北アルプス 登山

今年の涸沢の紅葉はまあまあだった:2017年9月29~30日

投稿日:

涸沢紅葉登山

2017年の秋、いつもの場所に車を停めて、いつも通りにバスで上高地バスターミナルへ向かう。

毎年9月下旬くらいになると、涸沢の紅葉がピークを向かえる。昨年の紅葉は不発気味に終わった(僕はそう感じた)だけに、今年の出来に期待している。

2017年は9月30日が土曜日で、10月1日が日曜日。おそらくこの土日が最も涸沢が混雑する日ではないかと考え、僕は1日早めた9月29~30日で涸沢に登ることに決めた。つまり金曜日に涸沢まで移動し、テント泊した翌日の土曜日に下山するというプランだ。

DSC_3930

いつものように仕事を終えた夜に、沢渡の「かすみ沢駐車場」まで移動して前夜車中泊。そして平日はバスの始発が遅いため、乗り合いタクシーで上高地バスターミナルまで移動した。

涸沢まで行くための詳しい情報は「北アルプスの涸沢登山に関する各種情報(駐車場・コース・テント場など)まとめ」に書いたので興味のある方はどうぞ。

DSC_3936

涸沢までの道のりで一番面倒なのが、上高地バスターミナルから横尾までの平坦路。

とにかく退屈でしかない。

上高地バスターミナルと横尾(もしくは徳沢)の区間でマウンテンバイクレンタルがあればいいのになあと思う今日この頃・・・。というわけで、上高地バスターミナル→明神→徳沢→横尾とここまできたところでトイレを済ませて休憩せずに先へ進む。

なぜ休憩せずに先を急ぐかというと、テントの中に敷くマットを家に忘れてきてしまったからだ。

涸沢のテント泊受付所では、テントの下に敷くことで床をフラットにすることができる「コンパネ」というべニア板のようなアイテムを借りることができる(有料)。涸沢のテント場は岩でゴツゴツしている場所が多いため、レンタル料を払ってもコンパネを使いたいという登山者は多い。ただ数に限りがあり、早い者勝ちで持っていかれるため、混雑が予想されるこの時期は、とにかく早い段階でテント場に到着しなければならない。

なかなかの紅葉だが天気が・・・

DSC_3945

いつもなら本谷橋で少し休憩をするところだが、今回はコンパネをゲットするというミッションがあるため休憩せずに先へ進む。

DSC_3963

この日の天気予報は晴れ。

涸沢とは反対方向の空は雲は多めではあるものの、雲の切れ間から青空が見える。

DSC_3961

しかし涸沢側は穂高の山々にずっしりと雲が被さっていて、そう簡単にはどいてくれなそうな雰囲気。もしかしたらハズレを引いてしまったのかもしれない・・・と少し気落ちしながら先を急いだ。

DSC_3964

しかし紅葉はいい感じ。

DSC_3968

涸沢ヒュッテと涸沢小屋の分岐に到着。

DSC_3972

今年は昨年あまり見られなかったナナカマドの「赤」もバッチリ。

やっぱり涸沢の紅葉はこうでないと。

涸沢に到着!しかし・・・

DSC_3977

しかし分岐から涸沢小屋方面に足を進めると目を背けていた現実が突き付けられる。

涸沢小屋から上の方まで見事な紅葉が広がっているが、その上の山々にはずっしりと重そうな雲が乗っていて、ちょっとやそっとでは動いてくれなさそうだ。

天気はちょっと残念ではあるが、それよりもテント場とコンパネの確保を急がなければならない。

僕はいつも涸沢のテント場にテントを設営する時は、なるべく涸沢ヒュッテに近くて涸沢小屋へ続く道を挟んだ山側を選ぶようにしている。涸沢ヒュッテ寄りにするのはトイレや水場や売店へのアクセスが良いためで、山側を選ぶ理由は写真を撮影する際に、通行人やテントなどの障害物が少ないためだ。

山と道MINI2

そんなわけで、まあまあの場所を見つけバックパックを置いて場所を取り、あとはコンパネを借りるだけ。コンパネはテント泊の受付小屋に置いてあって、早い者勝ちで持っていき、小屋の受付が始まった段階で申請して幕営料とともに代金を支払うことになっている。

テントを張る場所を押さえ、急いで受付小屋に向かい「あ、まだコンパネがある!」と目視で確認できたその刹那、するりと団体数名が僕の到着寸前に現れて、2枚とも持っていかれてしまった・・・。点滅している信号に慌てて走っていったけど丁度赤になってしまったような、慌てて駅のホームに駆け上がっていったのに寸前でドアが閉まってしまったような、何とも言えないギリギリのタイミングでコンパネを借り損ねてしまった。

こうなったら受付小屋でレンタルしている銀マットに望みをかけるしかない。ただ、受付小屋が開くまでにまだかなり時間がある。それならあとはテントを設営して腹ごしらえをするのみ。天気もイマイチだし。

涸沢パノラマ売店でラーメンとビールをいただく

DSC_3986

・・・というわけでテント場に戻りオニドーム1を設営し、涸沢パノラマ売店で腹ごしらえ。いつもなら涸沢パノラマ売店の名物である「おでんセット」を注文するのだが、この日はとにかく寒くて温かいものが食べたいと思い、ラーメンと生ビールを注文した。

