晩秋の雲取山で初めてのテント泊

奥多摩・奥秩父 登山

11月下旬。

せっかくの2連休&晴天予報ということなので、先日の熊野古道の小辺路縦走用に購入して使うことなく終わったテントを持って初めてのテント泊登山に挑戦する運びとなった。

登る山は東京都最高峰の雲取山。

今回はソロではなく職場の同僚と2人で登る。

スポンサーリンク

鴨沢駐車場は満車

朝の8時過ぎに鴨沢駐車場に到着するも満車。

雲取山周辺の駐車場は上から埋まるということを考えると、鴨沢の駐車場が満車の時点で・・・と早くも行き詰まった感が漂う・・・。

とりあえずダメもとで小袖駐車場に行ってみようと車を走らせると、鴨沢駐車場のすぐ上に駐車スペースがあったので慌てて車を滑り込ませた。

※鴨沢バス停脇の駐車場は現在使用できません

他の登山客も車を停めていたし「雲取山登山の方は奥に停めてください」と書いてあったから有難く使わせてもらった。  

登山開始

8時30分。

準備を整えて出発。

鴨沢駐車場から登山口まで約30分。小袖駐車場に車を停められればこの30分を節約することができるが、小袖駐車場の一角は売りに出されているようで車が進入できなくなってしまっていた。

駐車できないことはないが以前よりも駐車スペースは大幅に狭くなっているようだった。

※小袖駐車場は丹波山村村営駐車場となり無料で利用できるようになったようです

小袖の駐車場脇の舗装路を少し歩くと雲取山登山口に到着する。

そこから先は本格的な登山道になる。

時期も時期だけに山の紅葉はすでに終わっていて木々も丸裸かな?と半分諦めていたけど、登山を開始してしばらくの間は紅葉を楽しむことができた。

廃屋の周辺は色鮮やかな落ち葉が絨毯のように敷き詰められていた。

雲取山まで約2時間45分。

まだまだ先は長い。

七ツ石小屋分岐

左に行けば雲取山への近道。

でも腹ぺこだった僕たちは昼食と水の補給のために右の七ツ石小屋ルートへ。

七ツ石小屋

12時前に七ツ石小屋に到着。

ここで昼食を食べる。

休憩中も後続の登山者が登ってきた。

昼食はサタケのドライカレー。

この手のフリーズドライ製品からはいずれ卒業したいと思ってはいるが、自宅でも自炊をしない僕が手の込んだ具材を山に持ってくることができるのだろうか?

七ツ石小屋からは富士山がよく見える。

小屋に置いてある双眼鏡を使えばドアップの富士山を堪能できるし、一眼レフの望遠レンズを持って来れば上の写真のように富士山を大きく撮影することができる。

奥多摩小屋へ

それほど美味くもなく、かといって不味くもなく、ただ胃袋が満たされただけの昼食を済ませたところで小屋を出発した。

七ツ石小屋から雲取山方面に登っていくと石尾根に出る。

ここまで来ればあとは尾根道をひたすら歩いていけば奥多摩小屋に到着する。

緩やかな石尾根を歩きながら左を向けば重なり合う山々の向こうに富士山が見える。石尾根に出てこの景色が目に飛び込んできたときは、ここまでの疲れが一瞬吹き飛んだ。

ヘリポートまでくれば奥多摩小屋はもうすぐ。

14時少し前に奥多摩小屋に到着。

ここに来るまでの間にテントの設営場所を雲取山荘にするかここにするか迷っていた。インターネットで事前に調べた感じだと奥多摩小屋のテント場のほうが眺めが良さそう。

色々考えた結果、景色がどうこうよりも重たい荷物をこれ以上背負いたくないという結論に至り、奥多摩小屋にテントを張って必要な荷物だけ持って山頂を目指すことにした。

奥多摩小屋のテント場にテントを設営

奥多摩小屋でテント設営料金400円を支払い、良さそうな設営場所を探した。

しかしすでに先客が結構いて小屋に近くて景色の良さそうな場所は既に抑えられていた。仕方なくヘリポートの近くの平地にテントを設営した。

事前に試し張りをせずにYouTubeの動画で張り方を1回見ただけだったので、設営に時間を要してしまった。ペグもうまく打てずフライシートに張りがない・・・。

14時45分。

テントの設営が完了したところで山頂に向けて出発。

不要な荷物はテントに置いてきたので楽勝だぜ!

・・・なんて思ったのもつかの間。

結構辛い。

雲取山の避難小屋が見えてきた。

あそこまで登れば登頂したも同然。

15時25分。

避難小屋に到着した。

小屋の裏には溶けた雪が凍り付いていた。

雲取山頂上はすぐそこ!

雲取山に登頂

15時30分。

雲取山に無事登頂!

