北アルプス 登山

【テント泊】北アルプスの前穂高岳と奥穂高岳に登って涸沢経由で下山【重太郎新道】

投稿日:

前穂高岳・奥穂高岳登山

急きょ休みが取れたと夏のとある日。

こういう時は初めての山よりも過去に登ったことのある山、歩いたことのある登山道のほうが安全な登山ができると思い、昨年の9月に歩いたコースを再訪することに決めた。

仕事を終えた金曜日の夜、自宅を出発した僕は中央自動車道をひた走り、上高地の手前の沢渡バスターミナル隣にある市営第3駐車場に車を停めた。日付が変わる前に車を入れてしまうと1日分余計に駐車料金を取られてしまうため、道中の運転速度をうまくコントロールして日付が変わってすぐの時間に駐車場に入ることができた。

乗り合いタクシーで上高地バスターミナルへ

DSCF4168

車中泊した翌朝は4時前に活動を開始し、4時30分くらいの乗り合いタクシーで上高地へ向かった。しかし上高地へ向かうために必ず通る「釜トンネル」が開門するのは5時。開門前の釜トンネル前にタクシーやバスの列ができていた。

「ハイシーズンの時は少しだけ早く開けてくれるんだよ」

タクシーの運転手さんが言った通り5時になる少し前にゲートが開いた。

上高地を出発

DSCF4172

そして見慣れた場所に到着し、登山届やトイレなど出発に向けて必要な準備を整えた。

準備運動を終えたところで出発。

DSCF4177

今回は上高地から重太郎新道を歩き、前穂高岳と奥穂高岳に登ったあとに穂高岳山荘にテント泊し、翌朝に涸沢を経由して上高地に戻ってくるという周回コース。

昨年9月に歩いたコースとまったく同じ。

前穂高・奥穂高タイトル
重太郎新道を歩いて前穂高岳と奥穂高岳に登り、穂高岳山荘にソロテント泊してきた

  前穂高岳と奥穂高岳を重太郎新道から歩くという計画は、前からあるにはあったが、どうせここを歩くなら3日以上の行程で北穂高岳まで経由して・・・と考えていたため、なかなか実現しなかった。 そこ ...

続きを見る

穂高・岳沢登山路から岳沢小屋へ

DSCF4183

河童橋を渡ってしばらく歩くと穂高・岳沢登山路の看板が。

ここから本格的な登山が始まる。

DSCF4184

・・・とは言っても序盤はそれほど段差もなくキツイ登りは特にない。

DSCF4185

岳沢小屋まではカウントダウン方式の標識が所々に設置されている。

DSCF4186

岳沢名所の天然クーラー。

前に訪れた時はそれほど涼しさは感じなかったけど、この日は岩の隙間からひんやりとした風が吹いていた。

DSCF4188

岳沢小屋までの登山道は割と歩きやすく危険個所はない。

DSCF4189

淡々と登り続け最初のチェックポイントの岳沢小屋が見えてきた。

岳沢小屋で休憩

DSCF4191

岳沢小屋から先は穂高岳山荘まで補給できる山小屋やトイレがないため、必要に応じて水や食料を補給したり、トイレを済ませておかなければならない。(前穂高岳経由で穂高岳山荘に行く場合の標準タイムは7時間弱ほど・・・)

DSCF4190

岳沢小屋のテラスからの展望はなかなか良い感じ。

今回のコースを歩く人たちの中には、岳沢小屋で1泊してから先へ進む方も結構おられるようだった。(小屋から少し登ったところにテント場がある)

DSCF4193

トイレと休憩を済ませて出発。

いざ重太郎新道へ!

