【レビュー】雑誌Beginで紹介されたザ・ノース・フェイスのアルパインライトパンツを購入して使ってみた感想【TNF】

アルパインライトパンツ 登山用品レビュー

登山用のパンツ(ズボン)は各社から様々なタイプのものが販売されており、どれを選ぶかは見た目のカッコよさや機能性や履き心地など、好みで選んで構わないと思っている。

そんな僕がザ・ノース・フェイスのアルパインライトパンツを購入したのは、雑誌Beginの特集を見たのがキッカケ。

スポンサーリンク

雑誌Beginで紹介されていたノースフェイスのアルパインライトパンツ

アルパインライトパンツ

先日書店でファッション雑誌のBeginをパラパラとめくっていたらノースフェイスのアルパインライトパンツが「完売→入荷を繰り返している行列のできるパンツ」として紹介されていた。

とにかく売れているらしい。

1年を通して山岳エリアでの行動を支えるパンツです。シンプルさを極め、使うシーンを選ばないデザインと着用感。足さばきの良いテーパード形状でありながら、立体的なパターンと豊かなストレッチ性を併せ持ち、足上げも軽快です。クライミングからハイキングまで幅広く活用でき、バックルを設けないすっきりした腰周りはハーネス使用も想定。多くの山岳ガイド達にも愛用されています。

GOLDWIN WEB STOREより引用

僕はこれまでノースフェイスのバーブパンツを登山用に使っていて、こちらはストレッチのきく普通のストレートタイプでアルパインライトパンツは比較的細めの設計。

誌上で大絶賛していたので、楽天やAmazonなどのレビューを見てみたところ、好意的なものばかりだった。これは良い商品なのでは?と見れば見るほど気になってしまい、思わず注文してしまった。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)のアルパインライトパンツ

今回購入したのは黒のMサイズ。

以前購入したバーブパンツは、Mサイズを試着したときにウエストがきつく感じてワンサイズ大きめのLサイズを選んだので、それよりも細身のアルパインライトパンツのMサイズが僕に履けるのか不安だった。

商品が届いたのでさっそく履いてみる

試着をせずにネット通販で注文してしまったノースフェイスのアルパインライトパンツ。

果たしてメタボ体型の僕に、Mサイズのパンツを問題なく履くことができるのだろうか?そんなことを思いながら足を通してみたところ、細身のシルエットなのに窮屈な感じがしなくてウエストも問題なかった。

ふくらはぎの部分がジャストサイズでピッタリしているけど、伸縮する素材でできているため特に問題はなさそう。

とても履き心地が良くてずっと履いていたくなる感じ。

これは人気が出るのも頷ける。

アルパインライトパンツを履いて山を歩いてみた

アルパインライトパンツ

アルパインライトパンツの下にサポートタイツを履いて、秋の雲取山テント泊登山に出かけた。

アルパインライトパンツを履いて山を歩いた感想としては、とにかく動きやすいということ。伸縮する素材が使われているため、足を深く曲げても生地がちゃんとストレッチしてくれて、足への干渉というかストレスというか、嫌な感じを少しもさせない。

以後僕は殆どの山をこのパンツを履いて登ることになる。(だいぶ使用感が出ているが2020年3月現在もこのパンツは現役で活躍中)

また、2020年にネイビーのMサイズを追加購入した。

アルパインライトパンツのサイズ感

このパンツは裾にかけて少しテーパードしている割と細身のパンツなので、体育会系のがっちりした体型の人には少々窮屈に感じてしまうかもしれない。

僕は身長169cmで体重が77kgのメタボ気味の体型で、かつ上半身よりも下半身にぜい肉がつきやすいタイプ。

最近の細身のパンツを試着すると太ももやふくらはぎがパツパツで履けないことが多いが、アルパインライトパンツは伸縮性が高いので普通に履くことができる。

一般的な体形の方であれば問題なく履きこなすことができるはずだ。

ゆとりをもって履きたい人はバーブパンツがおすすめ

アルパインライトパンツはスリムなシルエットで登山でも普段使いでもスタイリッシュにきまるが、シルエットが結構細身であるため、着る人の体系によってはタイツのように見えてしまうため注意が必要だ。

もう少しサイズ的にゆとりが欲しい人は、バーブパンツがおすすめ。

コメント