北アルプス 登山

秋の北アルプス表銀座縦走:悪天候のなか辿り着いた槍ヶ岳山頂からの眺め

更新日:

秋の北アルプス表銀座縦走

北アルプスの表銀座縦走は誰もが憧れる定番コース。

2年前に裏銀座を縦走した時は、次は表銀座縦走だなと考えていたものの、ちょうどよい連休が取れなかったり、他の登山を予定してしまったりと、タイミングが合わないまま月日だけが過ぎていった。今シーズンは南アルプスの白峰三山、北アルプスの立山三山、北アルプスの前穂高岳と奥穂高岳など、機会があれば登りたい・歩きたいと思っていたプランが次々と実現していた。

今年はこういう年なのかなと思いながら迎えた8月下旬。翌月の勤務のスケジュールを立てていたところ、9月下旬に3日間休みを取ることができそうなことが分かった。これは表銀座を縦走するしかない!そう思って毎日あるぺん号の予約を入れた。

天気予報を見る限り微妙な感じで、前々日まで行くかどうか迷っていたが、直前になってそれなりの天気になりそうだという予報に変わったため、予定通り表銀座を歩くことに決めた。

仕事が終わった連休前日の夜に東西線の竹橋駅まで移動し、23時発の毎日あるぺん号に乗り込んだ。竹橋を出発したバスは、途中2度ほどトイレ休憩を挟みながら順調に中央道を進み、翌朝の6時前くらいに中房温泉に到着した。

1日目:中房温泉から大天荘まで

DSC_1071

準備を整え中房温泉登山口からいざ出発。

DSC_1072

中房温泉から山を登るのは今回で4回目。

さすがに歩きながら「そろそろベンチかな?」みたいなのが感覚で分かるようになってきた。息が切れないペースでゆっくり歩いていれば、それほど休憩が必要ないことも。

合戦小屋に到着

DSC_1087

ここでコーラを買って一息入れた。

このあたりに来ると木々の紅葉は徐々に始まっていて、ところどころ葉が色づいていた。

DSC_1099

合戦小屋を出てしばらく登っていくと、周囲の木々はすでに紅葉が始まっていた。木々の紅葉はなかなか良い感じだったが、空は朝からずっと薄曇り・・・。

もうちょっと晴れてくれるといいんだけど。

燕山荘に到着

DSC_1133

燕山荘に到着。

平日ということもあって登山者はまばら。

DSC_1110

燕山荘からの燕岳。

この時期にここに来るのは初めて。紅葉の時期には少し早かったようで色づき加減はもう一息といった感じ。

DSC_1112

薄曇りの空ではあるものの、表銀座縦走の最終地点である槍ヶ岳までハッキリ見える。

DSC_1124

燕山荘にバックパックをデポして、山頂方面に少し歩いてみた。

せっかくここまで来たので山頂も踏んでおこうかなと思ったが、1日目は上の写真の中央奥に見える大天井岳直下にある大天荘まで行かなければならないし、天気もイマイチであるため、ここで引き返して大天荘に向かうことにした。

未体験の縦走コースへ

DSC_1130

燕山荘に戻ってバックパックを背負い、本日の宿泊地である大天荘へ向けて出発。

ここから先の登山道を歩くのは今回が初めて。

DSC_1135

いよいよ本格的な縦走登山が始まった。

天気はイマイチだが、この稜線を見ているとワクワクしてくる。

DSC_1141

燕山荘を出てしばらくは気持ちよく歩けていたが、蓄積していく疲労に少しずつ足取りが重くなってきた。そして「大下りの頭」を下りきってからの登り返しが辛かった・・・。

目的地は見えているのに歩いても歩いてもなかなか進んだ感じがしない時間帯だった。

DSC_1155

そして小林喜作のレリーフを経て、「槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐」に到着。

大天荘までの最後のひと登りが本当に大変だった・・・。

DSC_1163

なかなか足が進まないため、歩いては休んで、そして来た道を振り返る。

こうやって見ると、それほど歩いていないようにも見えるが・・・。

DSC_1166

残された僅かな力を振り絞りながら1歩、1歩と前に進み・・・。

大天荘に到着

DSC_1168

13:42 大天荘に到着。

DSC_1175

大天荘に到着した段階でテント場は2張のみでガラガラ。

テント場の受付を済ませてテントを設営するが、徐々に風が強くなってきて、周囲の景色が徐々にガスに包まれていった。テントを設営してから周囲の撮影をしようと思っていた僕は、すっかりやることがなくなってしまった。