DSCF4194

岳沢小屋から先はいよいよ本格的な山登り。

DSCF4195

北岳の草すべりを思い出させるようなつづら折りの坂を登り、

DSCF4197

ハシゴを登ってどんどん高度を上げていく。

この辺りから歩行に加えて「よじ登る」動作を必要とする場面が増えてくる。

安全のためにヘルメットを被る。

岳沢パノラマ

DSCF4204

岳沢パノラマに到着した。

森林限界を超え霞沢岳、焼岳など見事な展望が広がる。

のんびり休憩したいところだが先はまだまだ長い。もたもたしていると穂高岳山荘のテント場が埋まってしまうため先を急ぐ。

DSCF4207

この辺りに来ると大きい段差を「よいしょ」と登っていく場面が増えてきて、少しでも連続すると息が切れてしまう。時々立ち止まって呼吸を整えながら先を進んだ。

DSCF4217

この日は僕とは逆回りで穂高岳山荘から来たと思われる韓国人の登山者とすれ違うことが多かった。岳沢パノラマを超えてから結構な人数の韓国人登山者とすれ違った。

紀美子平から前穂高岳山頂へ

DSCF4221

紀美子平に到着。

DSCF4222

ここから前穂高岳山頂は往復で約1時間ほど。

みんなバックパックをここにデポして身軽な状態で山頂を目指すため、紀美子平周辺は休憩する登山者と持ち主不在のバックパックで溢れかえっていた。

DSCF4229

かなり疲れていた僕は前穂高岳の山頂まで行くかどうかを迷っていた。

前回もここまでは順調だったものの、奥穂高岳に向かう吊り尾根でヘトヘトになってしまい、穂高岳山荘への到着が予定よりも遅れてしまった。

昨年登ったし今回はいいかな・・・と思ったものの、天気も良いしこのままスルーするのは勿体ないなと思い、カメラとサコッシュだけ持って山頂に向かうことに決めた。

DSCF4243

背中の重り(バックパック)がないだけでこんなに快適な歩行ができるとは!

軽いは正義。

軽やかな足取りで前穂高岳山頂に到着した。

DSCF4242

前穂高岳の山頂はゴロゴロした岩で形成されており、山頂の標識から更に先へ進むことができる。少し歩くと奥穂高岳からその先にそびえる槍ヶ岳までばっちり見える。

DSCF4237

槍からの表銀座方面もよく見える。

DSCF4234

そして涸沢カールと涸沢小屋、涸沢ヒュッテもばっちり。

写真左上には宿泊地の穂高岳山荘も。

DSCF4235

涸沢のテント場はそれほど混雑していないようだった。

DSCF4241

手前の岩稜帯に目を向けるとオレンジ色のヘルメットを着用した登山者が歩いていた。

涸沢から登ってきたのかな?

前穂高岳山頂からの絶景をしばし楽しんだあとは紀美子平に戻った。

吊り尾根を歩いて奥穂高岳山頂へ

DSCF4244

紀美子平に戻って荷物を回収し、吊り尾根を歩いて奥穂高岳山頂へ向かう。

DSCF4248

吊り尾根は山の斜面をトラバースしながら時々岩場を登ったりして進んでいく。

写真では大変なコースには見えないが実際に歩くと結構辛い。

DSCF4256

しばらく歩いたところでバックパックを下して休憩した。

上の写真は休憩中に前穂高岳を振り返って撮影したもの。

DSCF4257

休憩後も頑張って歩き、最後の急登を登る。

奥穂高岳登頂!

DSCF4263

そしてようやく奥穂高岳山頂に到着した。

しかし山頂は雲に覆われ晴れ間はほんの僅かだった・・・。

昨年は完全にガスに覆われていたし、他の山から見た時もそうだったけど、昼以降の時間帯は雲に覆われるケースが多いのかもしれないと思った。

DSCF4258

薄い板状の岩が連なっているように見えるジャンダルム。

北穂高岳と槍ヶ岳の間の大キレットはいつか歩いてみたいと思っているけど、ジャンダルムはYoutubeなどで動画を見る限りはちょっと無理かな・・・。

奥穂高岳山頂から穂高岳山荘へ

奥穂高岳山頂は昨年と同様に残念な展望でした。

山頂でゆっくり休憩するよりも早く穂高岳山荘に行ってテント場のスペースを確保したほうがいいなと思い、足早に山頂を立ち去ることに。

ライチョウの家族に遭遇

DSCF4266

奥穂高岳山頂から穂高岳山荘に向かって歩き始めてすぐのところで山の谷側の斜面に向かってカメラを向けている登山者が目に入り、そのカメラの方向に目を向けてみるとライチョウの親子が岩場を散歩中だった。

DSCF4267

雛は4羽くらい。

丸っこくて可愛かった。

DSCF4272

奥穂高岳山頂の展望はイマイチだったけど、ライチョウファミリーに出会ってこれまでの疲れが少しだけ癒されたような気がした。

穂高岳山荘に到着!テント場は大盛況

穂高岳山荘に到着。

到着した段階でテントを張れそうな場所はヘリポート周辺のみ。

小屋で受付をすると「ヘリポートの脇の砂利に隣のテントと間隔を開けずに張ってください」と言われた。「もし張れなかったらどうしたらいいですか?」と聞いたら「張れます!」と断言されてしまった。

