し前になるとバス会社の社員が予約の有無を確認しているので、予約番号か氏名を伝えて指示に従おう。バスの乗車時に空港利用を証明するものを見せて500円を支払う。

渋滞などがなければ2時間弱くらいで茨城空港に到着する。  

春秋航空のチェックインカウンター

茨城空港の正面入口から入った右側に春秋航空のチェックインカウンターがある。窓口でクレジットカードとパスポートを渡してチケットを発行してもらう。

Untitled

荷物の重量は手荷物と合わせて15kgと結構厳しい。重量オーバーすると追加料金がかかるため、余計なものは極力持って行かない方がいいと思う。  

茨城空港について

茨城空港はとても小さい。正面入口を入り、右側が春秋航空のチェックインカウンター、左側がスカイマークのチェックインカウンター、あとは国内線と国際線の出発・到着ゲートがあるくらい。2階は食堂と送迎デッキと売店。迷子になる可能性は限りなくゼロ。

Untitled

写真は茨城空港に設置されていた「ガースー黒光りエアラインシステム(GAS)」の垂れ幕。どうやら茨城空港はガキの使いの笑ってはいけない空港24時のロケ地として使われたようだ。

春秋航空は機内食が無く、食べ物や飲み物はすべて有料の別料金になっている。早めにチェックインを済ませて、2階の食堂で腹ごしらえしておいたほうがいいと思う。 時間がきたら春秋航空の飛行機まで歩いて移動し搭乗する。  

春秋航空の飛行機について

Untitled

春秋航空の飛行機にはファーストクラスやビジネスクラスといった高価な座席はなく、すべてエコノミーの狭い座席になっている。

Untitled

このように座席は結構窮屈。身長169cmの僕でこんな感じ。リグライニングはもちろんできない。 3時間前後のフライトで上海浦東空港に到着する。時間通りに飛べば夕方には上海に到着する。  

上海から茨城空港(復路)

春秋航空の朝は早い

上海浦東空港から茨城空港への飛行機は朝の8時40分に出発するため、早い時間に空港まで来て事前のチェックイン(2時間30分〜45分前まで)が必要になる。

僕の場合

地下鉄の南京東路駅を拠点にしていた僕は、駅から徒歩圏内のホテルを5時過ぎにチェックアウトして駅に向かった。空港方面行きの始発に乗るつもりだったのだが、事前に調べていた時刻の地下鉄は反対方向だったため、駅のホームでしばらく待つことになってしまった。

地下鉄で龍陽路駅まで移動し、6時45分発のリニアモーターカーの始発に乗り込んだ。早朝のリニアは300km/h以上のスピードは出さないようだった。それでも空港までの30kmの距離はあっという間。

Untitled

上海市内から地下鉄を利用して空港に向かう場合は始発に乗って、龍陽路駅からリニアモーターカーを使えば余裕をもってチェックインすることができると思う。

それでもチェックインカウンターの混み具合はこんな感じ。 帰りの便は空港混雑のため、搭乗後に機内でしばらく待たされ出発が遅れたが、気になるレベルの遅延ではなかった。  

茨城空港からの帰りのバスも忘れずに予約すること!

僕の場合は早い段階で予約しようとしたせいか、行きのバスしか予約することができず、その後帰りのバスの予約をすっかり忘れてしまい、冷や汗をかいた。

行きのバスを予約する時に帰りのバスも必ず予約すること。  

また利用したいか?

インターネットを見ていると春秋航空の評判は人それぞれで、好ましくない意見もあったりするが、僕は特にこれといった不満は感じなかった。乗客の中国人率が高いため、マナーの悪さが懸念されたけれど、特筆するような人はいなかった。

非常に手頃な価格であるため、機会があればまた利用したいと思う。  

旅の費用

飛行機代、ホテル代(3泊)、その他費用を合計しても5万円までかからなかった。買い物したり、美味しい料理などを食べていればあと1万円くらいはかかったかも。

以上。

 

春秋航空で上海を旅した記録はこちら

  1. LCCの春秋航空で行く上海一人旅 旅の準備
  2. LCCの春秋航空で行く上海一人旅 東京駅から茨城空港へ
  3. LCCの春秋航空で行く上海一人旅 上海浦東国際空港からリニアでGO!
  4. LCCの春秋航空で行く上海一人旅 逆ナンされてお茶を買わされそうになる
  5. LCCの春秋航空で行く上海一人旅 上海環球金融中心(上海ヒルズ)で夜景を堪能
  6. LCCの春秋航空で行く上海一人旅 高速鉄道で蘇州へ
  7. LCCの春秋航空で行く上海一人旅 豫園で食べる絶品小籠包
  8. LCCの春秋航空で行く上海一人旅 早朝の飛行機で日本へ
  9. 日本と違う上海のいろいろ

-上海

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.