上高地の小梨平キャンプ場にテントを張って焼岳に登ってきた

焼岳 北アルプス 登山

日曜と敬老の日の連休を利用して北アルプスの焼岳(やけだけ)に登ってきた。

焼岳は本来日帰りで登る山だが、のんびり山登りをしたいという同僚の希望で、上高地の小梨平キャンプ場にテントを設営して荷物を軽くしたうえで山頂を目指すことになった。

スポンサーリンク

沢渡大橋駐車場で車中泊

土曜日の夜に横浜を出発し長野県の松本市方面へ。

上高地はマイカー規制があるため、手前の沢渡(さわんど)大橋駐車場に車を停めて車中泊し、翌朝バスで上高地へ移動する。

大正池から小梨平キャンプ場へ

大正池

上高地バスターミナルに直行すると小梨平キャンプ場に早く着きすぎてしまい、テントの受付もすぐにできないだろうと考えて、大正池で下車して周囲を散策しながらキャンプ場に向かった。  

朝の大正池周辺は幻想的な雰囲気だった。

梓川

大正池から梓川沿いを散策しながら小梨平キャンプ場まで歩いた。

水は凄く透き通っていて水深の深い所はエメラルドグリーンに見えた。

小梨平キャンプ場

小梨平キャンプ場には7時過ぎに到着。

小梨平キャンプ場

受付を済ませてテントを設営。

小梨平キャンプ場

穂高連峰が一望できる梓川沿いのテントサイトは既に埋まっていた。

ここはキャンプ場なので山のテント場よりも設備が充実していた。トイレは水洗で無料だし炊事場もあるし、時間は限られているが風呂まである。

売店には調理用の食材まで販売されていた。これまで山の限られた環境下でテント泊してきたこともあり、キャンプ場の贅沢な環境に少々戸惑った。

焼岳へ向けて出発

上高地

テントを設営して一息ついたときは、このままキャンプ場でまったりすごそうかという話も上がったが、天気の良いうちに登っておこうということになり必要な荷物を持って出発した。

梓川沿いをしばらく歩いて登山口に向かう。

焼岳の登山道は序盤は緩やかな樹林帯。

スタートが遅かったこともあり序盤は人が少なめ。 焼岳でも最近熊の目撃情報があったらしいので、鈴を鳴らしながら歩いた。

しばらく歩くと階段やハシゴが増えてきた。

焼岳

 

長いハシゴを登る

焼岳

この長いハシゴはなかなかの高度感。

焼岳

ハシゴを登ってすぐの鎖場。

写真では伝わらないが結構怖かった。雨で濡れると危険度が増すような気がする。

焼岳

ハシゴを超えたあたりが森林限界。

焼岳

つづら折りの登山道を登っていく。

焼岳小屋

焼岳小屋

焼岳小屋に到着。

カップヌードルカレー味

ここでは焼岳のピンバッジを購入して持ってきたカップラーメンを食べた。

焼岳山頂方向に目を向けると雲がだいぶ増えてきて怪しげな天候に・・・。

いざ山頂へ!

焼岳

焼岳小屋を出発した段階で山頂は雲の中。

焼岳

雲の切れ間から青空が見えているし山頂に到着する頃には晴れるかもしれない。

そう思いながら先へ進んだ。

焼岳

しばらく登ったところで振り返ってみる。

写真右中央には上高地周辺と思われる赤い屋根建物が見えた。

焼岳

山頂が近づいてくると草木の生えない岩と砂の斜面になってきた。

焼岳

同僚がへばってきたので少しペースを落としてゆっくりと山頂に向かった。

焼岳の山頂に到着!

焼岳

焼岳の山頂に到着!

しかしガスで何も見えない・・・。

そして風が強くて寒い。

焼岳

風が強いからか時々ガスが晴れて旧火口の正賀池(写真中央)や、新火口のインキョ穴(池の右少し手前)が見えた。

焼岳

写真左下には激しく硫黄の臭いを乗せた煙がもくもくと吹き上がっていて、時折風に乗ってこちらに煙が流れてきた。

山頂で記念撮影をして少し休憩したところで来た道を戻って下山することにした。

下山・食事・睡眠

焼岳

来た道をヘトヘトになりながら下山し、テントの張ってある小梨平キャンプ場へ戻った。

荷物をテントに放り込んで売店へ走りビールとポテトチップスを購入した。

テントの近くのテーブル付きのベンチに座り、お湯を沸かしてアルファ米に注ぎ、ビールを飲みながらアルファ米の出来上がりを待った。

出来上がったアルファ米にレトルトカレーをかけて食べた。

普段は食欲旺盛な連れの同僚は、売店で冷凍豚肉に目を付けたらしく、乾麺に入れて食べるといって購入していた。豚肉の値札には「ハンガリー産」と書かれていた。

何の味付けもせずに塩ラーメンに放り込まれたハンガリー産の豚肉は、かなりお気に召さなかったようで「獣の臭いがする」と言って殆ど食べずに残してしまっていた。

登山の疲れによって味覚が敏感になってしまっていたのか、単に調理方法がアレだったのかは分からないが、人が不味いと言っているものをわざわざ食べたいとも思えず、僕は黙々と自分の美味しいチキンカレーを食べた。

時刻は18時。

登山でテント泊する場合は寝ても別におかしくない時間ではあるが周囲はまだ騒がしい。この辺りが登山のテント場とキャンプ場の違いなのかもしれない。

不味い豚肉を食べてテンションの下がった彼はそそくさと自分のテントに戻ってノイジーなサウンドを奏で出した。

僕もすることがないのでテントに入り、しばらくスマホを見て時間を潰していたが、だんだん眠くなってきたので眠ることにした。

夜に目が覚めた。

時計を見ると22時過ぎだった。

テントから顔を出してみると夜空が綺麗だった。外はそれほど寒くなくトイレがてら星空でも撮影してみようと思い数十枚撮影した中で唯一「星空」として認識できた写真がこれ・・・。

あれこれやって粘ってみたものの上手に撮影することができなかった。

諦めてテントに戻ろうとしたら、川沿いで花火をしてはしゃいでいる人たちがいた。どこにでも迷惑な連中というのは少なからずいるんだなあと残念に感じながらテントに戻った。

僕たちのテント場の近くじゃなくて良かった。  

起床・撤収

普段はテントで満足に眠れない僕がなぜか熟睡。

ぐっすり眠って朝の5時に起床。

暖かいコーヒーを飲み、朝食を食べ、テントの中でまったりと過ごした。

爆睡していた連れが隣のテントから出てきた。

まだ昨晩の豚肉を引きずっているらしく、腹は減っているが食欲が無いと意味不明なことを言っていた。

2日目は乗鞍岳えに登って白骨温泉に入って帰るというプランも用意していたが、昨日の疲れが結構残っていたのでテントを撤収して帰ることにした。

テントを撤収して上高地バスターミナルから沢渡大橋駐車場までのバスに乗り、駐車場から車で横浜に戻った。

3連休の最終日ということで中央道は混み始めていた。

コメント