【テント泊登山】槍ヶ岳の穂先へ【北アルプス裏銀座縦走の旅 #4】

槍ヶ岳山荘 北アルプス 登山

前回の記事

【テント泊登山】予定を変更して三俣蓮華岳から黒部五郎岳へ!【北アルプス裏銀座縦走の旅 #3】
前回の記事 初めての長期縦走登山は北アルプスの裏銀座。 1日目は北アルプス三大急登のブナ立尾根を登り、烏帽子小屋でテント泊。2日目の今日は黒部の山賊の舞台になった三俣山荘でテント泊。 3日目は裏銀座のルートを少し外れて寄り道。

初めての長期縦走登山は北アルプスの裏銀座。

1日目は北アルプス三大急登のブナ立尾根を登り、烏帽子小屋でテント泊。2日目の今日は黒部の山賊の舞台になった三俣山荘でテント泊。3日目は裏銀座のルートを少し外れて寄り道。

そして4日目はいよいよ槍の穂先へ。

スポンサーリンク

早朝に出発して三俣蓮華岳へ

3時に起床し出発の準備を整える。

あまりに早い時間からガサゴソと物音をたてると周りに迷惑かなと思ったが、既に行動開始している人たちがいたので気にする必要はなさそう。

諸々の準備を整え4時に出発。

今日はいよいよ槍ヶ岳を目指して西鎌尾根を歩く。槍の穂先が今回の旅の最終目的地だ。

まずは三俣蓮華岳へ向けてひたすら登る。

背後には昨日登った黒部五郎岳が朝日に照らされていた。

昨日はここを下りながら「登り返すのはなかなか大変そうだぞ・・・」と思っていたが、思っていたよりも簡単に三俣蓮華岳まで戻ることができた。

前日のゆったりした行程で体力が回復したのかもしれない。

三俣蓮華岳から今日の目的地を見据える。

あんなに遠くの尖った山の先端に今日のうちに登れるのだろうか?と思ってしまうが、コースタイム通りに歩けば昼過ぎくらいには到着できるようだ。

双六岳へ

三俣蓮華岳から双六岳方面に向かうには、三俣山荘方面に下ってから行く巻道と、双六岳山頂へ向かうルートと、山頂に向かう途中で双六小屋方面に下るルートの3通り。

ここまで順調に歩いてくることができた僕は双六岳の山頂を目指すことにした。

双六岳

6:53

双六岳(2,860m)の山頂に到着!

山頂では電波が非力なソフトバンクでもデータ通信が可能だった。

現代テクノロジーを用いて下界の情報(仕事のメール)を確認したのちに双六小屋へ向かっていったん下る。

双六岳

双六岳を双六小屋方面に向かって少し下ると、辺り一帯が丸みを帯びた広がりのある登山道にさしかかる。この辺りのトレイルは平坦で、槍ヶ岳も見えて、とにかく素晴らしい。

双六岳

ここはすぐに通り過ぎてしまうのが勿体ない気がして、景色を楽しみながらゆっくりと歩いた。  

西鎌尾根へ!

双六小屋

7:47

双六小屋で小休止。

休憩後はいよいよ裏銀座縦走のクライマックス。

西鎌尾根を歩いて槍ヶ岳山頂を目指す。

まずは双六小屋の目の前にある樅沢岳に登る。

樅沢岳の山頂で今日のゴール地点を再確認

西鎌尾根とその奥にそびえる槍ヶ岳を一望することができる。

西鎌尾根

ようやく槍ヶ岳への道筋が見えてきた。

そして視線を反対方向に向けると鷲羽岳、三俣山荘、三俣蓮華岳もよく見えた。

途中でガサゴソと足元で音がしたので目を向けてみるとカエルがいた。

この辺りには水気はまったく無いんだけど、いったいどこから来たのだろうか。

ブナ立尾根を登っている時にも木に登っているカエルを見かけたけど、いったい彼らはどこから何のためにこんな標高の高い所にいるのだろう?

トレッキングポールで優しくツンツンしたらフリーズしてしまった。

双六小屋と槍ヶ岳の中間地点の左俣乗越

10:00

左俣乗越が双六小屋と槍ヶ岳の中間地点のようだ。

表示によれば槍ヶ岳まで3時間だから、このまま順調に歩けば少なくとも13時には槍ヶ岳山荘に到着することができそうだ。

徐々に険しくなってきた

左俣乗越から進むにつれて徐々に険しい登山道になってきた。

西鎌尾根

この辺りから鎖場が出てくる。

西鎌尾根

登るぶんにはそれほど怖くない。

西鎌尾根

僕個人としてはクサリ場よりも左に切れ落ちた滑りやすそうな細い道のほうが怖かった。

千丈乗越

11:12

そんなこんなで千丈乗越に到着。

小さなベンチがあったので腰を掛けて休憩した。

ラストスパート!

西鎌尾根

ご覧の通り槍ヶ岳山荘はすでに見えていて、もうちょっと頑張れば到着かなと思っていたが、ここからがとても長かった。

西鎌尾根

急登というわけではないが、つづら折りの登りが長く続き、槍ヶ岳山荘が見えているのに、歩いても歩いても進んでいるように感じられなかった。

何度も立ち止まりながら「あと少し!」と自分に言い聞かせながら歩いた。

槍ヶ岳山荘に到着

槍ヶ岳山荘

12:15

ようやく槍ヶ岳山荘へ到着した!

