5つのハイキングコースを繋いで鎌倉を一周してきた

その他 登山

登山を始めてしばらく経ってから鎌倉にハイキングコースがあることを知った。家からそれほど離れていない所にこんな素晴らしい場所があるなんて!

灯台下暗し。

今回は鎌倉駅を起点に点在する幾つかのハイキングコースを1日でまとめて歩いてみたのでその模様をお伝えする。

スポンサーリンク

鎌倉駅から大仏ハイキングコースへ

7:40

今回は鎌倉駅をスタートして最後にまた戻ってくる。

大仏ハイキングコースは長谷の高徳院の先にあるので、西口から出発するのが最短コースだが、天気が良いので海に寄り道してから行くことにした。

由比ヶ浜海水浴場へ

鎌倉駅から少し歩いて海へ。

気持ちの良い朝。

風はそれほど吹いていなくて波は穏やか。

時間に余裕があればここでコーヒーを飲みながら海を眺めていたい。

砂浜を長谷の坂ノ下方面に歩き、御霊神社を経由して大仏ハイキングコースに向かう。

御霊神社

江ノ電の撮影スポットとしても有名な御霊神社。

今回はじっくり撮影する時間がないので先を急ぐ。

御霊神社から長谷駅に出て、そこから大仏のいる高徳院に向かう。

高徳院で鎌倉の大仏を見物

時間が無いと言いながら拝観料を払って高徳院に入る・・・。

まだ朝方ということもあって人はまばら。

大仏の左下に座る子供が可愛らしい。

大仏の周りをぐるりと撮影して本来のルートに戻った。

大仏ハイキングコースから葛原岡ハイキングコースへ

8:43

高徳院から少し歩いたところにある階段を登る。

ここが大仏ハイキングコースのスタート地点。

入口からしばらく階段を登る。

大仏切通に寄り道

近くに大仏切通(だいぶつきりどおし)という場所があるので立ち寄ってみる。

鎌倉の道路脇を少し入ったところにこんな場所があるなんて今まで知らなかった。

その後はハイキングコースに戻り、チェックポイントの葛原岡神社に向かう。

葛原岡神社に着く少し手前で景色が開ける場所がある。

木々の切れ間から海が見えた。

さらに進んでいく。

今回は銭洗弁天や佐助稲荷神社は時間の都合で立ち寄らないが、大仏ハイキングコースだけを歩く場合は立ち寄ってみてもいいと思う。

葛原岡ハイキングコースから浄智寺へ

9:41

葛原岡神社に到着。

ここはご縁結びのご利益があるらしい。5月下旬から6月上旬にかけてアジサイが綺麗に咲くアジサイスポットとしても有名。

ここから先は葛原岡ハイキングコースに名称が変わる。

9:54

浄智寺に到着。

葛原岡ハイキングコースはここで終了。

葛原岡神社からあっという間なので、北鎌倉に遊びに来た方は浄智寺の脇から試しに歩いてみてほしい。

浄智寺から天園ハイキングコースへ

浄智寺の脇を通り明月院方向に向かう。

明月院を左に曲がり少し歩いたところに天園ハイキングコースの入口がある。

天園ハイキングコースは建長寺からも入れるが、あちらは拝観料を払わなければならないので、こちらから入ったほうがお得。

天園ハイキングコースは大平山の山頂へ続くハイキングコースで、別名鎌倉アルプスとも呼ばれている。

大仏ハイキングコースよりも人里に近いからか、周囲からの生活音が色々と聞こえてくる。近所の裏山といった感じ。

大平山の山頂に到着

10:51

標高159mの大平山に到着。

低山ではあるが眺めもよくハイカーに人気のスポット。

ただ視線を左に向けると・・・。

山頂の隣には鎌倉カントリークラブが・・・。

ここまで歩いてきた達成感が帳消しになる瞬間。

隣がゴルフ場という若干残念な場所ではあるものの、山頂から少し下ればこのような広場があり、レジャーシートを敷いて食事を食べながら休憩することができる。

そしてゴルフ場の反対側は眺めの良い景色が広がっている。

天園ハイキングコースを歩いて明王院方面へ

天園ハイキングコースをさらに進む。

大平山から少し歩いたところのトイレそばからランドマークタワーが見えた。

どうやらここは横浜市内最高地点らしい。

ホントかな?