DSC_1176

しかたなく小屋でビールを買って遅めの昼食。

その後も天候が良くなる見込みはなく、テントの中でただただ時間だけが過ぎていった。夜には風がさらに強くなり、そこに雨もミックスされて大変な天候に・・・。強風がテントを揺らし、雨粒がフライシートを叩き続ける激しい夜。

「あの天気予報は何だったんだろう?」

そう思いながら眠れぬよるを過ごした。

2日目:東鎌尾根を歩き槍ヶ岳の穂先へ!

DSC_1182

翌朝になり雨はあがったものの、周囲はガスに包まれていてご来光どころか展望すらない状況。

大天荘を出発

DSC_1183

天気が良ければ大天荘からすぐ近くの大天井岳に登るつもりでいたが、こんな天候なら山頂まで登る必要はないなと思い、5:30に大天荘を出発した。

DSC_1185

DSC_1189

大天荘から少し下って大天井ヒュッテに到着。

ガスで展望のない稜線を行く

DSC_1190

大天井ヒュッテからもう少し下って、そこから登り返したところでビックリ平に到着。

ビックリするほど何も見えない。

DSC_1195

ビックリ平からしばらく稜線上を歩く。

しかし何も見えない。

DSC_1202

そんなこんなでヒュッテ西岳に到着。

当初はヒュッテ西岳から歩いてすぐの西岳にも登るつもりでいたが、このような天気では何も見えないだろうと判断し、大天井岳に続いてスルーを決めた。

小屋でコーラを買って、持ってきた無印良品のバナナバウムを食べながらしばし休憩。

水俣乗越までの激下り

DSC_1210

ヒュッテ西岳からは、水俣乗越という分岐地点まで「もしかして下山している?」と心配になってくるくらい一気に標高を下げる。

DSC_1212

降りてきたハシゴを見上げた1枚。

想像していた以上に標高を落としていくため、この後にどんな登り返しが待っているのだろうか?と不安になってくる。

DSC_1216

ヒュッテ西岳から1時間ほどで水俣乗越に到着。

ここから先はいよいよ表銀座の核心部である東鎌尾根。気合を入れなおして登り返す。

東鎌尾根を必死に登りヒュッテ大槍へ

DSC_1223

ヒュッテ西岳から水俣乗越までの下りで、その後の登りは覚悟していたが・・・辛い。

ただペースは落としても、できるだけ立ち止まらないように気を付けて歩いた。どれだけ遅いペースでも、歩みを止めなければ少しずつでも先へ進めるからである。

町をさまようゾンビのような足取りでじわじわと標高を上げていった。

DSC_1234

ヒュッテ西岳から心配になるくらい下り、水俣乗越から心が折れそうになるくらい登り返し、ようやくヒュッテ大槍に到着した。ヒュッテ大槍からこの日の目的地である槍ヶ岳まではコースタイムで約1時間くらい。ここまで来ればもう安心だ。

DSC_1236

コーラを飲みながら醤油ラーメンを頂いてしばし休憩。

いざ槍の穂先へ!

DSC_1238

休憩後はラストスパート。

ゴール地点の槍ヶ岳がガスの切れ間からうっすら見える。

DSC_1239

ヒュッテ大槍からは殺生ヒュッテに向かう道と槍ヶ岳山荘に向かう道の分岐がある。下に行くと殺生ヒュッテ、上にいくと槍ヶ岳といった分岐になっている。

DSC_1251

槍ヶ岳との距離を徐々に縮めていく。

相変わらずガスが多い状況ではあったが、雲やガスの動きが活発で、槍ヶ岳が見えたり隠れたりを繰り返していた。

DSC_1257

槍ヶ岳山荘が見えてきた。ゴールはすぐそこだ。

槍ヶ岳山荘に到着

DSC_1258

12:19 槍ヶ岳山荘に到着。

ここまでずっとガスに包まれてよく見えなかった槍ヶ岳が姿を現している。これはもしかしたらもしかする!?慌ててテント場の申し込みをしに小屋に入る。

DSC_1264

槍ヶ岳がよく見える岩に囲まれたエクストリーム感の高いテント場はすでに埋まっていた。

DSC_1266

DSC_1265

僕のテント場は12番のスペース。

槍ヶ岳山荘のテント場は好きな場所に事由に設営できるわけではなく、受付でテントを張る場所を指定されるタイプ。先着順で次々に場所が埋まっていくため、あまり遅い時間の到着だとスペースを確保することができない。