涸沢パノラマ売店のラーメン

ラーメンはスープをもう少し熱くできなかったのかな?といった感じだったが味は上々。

生ビールは体が冷え切っていたから、もう少し後にすれば良かったかも。美味しいことには変わりはないんだけど。

DSC_3985

穂高岳方面はどんより曇っているんだけど、歩いてきた上高地方面はご覧の通り快晴。

DSC_3988

涸沢ヒュッテそばのナナカマドはご覧の通りいい感じに紅葉していた。

腹ごしらえをした後は、涸沢ヒュッテ周辺をブラブラと撮影して歩き、テント場の受付開始時間が使づいてきたところで、受付小屋の順番に並んだ。順番待ちの列はまだそれほど大勢は並んでいなかった。おかげで受付が開始してすぐに小屋で銀マットをレンタルすることができた。

テントの下が平らになるコンパネには劣るが、銀マットをテントの中に敷くことで、地面のデコボコをかなり軽減させることができる。これで今夜の寝床はひと安心。

DSC_4403

テント泊の受付小屋の列は少しずつ伸びていく・・・。

涸沢でテント泊する場合は、テントの設営場所を確保したら受付の小屋が開く時間を確認して、受付開始の10~15分前くらいに並んでおいたほうがいいと思う。テント場が混雑する可能性が高い時はなおさら。

涸沢の上空に風が吹く

DSC_4406

どんより曇った涸沢・・・。

あまりの雲の多さにこの日はもうダメだと思っていたが、上空の雲の動きがどんどん激しくなっていき・・・。

DSC_5212

晴れた!

DSC_5635

涸沢パノラマ売店でラーメンを食べたあとくらいから、上空の風がかなり強くなってきて、あれよあれよというまに雲が晴れていった。

DSC_5639

待ちに待った青空に、訪れていた人たちはみんな笑顔。

DSC_5670

到着した時点ではもう諦めていたこともあって、これは嬉しい誤算だった。

DSC_5680

その後も涸沢へ訪れる登山者の数は増え続け、涸沢パノラマ売店の「おでんセット」は早々に売り切れてしまった。

売店の周りにはぐるりと半周くらいの行列が出来ている。

テント場ですごす贅沢な時間

DSC_5690

売店の行列にふたたび並び、ビールとスナック菓子を購入し、テント場に戻って一息。

DSC_5694

テント場の受付小屋の行列はさらに長くなっていた。

DSC_5696

美しい紅葉を見ながらテント場でビールを飲みながらまったり。

こんな贅沢な時間が他にあるだろうか。

DSC_5702

テント場でぼーっとしたり、タイムラプス撮影をしたりしながら、涸沢の紅葉を存分に楽しんだ。

DSC_6545

陽が沈むと涸沢は一気に冷え込む。

到着した直後からずっとダウンジャケットを着ていたが、ここでダウンパンツも装備。これで寒さ対策は完璧だ。

DSC_6558

よるは雲が少なめで星空が綺麗だった。

このまま朝まで持ってくれれば早朝のモルゲンロートにも期待ができる。

涸沢の朝

DSC_6569

土曜日の朝、昨日とは反対に陽の出る方向の雲が厚い・・・。

このまま太陽が雲に隠れたままだと反対側の山の斜面は赤く染まらない。

DSC_6571

太陽が出てきて「モルゲンロート来たか!?」とテント場がざわつくが、すぐに雲に隠れてしまい終了・・・。

DSC_6825

その後も何度か「ん!?」という場面はあったが、結局モルゲンロートは不発に終わってしまった。

ただ、雲は多めだが天気はまずまず。

下山

DSC_6834

テントを撤収して下山開始。

おそらく多くの登山者はこの土日で涸沢の紅葉を見に来るはず。したがって、もたもたして出発を後らせてしまうと、登ってくる大勢の登山者たちとのすれ違いでコースタイムを大幅にロスしてしまう。

とりあえず道幅に余裕がある横尾までは急いで移動しようと思い、走れるところは走るスタイルで先を急いだ。途中で何度か先行者を追い抜かせてもらったが、追い抜きざまに「あら、忍者みたいね」と連れの方に話している声が耳に入ってきた。もしかしたら身軽に見えたかもしれないが、僕はこう見えても身長169cmで体重が74kgというメタボリックおやじなので、たぶん忍者のように感じたのは気のせいだと思う。

そしてサクッと横尾まで来たところで通常歩行に戻して上高地を目指した。

すれ違う大勢の登山者たちへ「おはようございます」「こんにちは」を繰り返しながら・・・。

徳澤園でソフトクリーム

DSC_6839

徳沢まで来たところでようやく休憩。

ソフトクリームを食べて一息入れて出発。

小梨平キャンプ場に寄り道

DSC_6843

登山2年目の時に焼岳に登る際にテント泊した小梨平キャンプ場。

いつも上高地へ下山する時はそそくさと通り過ぎてしまうのだが、久しぶりにどんな感じだったかを確かめたくて、梓川のほとりのテントサイトに寄り道してみた。やはり天気が良いと眺めが良くて最高の場所だよなあと改めて実感した。

上高地に到着

DSC_6845

上高地に戻ってきた。

10時25分のバスまでに間に合うか心配だったが問題なかった。

DSC_6848

2016年の涸沢の紅葉はイマイチだったけど、2017年の紅葉はまずまずな感じだった。

ただ、僕が初めて涸沢で見た紅葉はまだ上回っていない。

あの時見た紅葉を超える紅葉のために僕はたぶん来年も涸沢に行くことになるだろう。

※涸沢まで行くための細かな情報は「北アルプスの涸沢登山に関する各種情報(駐車場・コース・テント場など)まとめ」にまとめてあるので興味のある方はどうぞ

Youtubeに動画をアップしました



-北アルプス 登山
-

Copyright© 1192ch , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.