確かに張れた。

DSCF4585

その後もテント泊の登山者は増え続け、結局ヘリポート内の平らな部分にまでテントが張られることに・・・。

僕の設営した場所は断崖絶壁で、風で吹き飛ばされたり寝返りを打ちすぎたら確実に死ねる場所だったけど、あとから来た人は平らなヘリポートの真ん中。ちょっと羨ましいなと思った。

DSCF4586

テント設営後は特にやることもなく周辺をウロウロしていた。

DSCF4598

日の入りの時間が近づいてきたところで雲とガスが少しだけ晴れた。

DSCF5307

さっきまで見えなかった太陽が顔を出し、日の入りを楽しむことができるかと思いきや、ふたたびガスが谷側から吹き上がってきて何も見えなくなってしまった。

DSCF5310

太陽が沈んでからはテントに戻りシュラフに入って眠ることに。

夜は谷側からの風によって、テントのフライシートがバサバサと音を立てて満足に眠ることができなかった。テントを断崖絶壁に設営したことで、入り口と反対側のフライシートを固定できなかったのが騒音の原因になった。

寝始めてすぐの時間帯は雲が取れて星空が見えていたが、徐々に風が強くなり、朝方にテントの外に顔を出してみると何も見えなくなっていた。

穂高岳山荘から涸沢経由で上高地へ

DSCF5320

日の出前の早朝にテントを撤収し穂高岳山荘前に移動した。

あわよくばご来光をと思ったが、残念ながら周囲はガスの中。

DSCF5314

すぐにでも出発したかったが、あまりに暗い中でザイテングラートを歩くのは危険かなと思い、薄明るくなってきたところで穂高岳山荘を出発した。

DSCF5324

出発してすぐにヘッドライトの必要はなくなった。

周囲はうっすらガスに包まれている状態だったが、ガスが徐々に晴れ、涸沢周辺の斜面が薄明るい暖色に照らされているように見えた。

DSCF5337

そして分厚い雲に覆われていた東の空から太陽が顔を出した。

DSCF5338

まだ危険な岩場の途中だったが、足場の安定した場所で立ち止まって朝の景色を堪能した。

DSCF5345

ザイテングラートを抜け、涸沢に近づいてきたところで後ろを振り返ると、早朝あれだけガスに覆われていた穂高岳山荘から奥穂高岳方面が見事に晴れていた。

昨年もそうだったけど奥穂高岳は早朝の時間帯に登った方が良いのかもしれないと思った。

DSCF5350

涸沢に到着。

涸沢のテント場は山の上から見た時よりもテントの数は少なめ。時間も時間だからすでに撤収して下山を開始しているのかもしれない。

涸沢小屋で小休止した後に上高地バスターミナルへ向けて出発した。

DSCF5352

ひたすら歩いて先行者をどんどん追い抜き先へ進んだ。

DSCF5354

そして徳沢に到着。

DSCF5353

時間に余裕があったためソフトクリームを注文。

そしてその後は休憩なしで一気に上高地まで。

DSCF5357

10時半近くに河童橋に到着。

この時間の上高地は僕とは目的の違う人たちで賑わっていた。

そのままバスターミナルまで移動すると、時刻表にはない臨時と思われるバスがやってきた。これは乗るしかないと飛び乗って、車を停めてある沢渡バスターミナルまで移動した。

車に戻り着替えて出発。

穂高岳山荘から上高地バスターミナルまでは5時間半くらいだったけど、マイカーに乗り換えてから自宅に到着したのはそれ以上の時間を要してしまった・・・。

中央自動車道恐るべし。

 

前穂高・奥穂高タイトル
重太郎新道を歩いて前穂高岳と奥穂高岳に登り、穂高岳山荘にソロテント泊してきた

  前穂高岳と奥穂高岳を重太郎新道から歩くという計画は、前からあるにはあったが、どうせここを歩くなら3日以上の行程で北穂高岳まで経由して・・・と考えていたため、なかなか実現しなかった。 そこ ...

続きを見る



-北アルプス 登山
-, ,

Copyright© 1192ch , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.