12番は通路にも出やすく、槍ヶ岳山荘にもそれほど遠くないなかなか良い場所だった。

いざ槍の穂先へ!

DSC_1268

テントを張って水を汲みに槍ヶ岳山荘に戻ってみると青空が出ていた。

これは登るしかないなと思い、テントに戻って必要な荷物を持ち、小屋でヘルメットをレンタルして槍ヶ岳の山頂に向かうことにした。2年前に裏銀座縦走でここに来たときは、最後の最後でガスに包まれて展望がなくなってしまうという悔しさを味わっていたため、今回はそのリベンジでもある。

DSC_1270

準備を整えていざ出発。

DSC_1275

ところが10名くらいのツアー客が少し前を歩いていて渋滞になっていた。

あまりの進まなさに周囲の人たちにピリッとした空気が流れだす。

DSC_1279

あまりに進まないため振り返って1枚。

DSC_1281

ようやく前が進みだし、最後のハシゴを登る。

DSC_1285

槍ヶ岳山頂に到着。

今回は景色がバッチリ見える!

それにしても凄い込み具合だ・・・。

DSC_1292

列に並んで記念撮影を撮ってもらい、しばし山頂を堪能と思いきや・・・。

DSC_1291

先ほどのツアー客の人たちが山頂に居座って長々と座り込んでしまい山頂は大混雑・・・。

山頂の1/3くらいはこの方々で占拠されていて、せっかくの槍ヶ岳登頂に水を差された格好となってしまった。まあこれを差し引いても十分なお釣りがくるくらい素晴らしい景色だったから良かったんだけど。

DSC_1296

山頂を占拠していたツアー客軍団よりも後に下山しようとすると、登りの時のような渋滞に巻き込まれる可能性が高いと感じた僕は、山頂での撮影をサクッと済ませ下山を開始した。

DSC_1804

下山後は槍ヶ岳山荘でビールを買って外のテラスでビールを飲みながら一息入れた。案の定、槍ヶ岳山頂からの下山はツアー客の方々で渋滞していた。

槍ヶ岳山荘周辺をウロウロ

03-9

槍ヶ岳山荘前のテラスでしばし休憩した後は、テントに不要な荷物を置いて、カメラだけを持って裏銀座方面がよく見える場所まで移動して写真やタイムラプスを撮影した。

04-122

以前歩いた西鎌尾根方面。

今回歩いた表銀座も素晴らしかったけど、どちらかというと裏銀座の方が僕は好きかな。

05-7

ふたたび槍ヶ岳山荘付近に戻ってタイムラプスを撮影していたら、写真中央下あたりにブロッケン現象が出ていた。

DSC_3816

それほど広くない槍ヶ岳山荘周辺をウロウロしながら撮影していたら、あっという間に夕暮れ時になってしまった。

DSC_3831

燕岳をスルーし、大天井岳をスルーし、西岳をスルーし、このまま天候が回復しなかったら槍ヶ岳もスルーしてピークをひとつも踏まない表銀座縦走になってしまうかも・・・とヒュッテ大槍を出発した時に考えていたが、槍ヶ岳に到着して天気は見事に好転。

槍ヶ岳山頂で見れた素晴らしい景色は、ここまで苦労して歩いてきたご褒美だったのかもしれない。

槍ヶ岳の夜

DSC_3866

テントで食事を済ませ、しばしまどろんでいると、あたりは真っ暗になり、空には無数の星が出ていた。

DSC_3871

日が暮れてしばらく経ってからの撮影と、夜中にトイレで起きた際の撮影で、結構な枚数を撮影したものの撮れた写真はイマイチなものばかり・・・。

星空の撮影はいつも気が乗らなくて、いつも行き当たりばったりで満足のいく写真が撮れずにいる。普段なかなか行けない場所に行くわけだから、もう少し事前準備をしっかりやらないとなと今回も反省したのであった。