小屋の前でしばらく放心状態になっていた僕は、我に返ってテント泊の受付をするために槍ヶ岳山荘の中に入った。  

槍ヶ岳山荘のテント場

槍ヶ岳山荘のテント場

槍ヶ岳山荘のテント場は場所指定制。

受付でテントの大きさを告げると、それではこちらへと地図で設営場所を教えてくれる。

1,000円の幕営料を支払うと指定されたテント場の番号が書かれた木の板を渡される。

僕が今回指定された場所は1番。

槍ヶ岳山荘のテント場

テント場の中でも比較的小屋に近く、なかなか良い場所だった。

テントの中でダウン

テントを設営して中で横になると、疲れがどっと押し寄せてきて気分が悪くなってしまった。

このままだと今日のうちに槍ヶ岳の山頂に行くのは難しいかもしれない・・・まぁ登らないまま下山してもいいや・・・みたいなことを考えながら横になっていた。

そしてしばらく寝ていたら体調が回復してきた。

もしかしたら腹が減っているだけかもしれないと思い、槍ヶ岳山荘の食堂で牛丼を食べてみたところ、みるみる元気が出てきて食べ終わる頃には体長は完全に回復していた。  

道中の補給が足りずハンガーノックになっていたのかもしれない。

槍の穂先へ

槍ヶ岳

すっかり元気になったので槍ヶ岳の山頂に向かった。

到着した時よりもだいぶ雲が出てきたが山頂はまだ晴れている。

槍ヶ岳

先行している初心者山ガールのような方々が渋滞を発生させていた。

槍ヶ岳

登り方もおぼつかない感じ。

落石だけは勘弁してくれよと願いながら見守った。

槍ヶ岳

槍ヶ岳は思っていたよりも高度感があって登り応えがあって楽しい。

槍ヶ岳の山頂に到着!

槍ヶ岳

14:40

槍ヶ岳(3,180m)の山頂に到着!

しかし・・・

槍ヶ岳

何も見えない。

登り始めた時の不安が的中した。

山頂に近付くにつれあたりはガスに覆われ、山頂に到着した段階で周囲の視界はほぼゼロ。快晴続きの日々だったのにゴールに着いたらガスで何も見えない・・・というオチが待っていた。

残念ながら山頂からの景色を楽しむことはできなかったが、裏銀座を歩いてここまで来たことに意味がある。

絶景は他の場所で沢山見てきたし、槍からの展望は次の機会に取っておこうと思った。

テント場に戻る

槍ヶ岳

山頂で少し待ってみたが、晴れ間はやってきそうになかったため、テント場に戻ることにした。

下りは結構な高度感があり、かつ落石をおこさないように慎重に足の置き場を選んでいくため、結構神経をすり減らした。

先行する人が誰もいなければ落石など気にせずに下れるのだが。

そして無事に槍ヶ岳山荘まで戻ると槍の山頂に晴れ間が・・・。

日没

槍ヶ岳

夕方になると周囲は完全にガスに包まれてしまい、何も見えなくなってしまったので、テントに入って日が暮れるのを待った。  

日の入りの時刻が近づいてきたのでテントの外に出てみると、雲の切れ間から太陽が見えた。

急いでカメラを用意して日の入りをタイムラプスで撮影し始めたが、 SDカードが満タンになってしまい撮影が途中で止まってしまった。

不要な写真データを消して空き容量を捻出しているあいだに太陽は雲の中に消えていった。

就寝

辺りは再びガスに覆われ、撮影する対象もなくなってしまった。

そういえば財布の中のお金がピンチだったことを思い出す。

今回4泊5日ということで、それなりの現金を持ってきたつもりでいたが、山小屋で飲むコーラやビール、そして美味しい食事についつい手を出してしまい、想定していた以上のお金を使ってしまった。

ここで問題なのが下山後のお土産である。

いま手持ちの現金をお土産に使ってしまうと、下山後に温泉に入れなければビールも飲めない。スマホで調べてみたが新穂高温泉にATMはなさそうだった。

すっかり困り果てていた僕は突如閃いた。

「お土産をネット通販で買えば下山後のお土産代が浮いて温泉とラーメンの代金を捻出できるのでは?」と。

テントの中で閃いた僕は、インターネット通販サイトにアクセスし、登山の定番お土産「雷鳥の里」を検索してみたところ、クレジットカード決済でネット購入できることが分かった。

僕はすかさず雷鳥の里をカートに入れ、届け先を職場に設定して決済ボタンを押した。

created by Rinker
【全国こだわりご当地グルメ】
¥1,277 (2020/09/24 00:24:32時点 Amazon調べ-詳細)

これにて一件落着。

資金繰り問題が無事に解決して安心した僕はシュラフに入って明日に備えて眠ることにした。

続きはこちら

【テント泊登山】槍ヶ岳から新穂高温泉に下山【北アルプス裏銀座縦走の旅 #5】
前回の記事 1日目は北アルプス三大急登のブナ立尾根を登り、烏帽子小屋でテント泊。2日目の今日は黒部の山賊の舞台になった三俣山荘でテント泊。3日目は裏銀座のルートを少し外れて寄り道。4日目は西鎌尾根を経て槍の穂先に立った。 5日目の最...

コメント