雪の丹沢塔ノ岳登山

丹沢・箱根

昨年は思い出に残る素晴らしい登山ができた半面、山に行く日数が例年よりも少なく、今ひとつ納得のいかない1年だった。

登山は単なる趣味だから、何らかの達成目標があるわけでもなければ、他人の目を気にする必要もないのだけれど・・・。

というわけで2017年最初の登山は、登り慣れた丹沢の塔ノ岳。

スポンサーリンク

いつもの大倉から塔ノ岳へ

早朝に自宅を出発し、大倉バス停前のコインパーキングに到着したのは6時過ぎ。夏場なら埋まってしまう時間帯も冬の時期だからなのか駐車場はガラガラだった。

車を降りると眠気がすっ飛ぶ寒さ。

あまりの寒さに暖房をかけた車の中で着替えや靴の履き替えを行った。

このレイヤリングで大丈夫だろうか?と多少不安に感じながらも支度を整えて出発した。

朝日に照らされる樹林帯の木々

丹沢クリステル

恒例の丹沢クリステル撮影を終えたところで登山道に入る。

大倉から塔ノ岳に登る場合はピストンか鍋割山経由かのいずれかになる。

足に余裕があれば丹沢山まで歩いてもいいが、初めての丹沢登山の時に膝をやられてからトラウマになっていてそこまで頑張る気にはなれない。

この日は空に雲がほとんど見当たらない快晴。

登山口から少し足を進めたところで陽の光が差し込んできた。

僕はこの時間帯が好きだ。

バカ尾根を行く

素敵な朝の時間はあっという間。

久しぶりの登山で体が鈍っており、傾斜や段差のキツいところになると歩く速度がぐっと落ちる。それなりに早めにスタートしたはずなのに、後続の登山者にどんどん抜き去れれていく。

大倉尾根は通称「バカ尾根」と呼ばれているだけあって、だらだらとした登りが続く。そしてその登りのほとんどが階段。

大倉尾根は整備が行き届いていて歩きやすいが、延々と続く階段や木道を歩いていると登山が作業のように思えてくる。

そんなことを思いながらも毎度毎度来てしまうのだから、大倉尾根には言語化できない何らかの魅力があるのかもしれない。

しばらく歩いていると登山道の脇に白い雪がちらほらと目についてきて、先に進むにつれて雪が解けずに登山道に残っている場所が増えてきた。

花立山荘の近くまで来て後ろを振り返る。

秦野の町がよく見える。

花立山荘で軽アイゼンを装着

富士山がよく見える花立山荘で休憩&軽アイゼン装着。

この軽アイゼンは好日山荘で適当に選んで購入したもの。

留め具がスノーボードのバインディングのようなラチェット式になっていて、グローブをしたままでも簡単に脱着ができるなかなか便利な仕様。

楽しい雪歩き

軽アイゼンを装着すれば、雪で滑る心配は殆どない。

寒さで引き締まった雪面に軽アイゼンの爪が食い込むたびに「サクッ」「ザクッ」という気持ちの良い音が耳に入ってくる。

雪に食い込む足裏の感覚も軽快な音と相まって非常に気持ちが良い。

大倉尾根は山頂まで整備された登山道を歩くため、雪が積もっている季節でもチェーンスパイクか軽アイゼンがあれば十分登ることができる。

登山靴のみで山頂まで行けるような気もするが、整備されて歩きやすい大倉尾根でも油断は禁物。最低限の装備は整えておきたい。

塔ノ岳の山頂に到着!

楽しい雪歩きも山頂近くまで来ると、疲労と辛さのほうが勝っていて「あと少し」を心の中で連呼しながら足を進めた。

塔ノ岳の山頂

そんなわけでスタートしてから3時間と10分くらいで山頂に到着した。一般的なコースタイムは4時間くらいなので、久しぶりの登山にしてはまずまずではないだろうか。

塔ノ岳の山頂

雲も少なく良い天気。

塔ノ岳の山頂

富士山もよく見えた。

冬は空気が澄んでいて遠くまで見渡すことができる。

ベンチでカップヌードルを食べる

この日は自宅を出る直前に沸騰させたお湯を山専ボトルに入れて持ってきていた。

自宅を出てから数時間が経過した段階で、どのくらい保温できているかを確かめるために、キャップにお湯を注いで少し飲んでみたところ、飲めないくらいに熱々だった。

恐るべしサーモスの保温力。

そんなサーモスに入れてきたお湯をジェットボイルに入れて沸騰させ、持ってきたカップヌードルにお湯を注いで3分。

カップヌードルのカレー味が冷えた体に染み渡る。

同じカップヌードルでも家で食べるのと山で食べるのとでは美味さが違う。山での食事というのはそういうものだ。

山頂は時折強い風が吹きつけてくるので非常に寒かった。

できたてのカップヌードルがどんどん冷めていくので急いで胃袋に流し込んだ。

寒いので下山の準備

天気が良く最高の眺めだが、とにかく寒い。

3月くらいに来た時は山頂に長時間滞在してしまったが、1月の山頂は寒さでそういうわけにもいかず、食事とわずかな休憩を済ませたところで撤収作業に取り掛かった。

下山

登山における下山は僕がもっとも嫌いな時間帯である。

理由は2つ。

  • 退屈
  • 膝痛の心配

退屈なのは我慢できるが膝痛はそうはいかない。

足をコンプレッションしてくれるサポートタイツは使っているし、登山靴に入れるインソールも使っている。トレッキングポールを使って足に負荷がかからないように歩いているし、歩き方もネットや本で調べて実践したりもしてきた。

それでも膝痛は発生してしまう。

ここ数年はそれほど酷い状態にはなってはいないが、わずかな違和感やちょっとした痛みは毎回発生しているので下山の時間帯は膝痛のことが頭から離れない。

今回は来た道を半分くらい戻ったところで右膝に一瞬痛みが走り「あ、来た!」と思ったが、そこからより慎重に歩いたことで大事には至らなかった。

大倉バス停のそばにあるトイレの脇に足洗い場があるので、汚れた登山靴とトレッキングポールの先端を洗い、荷物を車に積み込んで帰路に着いた。

終わりに

久しぶりの登山は歩き慣れた山に限る。

昨年の春くらいから自宅で筋力トレーニングを続けていて、足もそれなりにやってきたつもりだったが、山登りに必要な筋肉を鍛えるには山登りが一番なのだなと改めて実感した。

created by Rinker
¥2,024 (2020/09/27 04:23:02時点 Amazon調べ-詳細)

コメント