山での遭難体験の記録を読んで「もしもの時」に備えよう

山でのトラブル

日の出

山頂からの素晴らしい景色、テント場で食べる食事、夜にテントの外に出た時に目にする満点の星空など、山では普段の生活では見ることのできない美しい風景を楽しむことができる。

ただしそれは山が見せる表情のほんの一面に過ぎない。

自然の驚異にさらされたとき、僕たちはどうすればいいのか。また、ほんの少しの判断ミスが大きなトラブルに発展し、道に迷ったり滑落して遭難してしまったら?

すべての危険やトラブルを回避することは不可能だが、過去の事例を知っておくことで仮に自分が同じような事態に巻き込まれそうになった時に対応できるかもしれない。

今回は僕が読んだ山でのトラブルに関する書籍2冊とお勧めの漫画を紹介してみたいと思う。

スポンサーリンク

「トムラウシ山遭難」に学ぶ低体温症の恐怖

北海道のトムラウシ山で発生した遭難事故について書かれた本。

夏のトムラウシ山で激しい風雨に襲われたツアー登山のパーティーの多数が低体温症になり亡くなってしまったという痛ましい話。

登場人物が多いため、途中で誰が誰だかよく分からなくなってしまうかもしれないが、著者の丁寧な取材と生存者の証言などから、当時のトムラウシ山の凄まじい状況が伝わってくる。

なぜ同じ状況下で歩いていた人たちが生死を分けたのかについても検証していて、非常に勉強になった。レインウエア、着替え、行動食などなど・・・普段あまり考えずに装備している道具や持ち物が何故必要なのか、そしてそれらを持っているだけではダメなんだということがよく分かった。

山岳遭難の生還者から学ぶ 

この本は山に登る人すべてに読んで欲しいと思える素晴らしい内容だった。

遭難に関する書籍を素晴らしいと表現するのには少々語弊があるが、ちょっとしたボタンの掛け違いで、誰にでも遭難は起こりうるものだということを理解することができる。

本書の中には日帰り登山できる丹沢で遭難した人も登場する。

遭難はなにも日本アルプスのような高山だけとは限らない。もし自分が同じような状況になったとき、どのように行動すべきなのか?また間違った行動とはどのようなものなのか?

もし自分が同じような状況に陥ってしまった時、この本を読んでいたかいないかで生死を分けることになるかもしれない。

もしもに備えた取り組みも

「自分は大丈夫」そう思っていたも、もしもの事態はいつどこで発生するかわからない。

モンベルには山岳保険(運動危険補償特約付傷害総合保険)という登山者用の保険があり、JRO(ジロー)日本山岳救助機構合同会社の会員制度などもあるため、自分の登山スタイルを考慮したうえで加入しておいたほうが良いだろう。

僕はJROに加入している。

遭難時は最大330万円まで捜索・救助費用を補填してくれるようになっている。不測の事態で捜索が必要になり、費用が発生する事態になっても対応してもらえるように、登山届にJROの会員No.を記入するようにしている。

登山の楽しさ、厳しさをマンガで楽しめる「岳」もオススメ

漫画の「岳」は山の楽しいエピソードから悲しいエピソードまで盛りだくさんで、とても読みごたえがある。この漫画を読むと無性に山に行きたくなってしまう。

未読の方はぜひチェックしてみてほしい。

コメント