山頂はそれほど人がいなかった。

どちらかと言うと避難小屋前の岩場のほうが登山者が多かったような気がする。避難小屋の前で「山頂だーっ!」と叫んでいる人がいたから勘違いしている人が結構いたのかも。

テント場に戻る

山頂での記念撮影が終わったところで僕たちはテントを設営してある奥多摩小屋のテント場まで引き返した。

16時15分。

テント場に戻ってきた。

石尾根は夕日に照らされてオレンジ色に染まっていた。

山でこのような夕暮れを眺めるのは初めて。

淡くグラデーションを重ねる山々と富士山に思わず見とれてしまった。

気温が一気に下がる

奥多摩小屋でビールを買ってテントの中で美味しく頂こう・・・と思っていたが美味しく飲めたのは1本目だけ。

陽が沈むと同時に気温が一気に下がり、素手でビールの缶を持てないくらい寒くなってきた。購入した350缶3本のうち飲み切れたのは2本まで。

残りの1本は寒すぎて手が出なかった。

フリーズドライのナポリタンを食べてシュラフに潜り込んだ。

この日は星空を撮ろうと思ってカメラのリモートスイッチを持ってきていたが、あまりの寒さに写真は数枚しか撮影することができなかった。

次はもっと暖かい時期に存分に撮影したい。

18時を過ぎた段階で食事も食べ終わり、ビールも飲み終わり、テント内のランタンは電池が切れてしまい、携帯は圏外で電波が入らず・・・とやることが無くなってしまったのでシュラフに入って眠ることにした。

その後は数時間おきに目が覚めては腕時計で時刻を確認する・・・という浅い眠りが続いた。

すぐ隣でテントを張って寝ていた同僚は相当寒かったらしく、ホッカイロを振るシャカシャカ音が鳴りやむことはなかった。(実際殆ど眠れなかったらしい)

起床

午前4時。

空腹に耐えられなくなった僕は何か食べることにした。

それにしても寒い。

結露したテントのフライシートは凍り付いていて、テントの前室に置いておいたジェットボイルの中の水や、ペットボトルの水はシャーベット状になっていた。

とりあえず寝袋に下半身を入れたまま上半身を起こして食事の準備に取り掛かった。

テントの前室で湯を沸かしてフリーズドライの牛飯にお湯を注いだ。出来上がるまでの待ち時間15分の間に余った湯でコーヒーを淹れた・・・が、あっという間に冷めてしまう。

一時的に復活したランタンの電池も再び切れた。

食後は特にすることもないため、再び寝袋に入って寝ては起きてを繰り返しながら朝日が昇るのを待った。

朝の散歩

朝日が昇ってきたところで撤収して下山したかったが、同僚が起きてテントから出てくる気配がなかったため、カメラを持って外を散歩することにした。

ベースレイヤー、フリース、ユニクロダウン、アウターと僕の手持ちの衣類をすべて重ね着してテントを出たがそれでも寒い。

地面は霜が降っていた。

写真がブレているのはたぶん寒さのせい。

朝日に照らされる富士山。

美しい。

オレンジ色の光に照らされる山々と雲ひとつない青空。

暖かい季節にコーヒーを飲みながらこんな景色を眺められたら最高だろうなあ。  

下山

7時30分。

テントを撤収し下山開始。

しばらく順調に歩いていたが、途中で左膝痛が発症。

熊野古道の小辺路縦走の最終日に出た痛みと同じような膝痛だった。

今回はサポートタイツを履いて膝痛の対策はとっていたが、歩き方が悪いのか足の筋力が不足しているのか・・・。

鴨沢駐車場まであと一息というところで昨日飲みきれなかったビールを飲んで休憩。

膝の痛みに耐えつつ10時くらいに車を停めてある駐車場に到着した。

11月の雲取山の夜は想像以上に寒く、手持ちの装備でなんとか凌ぐことができた。次はもう少し暖かい時期を狙ってビールを美味しく飲みたいと思った。

コメント

  1. がんぼ より:

    雲取山は、三条の湯からも、三峰神社からも上がれてバリエーションが多く楽しいッスね。おでんやも大好なおやまです。テントの選択も大正解と思います、おでんやもMSRを愛用しております!!

    • haradesugi masahiko より:

      雲取山は割と近場ですし、暖かくなったらまた行こうと思っています。次は車を使わずに縦走なんてのもいいかもしれませんね^^
      おでんやさんもMSRなんですね!今回の旅でテントとマットは十分満足のいくものだということが分かったので、次は食事にスポットを当てて、必要な道具を揃えていきたいと考えています^^

  2. まさ より:

    初めまして。
    12月上旬に雲取山にテント泊を考えているのですが、この11月に行かれた際はシュラフはどれくらいのものを利用されましたか??

    • haradesugi はらですぎ より:

      はじめまして。
      11月にテント泊した際に使用したシュラフはスパイラルダウンハガー♯2でした。
      マットは中に羽毛が入ったエアマット(エクスペド)を使って、防寒具はユニクロのウルトラライトダウンを着ていました。
      当日の気温や、他の道具との組み合わせにもよるので、何ともいえませんが寝ている間は快適でした。