3日目:新穂高温泉へ下山

DSC_3883

夜の星の出方から朝のご来光に期待が高まったが、残念ながら日の出の方向に厚い雲が出ており、隙間から時折太陽が見える程度だった。

適当なところで諦めて、バックパックを背負って下山を開始することにした。

DSC_3900

6時過ぎ。

午後の帰りのバスに間に合うように新穂高温泉に向けて下山開始。

DSC_3917

砂利のつづら折りをひたすら下っていく。

DSC_3912

朝日に染まる水晶岳、鷲羽岳などの裏銀座方面。

DSC_3921

そして奥にそびえる笠ヶ岳。

やはり天気が良いと足取りも軽い。美しい山々を見ながら少しずつ標高を下げていく。そしてさらに歩いて歩いて出発から約5時間ほどで新穂高温泉に到着。

中崎山荘で旅の汚れを落とし、食堂でラーメンとビールを頂き、休憩室でバスの出発時刻まで時間を潰した。

中央道が地獄のデスロード化

14:45 新穂高温泉を出発した毎日あるぺん号のドライバーは、高速道路に乗る前からすでに渋滞情報を得ていたようで、新宿駅の到着時刻がかなり遅くなる旨をアナウンスしていた。

案の定、中央自動車道は凄まじい渋滞が発生していた。

Googleの経路案内で調べてみたところ、新宿駅の到着は終電ギリギリのライン。もしかしたら間に合わないかも・・・と新宿から横浜のタクシー料金や、始発電車でいったん自宅に帰ってから職場に間に合うのかを調べた。

道中何度か「やっぱり間に合わないな」と自分の中に諦めムードが漂ったが、渋滞を抜けてからは順調にバスは進み、23時前くらいに新宿に到着した。

そして新宿駅からは湘南新宿ラインのグリーン車に乗り込み、車内でお菓子とビールを買って無事に自宅最寄り駅まで移動することができた。

まとめ

最後の最後まで気の抜けない慌ただしい旅になってしまったが、登山の辛さや楽しさが凝縮された思い出に残る山行となった。

山は歩けば歩くほど、登山道の繋がりを認識できるようになり、まだ歩いたことのないルートに思いを馳せることになる。今回で言えば大天荘から常念岳へのルート、または槍ヶ岳から穂高連邦へ続く大キレットなど・・・。登山を始めて数年が経過したが、興味の範囲は広まるばかりで飽きる気配がまったくない。

次はどこに登ろう。

日程・コースタイム

9月22日

中房温泉登山口 5:39 → 6:10 第1ベンチ 6:16 → 6:35 第2ベンチ 6:38 → 7:04 第3ベンチ 7:10 → 7:39 富士見ベンチ 7:51 → 8:13 合戦小屋 8:35 → 8:48 合戦山(合戦沢ノ頭) 8:54 → 9:20 ベンチ 9:20 → 9:30 燕山荘 9:56 → 10:05 いるか岩 10:05 → 10:33 燕山荘 10:38 → 11:08 蛙岩 11:08 → 11:24 大下りの頭 11:27 → 13:00 小林喜作レリーフ 13:00 → 13:07 槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐 13:12 → 13:42 大天荘

9月23日

大天荘 5:31 → 6:00 大天井ヒュッテ 6:02 → 6:24 貧乏沢下降点 6:24 → 7:20 赤岩岳 7:21 → 7:51 ヒュッテ西岳 8:17 → 9:09 水俣乗越 9:09 → 10:46 ヒュッテ大槍 11:29 → 12:19 槍ヶ岳山荘

9月24日

槍ヶ岳山荘 5:55 → 6:45 飛騨沢千丈乗越分岐 6:47 → 7:48 槍平小屋 8:02 → 8:41 藤木レリーフ 8:41 → 8:44 滝谷避難小屋 8:44 → 9:40 白出小屋 9:40 → 10:10 穂高平小屋 10:10 → 10:35 小鍋谷ゲート 10:35 → 10:47 新穂高温泉駅



-北アルプス 登山
-

Copyright© 1192ch , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.