天園休憩所は「本日は終了しました」の鎖がかかり、中は満席状態だった。

ここで休憩するつもりだったが当てが外れてしまった。

こうなったら次の衣張山ハイキングコースに入る前のどこかで店に入って昼食を食べるしかないな・・・と歩く目的を無理やり作った。

この立て看板が見えてきたら明王院方向に向かう。 

明王院

11:40

天園ハイキングコースから明王院に下りてきた。

ここから次の衣張山ハイキングコースのスタート地点まで一般道を鎌倉方面にしばらく歩く。

魚菜佳肴 百舌で休憩

魚菜佳肴 百舌

衣張山ハイキングコースの前に腹ごしらえ。

報国寺に入る手前のところで百舌(モズ)というお店が営業していたので迷わず飛び込んだ。食べログの評価はそれほどでもなかったが、空腹の僕にはもう何でも良かった。

日替わり定食のどんぶり飯と、鎌倉ビールを胃袋に流し込んだ。

最高!

衣張山ハイキングコースからまんだら堂やぐら群方面へ

12:20

衣張山に通じる平成巡礼道から衣張山ハイキングコースに入る。

ここから衣張山の山頂まで10~15分程度で登ることができる。

衣張山の山頂

12:30

衣張山の山頂に到着。

衣張山は邦画「海街diary」のロケ地としても有名。

今回のようなバカげたハイキング目的でなければ、竹林で有名な報国寺から歩いてすぐなので、来たついでに立ち寄ってみてほしい。

お猿畠の大切岸

12:50

お猿畠の大切岸を通過。

つい最近までは敵の侵入を防ぐための防御施設と言われていたが、実際は建物の基礎などに使う石の石切場だったとのこと。

まんだら堂やぐら群

13:00

まんだら堂やぐら群が公開されていたので立ち寄ってみた。

この「やぐら」というのは鎌倉時代中期から室町時代末期くらいに造られたいわゆるお墓で、やぐら”群”という名称にある通り、ここには確認されただけでも150もの穴が確認されている大規模なやぐら群とのこと。

この場所は期間限定公開になっているので、興味のある方は逗子市のホームページを要確認。

社会教育課 | 逗子市

鎌倉方面に下りて一般道をしばらく歩く

まんだら堂やぐら群から少し戻った分岐から鎌倉方面に下りる。

ここからしばらく一般道を歩き、次のハイキングコースのある八雲神社に向かう。

祇園山ハイキングコース

13:30

本日最後のハイキングコースは祇園山ハイキングコース。

八雲神社の右奥に行くと登山口がある。

この辺りまで来ると他のハイキングコースとの違いが分からなくなり、

見晴台から見える景色も既視感が高まってくる。

見晴台で少し休憩したあとは腹切りやぐら方面に進む。

13:57

腹切りやぐらに到着。

腹切やぐらには「自刃した北条氏一門等の遺骨を埋葬した」という伝承が残されているようで、立て看板に「参拝以外の立入禁止」と書かれていたので、奥にあるやぐらの撮影はやめておいた。

鎌倉駅に戻る

朝の7時40分に出発した鎌倉ハイキングコース1周の旅は、昼休憩を除くと約6時間の行動時間になった。

これまで鎌倉のハイキングコースを歩いても物足りないなあと思っていたので、それなら全部歩いてみればいいのでは?と思い付きで始まった企画だが、実際に歩いてみるとなかなか骨の折れるコースであることが分かった。

今回のコースを全て歩くのはお勧めしないが、それぞれのハイキングコースは天気が良ければ初心者でも観光のついででも歩けるコンパクトなものになっているので、興味のある方は鎌倉観光のついでに歩いてみてはどうだろう?

コメント