タイ

オプショナルツアーでアユタヤ観光

更新日:

Untitled

アユタヤはかねてから興味のあった遺跡群。

パーンパイン宮殿とアユタヤをまわる現地のオプショナルツアーを使って観光することに。早朝に指定のホテルからピックアップしてもらい集合場所にいったん集まり、各ルートごとの車両に振り分けられてツアーがスタートした。僕たちは15人くらいの団体で大型バスに乗ってアユタヤ方面に向かうことになった。

今回ついたガイドさんは渡辺直美っぽい女性の方で、日本語はまあまあ。時折ジョークを交えながらガイドブックには乗っていない情報なんかも教えてもらえた。

パーンパイン宮殿

Untitled

西洋建築を取り入れたアユタヤ歴代王が利用した離宮ということらしい。非常に手入れされた綺麗な庭が広がっていて、建築物も非常に良い状態で保管されているようだったけれど、まあ特に印象に残るようなものは無かった。他社のアユタヤのオプショナルツアーを見てもこのバーン・パイン宮殿がコースに含まれていることが多く、ゆっくりアユタヤだけを見て回ることができるツアーが無いのが残念だった。

Untitled

ちょっと小奇麗にまとまりすぎていて、これといったものが無かったような気がする。  

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

Untitled

初代ウートン王がスリランカ留学から戻った僧の為に立てた寺院で、20代ナレスワン王がビルマの皇太子との象上の一騎打ちで勝利した記念に立てた戦勝記念塔がある。

象に乗って一騎打ちって、長さのある武器で戦わないと人間に攻撃が届かないような気がするんだけど、当時はどんな感じで戦っていたのかな?

Untitled

記念塔を囲う様にたくさんの仏像が並べられている。

Untitled

犬も

Untitled

猫も

Untitled

仏様も・・・みんなまったりしていた。

この寺はアユタヤの中心部から離れているため、ビルマ軍による破壊行為は及ばなかったのか、保存状態は良好のように思えた。  

ワット・プラ・マハータート

ここはビルマ軍によって徹底的に破壊されており、あたりは崩壊した遺跡が広がっている。

ここで有名なのはガジュマルの木の根に取り込まれた仏像の頭部。 到着後はガイドさんがこの遺跡がどのようにしてビルマ軍の侵攻を受け破壊されたのかなどの説明を受け、崩壊した遺跡の方向にみんな注目していた。説明が終わり、次に歩き出そうとした時に、ふと右側に何かあることに気がついた。

Untitled

さりげなく存在する木の根に埋もれた仏頭。わりと小さいw

Untitled

本に掲載されるときはこんな感じでアップの写真が使われることが多いのだが、実際は結構足下にあって目立たないw ここの撮影ルールとして一緒に記念撮影する場合は、仏像の頭よりも顔の位置を上にしてはいけないらしい。ただカメラで撮影するぶんにはどのように撮っても構わないということだった。

海辺で体を砂浜に埋められて抜けられなくなった状態の遥かに上をいくハイレベルな状態ではないかと思います。

Untitled

修復され残っている仏像はこれくらいで、他の仏像は徹底的に破壊されていた。印象的だったのが、頭部と右手が全て切り取られていたこと。これはビルマ軍が仏像の頭部には宝石が埋め込まれていると信じていたこと、右手が金で覆われていたことで、それらを切り取って自国に持ち帰ったという説と、単なる火事場泥棒説などがあるとのことだった。

カンボジアのバイヨンの入口でも石像の頭部などが沢山切り取られ盗まれたと現地のガイドが言っていたから、アユタヤも同じ様に誰かが盗んで行ったんじゃないかなあと思うんだけど果たして真実は・・・。

Untitled

頭部と右手が無いこんな感じの仏像がそこらじゅうにあった。

Untitled

建物も徹底的にぶっこわされていて跡形も無い。 頭部の無い仏像がそこらじゅうに点在し、唯一の頭部が木の根っこに埋もれているという何とも奇妙なお寺だった。  

アユタヤ王宮跡とワット・プラ・シー・サンペット

こちらはアユタヤ王国の中心であった王宮があったとされる場所。こちらもビルマ軍の侵略によって完全に廃墟化してしまっている。レンガ作りの上に漆喰で固められたワット・プラ・シー・サンペットは、3つの塔それぞれに3人の王の遺骨が納められているという。

Untitled

ワット・プラ・シー・サンペット。こちらの3つの塔の保存状態はまずまず。  

ワット・ローカヤースッター

ガイドさん曰く、これが本物の涅槃仏なのだとか。涅槃仏とは釈迦の入滅の時の姿と言われていて、バンコク市内のワット・ポーやワット・ヤイ・チャイ・モンコンにある横たわっている仏像は違うらしい。本物の涅槃仏は枕が蓮の花でできていて、枕の向きは北だから、それらに該当しない涅槃仏は偽物だと言うことなのだとか。

どうでもいいけどストリートファーターのサガットのステージのモデルになったと言われているのもこの場所のようですね。こっちの方がスリムで穏やかそうな表情だけど。

Untitled

本物がいちばん放置されちゃっているのはいかがなものか・・・。

このように宮殿と4箇所の遺跡をまわってツアーは終了。途中10分ほどの象乗り体験とビュッフェ形式の昼食もついていて、内容はそれなりに充実した感じ。僕としては宮殿と象乗りを削って遺跡にもう少しスポットを当ててほしかったなあ。  

おまけ

Untitled

ガイドに買ってもらったファンタを美味しそうに飲む子供の象。

Untitled

タイの痛車ならぬ痛バス。この手のバスはこの日何台か見かけた。

この日はホテルに帰るまで雨に降られることなく、ツアー中はほぼ曇空だった。

-タイ

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.