タイ

「戦場にかける橋」のクウェー川鉄橋と泰緬鉄道

更新日:

Untitled

現地のオプショナルツアーを使ってカンチャナブリを走る泰緬鉄道に乗ってきた。

泰緬鉄道は第二次世界大戦中にタイとビルマ(ミャンマー)の間を物資を運搬させるために、日本軍が大量の人員を動員して作らせた鉄道。当初の見積もりでは5年ほどかかると言われていた工事を、大量の現地人と捕虜を動員し、タイとビルマの両側から同時進行で行うことで僅か1年ほどで完成させてしまったらしい。

この大急ぎで行われた鉄道工事では、多くの人命が犠牲になり、英語圏の方々からは「死の鉄道」とも呼ばれていたらしい。

早朝ホテルを出発し、カンチャナブリ県へ移動し、クウェー川からボートでクウェー川鉄橋まで移動した。映画 戦場にかける橋で有名なスポットらしい。

Untitled

ここが船着き場。

Untitled

クウェー川にはこのようなハイレベルな屋形船がそこらじゅうにあった。

人慣れしたリス

船着き場のお姉さんが飼っているリス。人慣れしていて可愛かった。

Untitled

ボートは結構ハイスピードでちょっとしたアトラクション感覚だった。あっという間にクウェー川鉄橋に到着した。  

戦場にかける橋

Untitled

鉄橋はとてもいい感じなのに、奥にある大船観音みたいなのが雰囲気ぶちこわし。鉄橋の右側は戦中に爆撃され、戦後に修復されたもの。左側と少し形が違うのはそのせい。

Untitled

クウェー川鉄橋の下をくぐったところで船着き場へ到着。

Untitled

ボートの運ちゃん。ボートはむき出しのエンジンで、調理器具のバーミックスみたいな感じで先っぽにプロペラがついている。チャオプラヤ川や水上マーケットなどでも同じようなボートが沢山走っていた。

バーミックス (bamix) ガストロ M250 ▲こんな感じ  

第二次世界大戦博物館

到着後は日本人の慰霊碑をお参りして、第二次世界大戦博物館へ。

Untitled

泰緬鉄道の工事に関連する資料や展示が多く、結構リアル志向。

Untitled

当時は工事中に亡くなった方などは線路脇に積み上げたり埋めたりしていたらしい・・・。

Untitled

今回ついたパンダバスのガイドさんは日本へ留学した経験もあるらしく、日本語が非常に上手だった。

ガイドの日本語は当たり外れがあって、片言の日本語だと一旦聞いてから色々と脳内変換する必要があるのだが、このガイドさんの日本語はすっと耳に入ってくるとても綺麗なものだった。当り外れで言えば大当たりクラスだったと思う。 博物館を出たあとは列車の到着まで自由時間。クウェー川鉄橋を歩いて散策できるということで鉄橋へ向かった。

Untitled

途中のお土産屋に子供のヒョウがいた。100バーツ(300円弱)で記念撮影とミルクをあげることができるらしいのだが、店主と激しく喧嘩中でシャーシャー言っていたため、このような写真を撮ることしかできなかった。この場所は事前に調べてあって絶対に一緒に写真を撮ろうと思っていただけに残念だった。  

クウェー川鉄橋

Untitled

Untitled

すごく混み合っていたため、すれ違うのも大変だった。  

列車が来た!

Untitled

Untitled

こっちの鉄道は時刻表があって無いようなものらしく、あんまりあてにならないらしい。それでも何時くらいには着きますよみたいな情報はガイドさんに入るらしく、その予想時刻を少し過ぎたくらいに列車がやってきた!

Untitled

これはボロカッコいい。今からこれに乗って列車の旅へ。

列車が鉄橋を渡るとき、脇に避けて電車の通過を待っている観光客が列車に向かってシャッターを切りまくっていた。日本国内、そして海外、意図しないところで誰かのカメラに映り込んでしまった僕の写真データは果たしてどれくらい存在するのだろうか。こういうのが可視かできたら凄く面白いと思うんだけど。

Untitled

車内はこんな感じ。観光客用ゾーンは指定席。ご覧の通り冷房は無い。

Untitled Untitled

Untitled

電車に揺られながら(相当揺れるw)飲むビールは格別!

Untitled

車窓から見る外はこのような殺風景な景色が続く・・・。ぼけーっと外を眺めながら電車に揺られていると、ガイドさんがそろそろ降車駅に着くので荷物をまとめておくようにとの指示が。そして駅に到着する寸前に絶景ポイントがあるのでカメラの準備をしておいてくださいとのこと。

乗車時間の殆どが一面に広がる田舎風景で、途中で飽きてしまっていたのだが、ガイドさんに言われて窓から外を覗いてみた。

Untitled

これは凄い。

反対側は川が流れていて、山肌をなぞるように列車は走っていた。 乗客のボルテージが一気に上昇したところで駅に到着。列車を見送ると、さっき通ったポイントまで歩いて移動した。

Untitled

Untitled

Untitled

ちょっとバランスを崩して転んだら線路から転落して大けがしそうな感じだったけれど、手すりも柵も何も無い所が海外の観光地らしいなあと思った。

この後はビュフェ形式の昼食を頂いた。お腹いっぱい食べてさあ帰ろうかといったところで雨が降ってきた。

今回カンチャナブリ方面に行くにあたって、泰緬鉄道に乗るかタイガーテンプルで虎と記念撮影をするかで迷ったんだけど、こちらを選んでおいて良かった。このタイミングで雨に降られたらタイガーテンプルに行っても虎との記念撮影はたぶん無理だったと思う。ツアーも満足できる内容だったし、ガイドさんの日本語が抜群で説明も聞きやすかった。 次にカンチャナブリを訪れる際には象乗りとタイガーテンプルがセットになったツアーを体験してみたい。

-タイ

Copyright© 1192ch , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.